Fuwari_fuwari ふわふわり suwa.exblog.jp

ながのひむかいこんにちは


by SUWANAGANO
プロフィールを見る

秋の栗


b0003483_6403883.jpg

味覚

でもちいさい
しばっくり
[PR]
# by suwanagano | 2017-09-22 06:40 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)

お好み焼き


b0003483_09053406.jpg
敬老の日は2017年は月曜日、明日になります
昨日は、大正生まれの方からご自分で作られたジャガイモをいただき
80歳になられる方のお宅ではお好み焼きをお昼につくっていただき、美味しくいただきました
お二人とも独り暮らし
それでも大正生まれの方は、趣味だと言われておりますが、畑でさまざまな作物を栽培され、貴重なじゃがいも掘りの際の、小芋までいただきました
茅野市内でずっと生まれ育った方、すこし前に子供の頃のお話をお聞きしたのですが
その当時の生まれ育った事を、もっと詳しくお聞きし、デジタル媒体に残していこうとあらためて思いました
もう一件は、今週水曜に行われるゆいわーく茅野の講演会へのお誘いで


この方は、小学校の頃終戦を迎えられた県外の都市部に住んでいらっしゃった方
小学校の頃、2階の窓から街がまるで諏訪湖の花火の最後のような状態だったと話してくださりました
お二人とも敬老の日、の、対象となられる年齢の方々ですがお元気でいらっしゃいます
その空襲のお話をしてくださった方は、お昼に食べていきましょうよと、お好み焼きを作ってくれました
イカもお肉もキャベツとかゴマとか、とても美味しいお昼となりました
私は自宅でお好み焼きなどは作らないので、手際よく作ってくださるおこのみ焼きに
なんだかわくわくしたお昼でした

敬老の日は明日となります
お芋をくださった方も、おこのみ焼きを作ってくださった方も、お二人に共通しているのは、独りで暮らし、丁寧な暮らしをお宅にお伺いするとお二人ともされています
自分の趣味を持ち、余暇を楽しみ、慎重で、そして人を大切にする
見習いたいと思いました

自分はこれが趣味、というものがなく、仕事のお付き合いは多いものの、仕事以外で出会い長くお付き合いしている方は少ない人間ですが、
とても恵まれているのはお仕事のお付き合いから、仕事以外のお付き合いを仕事先の方々してくださり、皆、高齢者と言われる年代の方々で、でも高齢者という響きは想像できない元気な皆さまで何十年と人としての自分を育ててきてくださります

そのような人間になりたいものですが、自分はまだまだ器が小さく
敬老の日、といっても、まだまだ学ばせていただきたいと思うばかりです

お好み焼き美味しかったです
お芋のレシピも考えましょう

敬老の日、母も高齢で
いつまでも元気でいてもらいたいと願います

台風の影響が少なければとも願います



[PR]
# by suwanagano | 2017-09-17 09:34 | Trackback | Comments(0)

彼は眠くてたまりません


b0003483_15135215.jpg

おきましょと
何度くすぐっても起きません
彼は夜中に私に起きろよと犬パンチします
サイクルがずれましたなあ

今週土曜日午前中に
彼が育った小諸のハローアニマルがテレビ放映されるとCM でやってました
みなくちゃね
おきろ! わんこ
[PR]
# by suwanagano | 2017-09-11 15:13 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)

連続講演会のお知らせです
近くなってきたら幾度かまた本ブログでご紹介しますが
長野県茅野市にある
茅野市市民活動センター「ゆいわーく茅野」にて、連続講演会を開催します
「もしもに備えて情報でつながる安心安全な暮らし」が大テーマです
3回シリーズで

1回目が
9月20日(水) 午後1時30分~4時
災害時、自分たちでできる命の守り方
前半は講演
講師は千島康稔さん
先日の24時間テレビで槍ヶ岳登頂中継に同行された国際山岳医、伊那地方の学校登山にも同行されています 2016年まで相澤病院の救急医としても勤務、御岳噴火の現場にもはいっていらっしゃいました
災害や事故があった時に自分で守る術などのお話です
後半は
実習で、身近にあるものでできる応急処置として、千島先生と赤十字社救急法指導員の古村幹夫さんが補佐として実習を行います

2回目が
10月25日(水) 午後7時~9時
「八ヶ岳の自然から学ぶ」をテーマに 2名の方の講演となります
前半は
雲の流れから見る気象の判断
講師は猪熊隆之さん
NHKのグレートサミッツの撮影サポートやマツコの知らない世界等のテレビ出演されている山岳専門気象予報士さん、茅野市縄文ふるさと大使さん
雲の流れから天気を読む大切なお話

後半は
食べられる草、食べられない草
講師は米川正利さん
全国の山小屋の中でも人気の高い有名も有名な北八ヶ岳黒百合ヒュッテの山小屋ご主人、蓼科八ヶ岳国際自然学校の理事長さんのお話
ちょうどキノコシーズンでもあり、八ヶ岳を知り尽くした米川さんの貴重なお話です

3回目が
11月24日(金) 午後1時30分~
避難時に求められる高齢者・障がい者への理解
講師は島袋洋さん 
脳神経外科医であり、日本医療機能評価機構サーベイヤーでもあり、肢体不自由協会等でも診療をしている沖縄県ボクシング連盟会長さん
高齢化社会となり、どう本人や周りが対処するべきなのか等のお話
後半は
茅野市防災課の柳沢正広さん
茅野市における避難所の開設についてのお話、茅野市以外の方も行政がどのような方針で避難所等を開設するのかを知ることができます

すべて参加費無料です
茅野駅から「ゆいわーく」まで歩いて10分程度、駐車場も広くあります

防災の日は9月1日、関東大震災が起きたのがもとになっているようです

自分にとっての防災意識が高まったのは阪神淡路大震災の時でした
恥ずかしながら、情報の仕事に従事していながら大人の人達がパソコン通信網をフル活用して救援支援活動を行っていたのをただただ見ているだけで
自ら何ひとつ動く方法さえわからなかった当時でした
その後、山間部の多い長野県でも、お隣の新潟でも、北海道でも各地で大きな災害が起き、
都度、安全とは何か、防災とは何かを知る事となり
東日本大震災の時に、自身がやっと当たり前に動く事ができました
また、九州の災害時には企業も行政も地元の方々もボランティアの方々も、とても迅速な対応がとられていました

ただ
それでも時が経つと、自分のところとは何も起こらない毎日が当たり前で、何処か遠くで気の毒な事があるのだなあという感覚になってしまうような危機感も時々持ちます

そのようななか、大変お忙しい活躍されている方々を無理していただいてのお願いして講演会が開催できることとなりました

とても真面目で固い内容なので、関心をどのくらい持っていただけるのか不安でもあるのですが
もしもに備える意識と専門家の方からのお話をお聞きする事は常に必要かと思います

事前参加申し込みでも、当日参加でも、1回だけの参加でも、途中まで、途中からでも構いません
ぜひいらしてくださいませ
もちろん、茅野市の方だけでなく茅野市以外の方でも、ぜひおでかけくださいませ

ゆいわーくの電話番号は 066-75-0633
長野県茅野市塚原2-5-45 茅野市市民活動センター「ゆいわーく茅野」
昨年できたばかりですので、カーナビの場合は
茅野市社会福祉協議会 をセットすると到着します
茅野駅からは汽車がある側(八ヶ岳が見える側)に降り、駅を後ろに真っすぐ歩き、最初の信号を右に曲がると、次の信号の左に見えてきます

ほんのすこしだけですが、ゆいわーくに関わっており、加えて、この連続講演会は絶対おすすめの無料の(ここが強調なのだけれど)の講演会ですし、防災月間ですので、お知らせいたしました

都度近くなりましたら、また本ブログにも書きたいと思います

なお
ゆいわーくには、障がい者スタッフさんも元気に活躍している喫茶店「ぞうさん」が1階にオープンし、喫茶軽食できます おすすめです
b0003483_07184508.jpg
そして
11月のゆいわーく一周年記念イベントには、上の方々にも関連するとても有名な方が講演いたします



[PR]
# by suwanagano | 2017-09-04 06:10 | Trackback | Comments(0)

おじゃましてます


b0003483_1241583.jpg

素敵な古民家
食用ほおずきつくってらっしゃいます
頼めば購入できます
[PR]
# by suwanagano | 2017-08-28 12:41 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)

暑い


b0003483_03560876.jpg
夜中、暑くて目が覚めました
ひさしぶりに日中晴れていたものの
暑いね、暑いね、と言葉を交わし、里ではざっと通り雨
湿度が少なく気持ちよい信州であるものの
それでも今日は湿度がたかく、蒸し暑いと感じます
もちろん都市部や近畿以西から遊びにくる方にとっては、天然クーラーのようでしょうけれど
地元の小中学校はそろそろ学校が再開となり
別荘の人達や観光客の方々の車もそろそろ少なくなってくる頃となり
それでも本日はまだまだ近くのスーパーは圏外ナンバーが多く駐車していました

さて
すこし気になった記事
ITプロさんの記事でタイトルが
「プログラミング教育にも悪い大人が群がってしまうのか」という記事
とても面白く読みました
2020年から小学校でプログラミング必須化となることについて触れ、「プログラミング自体には興味がなく手を動かす気もないのに、プログラミング教育の流れに乗ろうとする人」に対して、どうなんでしょう、という記事となっています

たしかに

ただこの記事を読んでいて、では2020年までに、プログラミング自体に興味があり、手を動かす気もありプログラミング教育の流れに乗ろうとする人がどれだけいるのかなあ、と
ふと考えてしまいました

そして、この記事は、別にプログラミングに限った事ではなく、すべての分野で言える事で、案外そういう人達は、次から次へ、流行りに乗って第一人者として自己PRをしており
逆にそれもひとつの特技をいうのか、才能であるような気もします
また、逆に、触れざる得ない状況から、とてつもなくすばらしい能力を発揮する人材なりも登場するのかもしれないですし
そんな環境のなかで教えなければならないこれからの小中学校の先生方は大変だなあ、とあらためて思いました

ちなみに、もちろん私も技術もないのに知ったかぶりしている人は大嫌いですが
そう書くと、では自分の技術なんぞ世界のなかの米粒にも満たないレベルですので、強く意見することもできないのですが
きっと私は私は、とコード書けなくても教える事のできる人はそんな事も考えず同業種からどう見られているなんて考えもないのかなと思いますが

いつの間にか、マニュアル通りに動かせばそれなりに物事が動く事に慣れてしまっている世の中で、どれだけ論理的に物事を考えそれを表現していくか
情報が大量に多岐から入手できる時代、逆に限られた答えや選択肢のほうが安心と信用を持ってしまう人が多い単一民族で成り立ってきた日本において、このプログラミング教育は、これからの日本の未来への布石のひとつになるのかな、とも思います

ちなみに
自分は中学の時、雑誌に掲載されているコードを入力してゲームが動いたことによりCやBASICを覚えた人間で、それって今の学生さんたちがRPG書いて遊んでいるのと、そうそう変わっていないような気がし
でも、それと論理的思考とはちょっと違うと思っています

論理的思考ができてから、プログラミングがやっとできるような、、、
では、大人がどれだけ論理的思考ができているのか
ただ、否定するのではなく、門戸を広げることによりそのなかの幾人かが優秀な未来の技術者になるならば、それは素晴らしい事であり

結局は、どんな方法であってもどんな教育者であっても
教わる本人の能力と興味次第かなあと、安直にまとめてしまいます

さあ
夜があけてきました
夏の終わりを、しっかりと満喫いたしましょうか






[PR]
# by suwanagano | 2017-08-23 05:02 | Trackback | Comments(0)

b0003483_23185279.jpg
お盆をはさんだ一週間が終わった
ずいぶん雨の多かった一週間でした
それでも本日はamazonキンドルでボサノバを流しながら
ノースリーブで裸足で机にむかって書き物をしていたら
まるで海の家の様子じゃない?と突っ込まれました
イメージ的にはそうなのかな?
写真はピントが後ろに合ってしまっているけれど
なんとなく好きな一枚となったので貼りつけておこうと思います
庭の花、雨が長かったので草も花も伸びるのがはやいです

昨日お伺いしたご夫妻のところで、自家製のジンジャエールをいただきました
暑くなった午後のひとときで、とても美味しくいただきました
ジンジャエールは大好きで、そのことを話したら
ジンジャエールのシロップ、それに炭酸水まで一緒にお土産でいただいてきてしまいました
ショウガを黒糖で、それにいろいろと加えて煮詰めてあり
本日、朝から夜まで、シロップを炭酸で割って
パソコンに向かいながら、ずっと飲んでいました
とても美味しいです
くわえて、一式用意して持たせてくださるお心遣いには、いつも感謝ばかりです

人は、物や事をしてもらうと、とても嬉しく感謝します
振り返り、自分はそれほどまでに気遣いをしたり、なにかをしたりしているのかなと
あらためて思います
私は私はやっているのよ! などと声高らかに有言実行するのは
恰好悪いと思うポリシーなので(何をポリシーと言うかが問題だけれど)
無言実行したいものですが

どうも、お世話になっているばかりで、優しい気持ち、優しい心遣いというものができないもので

優しい、という言葉を、この1週間で、数回目にしたり聞いたりしました
優しい人が好きです
優しいとは、
goo辞書で調べたら
>他人に対して思いやりがあり、情がこまやかである。 
という文言がありました

最初に戻りましたね

さて、明日からまたがんばりましょうか
明日はお洗濯できる日和になりますか?




[PR]
# by suwanagano | 2017-08-20 23:45 | Trackback | Comments(0)