Fuwari_fuwari ふわふわり suwa.exblog.jp

ながのひむかいこんにちは


by SUWANAGANO
プロフィールを見る
画像一覧

冬は寒いから


b0003483_20525676.jpg
2017年の12月は全国的に寒い日が続くとニュースで流れ
西高東低、冬型の天気図の通り、日本海側は雪がかなりすでに降り積もっている模様
南北に長い長野県も栄村など大雪の様子がテレビで映し出される
長野県も中部から南となってくると、冬の始まりはあまり雪の心配はないが
それでも寒い
寒いねぇ、と、そんなことばかり言っている12月
一時期しもやけができたが、お風呂で一生懸命指をもんでいたら最近治った
ほっと一安心
動物は?というと、犬は外で庭かけまわり、という歌があるけれど
我が家のわんこはすっかり暖かい所が好きになり、ストーブの前でぬくぬく
人の足元でぬくぬく、そのうち気持ちよさそうに横に伸びて寝ている
ね、っと、のぞき込んでカメラ向けたら、ぴょこっと何事かと起きた
起きたてのわんこの顔はつるんとしたお顔
なんでもないとわかるとまた眠りはじめ、今夜は寝言を何度も言っている

さて、もうすぐクリスマス
お友達からクリスマスカードが届く
わんこ好き同士、わんこのカードとかが届くととても嬉しい

なので、私もつぶらな瞳をアップします
寝起きなので何事?というお顔をしております


[PR]
# by suwanagano | 2017-12-14 21:38 | Trackback | Comments(0)

b0003483_22182749.jpg
秋、本年度はエクセルの初級中級の公開講座があり、本日エクセル中級講座が終了いたしました
今年の中級講座は昨年とすこし変え、かなり高度な内容となりましたが
皆さん真剣な眼差しでPC画面をおいかけ、じっと耳を傾け、納得すると大きくうなずいてくださりして、毎回時間が足りないほどのボリュームを勉強されていらっしゃいました
日中のお仕事や自分の事を済まされた後、勉強にきていらっしゃる皆様、本当に尊敬いたします
おつかれさまでした
エクセルにしてもワードにしても、すこし触れるようになると、他人のものと比較する機会がないかぎり、それがベストだと錯覚してしまいます
私自身もそうならぬため、自分の仕事に必須なものは定期的に勉強に行ったりしています

短大の公開講座は歴史が古く、地域に支えられている短大であったり公開講座がしばらく開催されていない年数もあるのにかかわわらず情報系だけでも通算すれば数千人の社会人の皆さまが短大にて勉強されています
また、一科目から履修できる科目履修制度もあり短大にはあり勉強されている方もいらっしゃいます

アメリカなどでは終身雇用ではない事もあり、社会人になってから、仕事に応じて自身のスキルアップのために都度大学にて学びたい科目を履修されています
社会人になると、苦手だと思っていた事も筋道たてて理解できるようになり、とても関心を持って学ぶことができるようになります
私自身も、新しい事を常に学ばなければならない環境におりますが、
学ぶたびに自分の知っている事がいかにちっぽけである事に気づく事ができ、謙虚さと世界の優れた方々の力のすごさを再確認する事ができます

今年度のパソコン系公開講座は本日で終了となりました
履修されていた皆さま、本当におつかれさまでした

講座内で行いましたなかで疑問点、ご不明点がありましたらコメントをお書きください(認証制になっており非公開で記述できます)
またはフェイスブック、ツイートのメッセージにてお送りください
短大の科目履修などにご興味のある方、短大にお問い合わせください

おつかれさまでした
そしてありがとうございました






[PR]
# by suwanagano | 2017-12-06 23:12 | Trackback | Comments(0)

風が強くて雲が流れる


b0003483_09510327.jpg
まるで時の流れのよう
雲が流れる 面白いように空が変化する
見上げると電線もあるようになった
時代の流れ? それに順応するのもまた人間の知恵なのでしょうか

新聞に2020年導入の大学共通テストについて一面トップに記載されていた
いろいろと言われ試行錯誤しているけれど
自分が読んだ限りでは当たり前の事が書かれているのかなあと感じた
自分は情報系を仕事としているけれど、経済にも密接に関係しているし、CGにしても理論でつくられていく
数学までいかなくても算数と、古文などまでいかなくても国語の基本が小学校でしっかりしていれば、論理的に物事を考えて知識の質などは自然に読解力として身についてくる
丸暗記が必要な科目もあるけれど
その分野に関心を持ち覚えたいという気持ちがなければなかなか難しいのかなと

世の中が、すこしだけ目先だけで動いてきた流れがしばらく続いた
そもそも、理数系と文系に分ける事自体が疑問に思っていた
数学ができるなら国語はできる
自分はとても手を抜いて勉強することが好きだったので
数学と英語が好きだった
基本を覚えておけば幾らでも応用していける
歴史の年号を覚えなさいとか、漢字を覚えなさいとか、苦手だった

いま、ネットやアシスタント機器が暗記ものは全部教えてくれる
専門的に進みたい人は、それらをもっと極めて、なぜその年に、とか、どうしてこの漢字を使うのか、と覚えていけばよいけれど
すべての小学生にただ暗記しなさい、は、ただの丸暗記
丸暗記から好きになり専門に進む子たちも居るのかもしれないけれど
ここまでAIが進歩してくれば
人間の論理思考も順応していくべきだと、自分はなんとなく思っている
電卓が悪、という時代もあったし
ネットでたやすく検索もいけない、という時代もあった

思います

くわえて、もうちょっと私も遅く生まれていたら、小学生時代、とっても楽しい受業、「受業」なのになあと
どこでもドアがほしい自分です
自分が学生時代は、英語と国語の文系か、理科か数学の理数系、と、はっきり線がひかれており
やっとですか、と、そんなことを思いながら新聞を見た朝でした

風がびゅーびゅー 寒いです
お風邪ひかれぬように


[PR]
# by suwanagano | 2017-12-05 10:14 | Trackback | Comments(0)

花をいただきました


b0003483_03075266.jpg

お花のプレゼント頂くなんて、何年ぶりでしょう
お贈りする機会は多いのですが、以外は
自宅に飾るため、実家のお仏壇とかに飾るためがほとんどで
お花をいただきました
アーティフィシャルフラワーを束ねラッピングして
机に飾っておけるようにと心配りもしてくれてあります
一生懸命つくってくれた姿が見える温かさと優しさもたくさんいただきました
とっても嬉しいです
ありがとう

ここ数日はお散歩しながら松ぼっくりを拾っています
リースをつくろうかなあ、と
でも今朝は拾っていた松ぼっくりをぽろりと落としたら、わんこが実に楽しそうに松ぼっくりをくわえて小躍りしはじめてしまい、それをとめようとしたら
松ぼっくりを全部落としてしまい、それもすべて、わんこが踏んだりくわえたり
大騒ぎで松ぼっくり拾いはあきらめました

12月です
お礼にクリスマスリースもよいでしょうか
ヒイラギは我が家の周りにはありません
モミの木は5年ほど前にクリスマス用に植えたのですが、なぜか成長いたしません
実家のお庭のヒイラギを切ってしまおうかしら、とか考え中

ちなみに家にトゲのある葉とかは避けたほうが良いといわれる人と植えたほうが良いと言われる人とに分かれるようです
実家は家は守ってくれるという縁起良さを選択し、玄関脇にヒイラギを植えてあります

ラスト1か月、すてきな12月にしたいですね

ひとつひとつ提出物の採点中
もともと興味のある学生さんたちが履修するものなのですが、
今年はすごいのひとことです
よくある睡魔と戦っている静寂さではなく、聞き漏らさぬようにと、見逃さぬようにと、その真剣さが痛いほどに伝わってきています
それが結果として提出物なのですが、操作手順書の完成度も高く
あらためて今時の学生さんたちの興味のある事への集中力の高さに驚きました
仕事にもとても活かせる技術のちょっと特殊の科目なので
もっともっと伸ばしてあげたいものですが

これからの世の中、未来は彼らにとって面白い世界になると思います

すてきなお花でしょう? わんちゃんがお花の前で踊ってます
かわいいですね

ありがとう


[PR]
# by suwanagano | 2017-12-02 03:12 | Trackback | Comments(0)

2017年11月28日
まつもと市民芸術館に行ってきました
宝塚の月組公演、1部が鳳凰伝 カラフとトゥーランドット、2部がショーファンタジーのCRYSTAL TAKARAZUKA イメージの結晶

宝塚は、ベルサイユのバラなどをテレビで観て素敵だわ、というくらいの知識の自分で
天海祐希さんも好きなのですが
今回の公演、なにぐみとか、そのような事なども深く思わず
見に行けることがラッキー、きっと素敵なのだろうな程度だったのですが
まつもと市民芸術館に行ったところ、4階バルコニー席まで満員、
とても幸運な事に、1階の前から数列目の席で観る事ができました

素晴らしかったのひとこと
事前のパンフレットでは鳳凰伝という題名だけでどういう内容かまでもわからずに行ったのですが
公演前にパンフレットをよく見ると、トゥーランドットと書いてあり
始まる前に、あの有名なお姫様のお話だと理解してみる事ができたので、内容も理解でき、そして衣装、セット、踊り、芝居、歌、見事でした

そして2部のショーも、市民芸術館の舞台をいっぱいに踊り歌い演技する演出、これが宝塚なのね、と思うすばらしいステージで
途中で青色の服装での皆での踊りは鳥肌がたちました

圧倒的に女性の観客が多かったのですが、女性の心をつかむのも十分わかる、そして一人一人の演技とともに、集団での舞のすばらしさ
この公演のためにどれほど練習をつみかさねているのだろうと、多岐に渡る確実な練習のうえで演技して楽しませてくれる一流の公演を見る事ができました
そして、元気もいただけました

今年はトップクラスの方々のショーを偶然見る事ができることに感謝です
そして、分野も違うしレベルは小さいものの、自分はいったい何をやってるんだろう、がんばらねば、と再確認する事ができます

宝塚、よいですね、東京とか見に行きたくなりました

写真は芸術館はいったところにあったポスター
b0003483_20174850.png
そしてホールへ向かう芸術館の壁、芸術館には訪れたことはありますが
公演前の待ち時間に、きれいだなあと
b0003483_20181852.jpg
ちなみに
トゥーランドットを知らない方でも、プッチーニのオペラの音楽は聴いた事があると思いますのでリンクしておきます


しばらく宝塚ファンになりそうですね







[PR]
# by suwanagano | 2017-11-30 20:22 | Trackback | Comments(0)

b0003483_06505525.jpg
写真はトルコ桔梗先日お花屋さんに寄ったらお得品を今朝仕入れたよとよと、茶色に白を合わせたトルコ桔梗をいただきました、
あらまた綺麗馴染みのお花屋さんのお兄さんもいつも親切でありがたい事です
ちなみにトルコ桔梗の日本生産高一位は長野県、12月頃まで栽培されてJAなどでも出回っているのかな? 
そのあとはラナンキュラスとかに変わっていくのかな?

さて2017年11月24日(金曜日) 
連続講演会シリーズ最後の講演会が行われます茅野市のゆいわーく茅野、全体のテーマが「もしもに備えて情報でつながる安心安全な暮らし」、
そのなかでの最後の講演会となり、もっとも人口年代比率が高くなりだしている高齢者、そして障がい者についての講演です
全国どなたでも無料で聴講できます

午後1時30分から15時が島袋洋先生、
脳外科医としての診療や肢体不自由施設での診療、サーベイヤーとしても全国の病院に行かれています
やっぱり、高齢者が多い諏訪地方にとっては、関心がとても高いテーマです
そのあと、15時から16時が茅野市の防災課の職員さんによる茅野市の避難所の開設についてお話があります
別荘の方、観光も力をいれていますので旅館ホテルペンションの方々においても必須知識となる内容です
無料で、当日参加でも、聴きたい内容の時の参加でも大丈夫ですのでどうぞこれからの現実として知っておく情報としてご参加してみてください
私も、真剣に聞いてみようと思います

いま、高齢者の介護については都市部では満員状態、地方でも施設によってはやはり入居まちが多い時代
先日、地区のボランティアにて施設見学に行くのに自分も同行させていただきました
びっくりしたのが昨日学生さんとお話していたら、母が勤めてます、と
あらびっくり
介護職ではないそうですが、施設の設備の良さにびっくりしてのお話をしました
入浴から歩行補助からベッドの起寝動作補助から、機械がはいっていて、加えて広々とした間取りと清潔感機械導入によって60歳以上の人も介護職として働けるというお話もお聞きしました
でも、やっぱり特養は満員状態だそうで、
今日本は、100歳を超える人とかたくさんいらっしゃり、ますますの高齢化高齢でも、元気な時はよいのですが、もしも転んだり病気になったとき、子供たちがまだ働いているなか、どうしたらよいのかと、
病院施設は満員で家での介護を推奨すると言わても核家族や独居高齢者も多く真剣にこれから考える高齢化社会でもあるのだなあと
そんなことも思いました

本日は、勤労感謝の日しっかり働かなければなりません
しっかり働いて働いた自分を誉めましょうか

11月24日、私も最後の連続講演会、行きます

正式名称は 茅野市ひとまちプラザ だそうです

[PR]
# by suwanagano | 2017-11-23 07:30 | Trackback | Comments(0)

2017年11月12日日曜日に茅野市にあるゆいわーく茅野の1周年記念祭が行われました
今回野口健さんの講演があり、3階には防災に関する長野県赤十字社の協力による展示ブース、茅野市ハザードマップブース、そして野口健さんが代表のNPOピークエイドチャリティポストカード販売や震災時の段ボールベッド、また、野口健さんがエレベスト登山の際のジャケットやブーツ、エベレストで拾ってきたゴミなどが展示されていました
野口健さんの講演の前から終了後までは、熊本の大地震の際に避難所としてピークエイドが設置したテント村の再現セットが展示されました

自分は講演を聞く事がなかなかできなかったのですが、たくさんの方が聞きにこられ、伊那の知り合いの方も野口さんの支援活動に関心を持っていらっしゃっていました

後日講演を聞いた方に内容をお聞きしたのですが、震災の事、ヒマラヤの方々の温かい心や富士山清掃活動などなど、多岐にわたりとても良い講演だったとおっしゃっていました
他のお聞きしに行った方も、とても感激して、震災の時の話の時は思い出して涙がでた、と話してくださり、テレビなどのメディアで見ていた時は、なんとなくノリが軽いイメージだったのが、実際にお話を聞いて、彼の地道な活動が信念を持って行われていることが、素直で正直で飾らない人柄がとても素敵だった、とも話してくれました

私自身は、ネパールの大地震のときがピークエイドさんとの初めての出会いでした
野口さんたちが行った熊本の震災の時のテント村についてはメディアに大きく取り上げられました
東北震災の時は、被害が大規模過ぎたので自分たちも現地にはいったり物資を自ら運んでいたりしていたのですが
ネパールは遠い、熊本は自分たちよりも迅速に現地にはいる手段がとられるまでになっておりましたので、ならば間接的なお手伝いなり支援ならば、活動が見えて少なくとも共通する考えがあるピークエイドさんを選択していた次第でしたが
実際に
テントはどのようなものか、段ボールベッドはどんなものか、自分も関心を持っておりましたので、今回見る事ができて大変よい機会で、縁あって、ピークエイドさんの今回の展示やポストカード販売のお手伝いをすることになったのですが、大変貴重な経験ができました

また
講演中にも何人ものお子さん連れのお母さんたちがテントを見にいらっしゃってました
震災への備えを常に考えておかないと、というお話もされていて、皆さん真剣でした

縁とは強い素敵なもので
ピークエイドの活動も野口健さんの活動のひとつであることは、なかなか理解していただけないのも仕方ないお話で
今回、急きょピークエイドさんのお手伝いをするボランティアとして集まってくれたスタッフさんたち
短大卒業ゼミ生さんたちが勢ぞろいし、彼女たちがまたそのお友達を誘ってくれてボランティアスタッフさんとなり、
東北震災で私のお手伝いをずっとしてくださった方もお手伝いにはいってくださり
短大生現役君も、来る? の問いに、ふたつ返事で「行きたいです」との瞬発力の高い学生さんで参加

商工会議所の青年部の方々がお手伝いに来てくださるというお話はお聞きはしていたものの
実際に会ったら、あら、とても親しくしてくださっている方で
加えて野口さんとの橋渡しをしてくださった黒百合ヒュッテの米川岳樹さんまで全日スタッフとしてお手伝いにはいってくださりました
さらにピークエイドのスタッフ小島さんが、朝から到着して指示して準備となり
全員が揃ったのは当日はじめてながら、とても温かく、とても元気で、そして優しくて思いやりのある皆さんたちの野口健ブース、ピークエイドブース、そして防災ブースでした

当日の写真です
テントのなかの段ボールベッド、暖かいわ、と座る人達が皆話されていました
折りたたんで運ばれてきましたので、養生テープで段ボールをつくり並べるだけです
とても頑丈です

b0003483_00371080.jpg
大人が立っていてこんな高さです
ここに泊まりたいわ、と、言う人もおりました
平和が一番です
b0003483_00374683.jpg

再現セット、子供さんは塗り絵絵本を見たり、おもちゃを触ったり、物干しに服も干されています
b0003483_00373368.jpg
LEDランタンは皆関心高く見ていました
また、
一人用テントに簡易トイレが設置されていて、し尿等を凝固させ、匂わないように工夫されているものも実際に展示してありました
トイレは、被災地では考えなければならない必須条件です

次は
野口健さんが実際に使ったエベレストジャケット上下、その先にあるのがエベレストのゴミ、日本語はもちろん各国の言語の缶詰やボンベや食べ物の袋
雪がとけると大地が汚れてしまっている様は、雪国の長野県でも想像できますが、山に登り山を汚すのは悲しい現実です
b0003483_00383400.jpg
あとは、写真とりませんでしたが、野口健さんの写真集や書籍販売
有志が描いた絵に野口健さんサイン入りのチャリティポストカード販売

などなど

お手伝いピークエイドボランティアスタッフさんは以下の通り
b0003483_00400344.jpg
ピークエイドスタッフの小島さんを囲んで女子、一人は去年のゆいわーく誕生祭でパンサミットのお手伝いをしてくれた卒業ゼミ長さん、あと卒業生さんやお友達

翌日早いのに、無理して午前中かけつけてくれた彼女も卒業ゼミ生さん
b0003483_00390956.jpg
真ん中に野口健さん、加えて、短大生の彼、茅野市の商工会議所青年部メンバーさんと米川岳樹さんと家人
まさか青年部会長が唐沢鉱泉さんとはびつくり、これだけ集まればテント設置もプロ集団で、実に恰好よいですね、野口さんの周りには男が似合う、と、私は勝手に思っているのですが
b0003483_00394403.jpg
女子、、と言ってよろしいでしょうか
b0003483_00393214.jpg
そしておまけ
車好きならば絶対外せぬ野口健さんたちが乗っている車
欲しいなあ
b0003483_00402989.jpg
b0003483_01445177.jpg
写真がなかったので残念ですが、野口健さんのマネージャーさんも大変なご配慮をいただきました
野口さんも、小島さんも、マネージャーさんも容姿も恰好よく、男気のある爽やかな方々でした
関係ないですが、野口さんの腕時計と靴、とても気になりました自分です

ゴミが落ちているから拾う、つらい思いをしている人に何かできることはないかと考える、行動する、でも別に利得もなにもなく
終わったら、お疲れ様と解散する
素敵なプロジェクトマネージメントだと自分は思います

皆様おつかれさまでした
そしてブースチーフをした社会人ボランティア活動デビューの彼女さん
たいへん、たいへんお疲れさまでした

ピークエイドさんのWEBはこちら



[PR]
# by suwanagano | 2017-11-16 02:06 | 諏訪地方 | Trackback | Comments(0)