Fuwari_fuwari ふわふわり suwa.exblog.jp

ながのひむかいこんにちは


by SUWANAGANO
プロフィールを見る
画像一覧

出早神社


b0003483_02595450.jpg
やっと雪もとけ、いよいよ春の訪れを待つ諏訪地方
アスファルトで覆われてしまった岡谷の実家周辺は、お散歩するのにも特に高齢者にとって足腰に負担もかかるため、母と二人でのお散歩は近くの出早神社にでかける事が多い
岡谷の出早神社、春の花、カタクリが咲くことでも有名で、大きなカメラを持って散策している人達もちらほら見えた
時間があるとお散歩するところ、バイパスも近くに通ってしまい、遊歩道整備もされてしまったけれど、でも好きな場所
秋になると色とりどりに紅葉が美しい神社だけれど、社の裏の遊歩道をお散歩しながら母が
ここはスケートリンクだったのよ、と、話し
あらそう? とびっくりしている自分、娘が言うのもなんなのだけれど、母親の記憶というものはとびぬけた能力を持っているといつも思いながら、さくさくと散歩をした
近くには上の原小学校
長地小学校や神明小学校などの生徒数が多すぎたために上の原小学校が開校したのが四十数年まえ、
今年の上の原小学校の新入生は49名だと新聞で読み、児童数の減少に愕然とした
神明小学校も55名、書き留めておくのを忘れたけれど、長地小学校はそれでも人数はまだ多い
確か湊小学校もとても少ない人数だった
もちろん児童数の減少は深刻なものではあるけれど、それでも自分が小学生時代は40名以上のぎゅうぎゅう詰めで、加えて一時期先生が病気で一クラスを二つに分けての合同クラスで大騒ぎの学校生活の時期もあったため、それを考えれば少人数学習ができ、しっかりじっくり先生と向き合えるのではないのかな、と、すこしうらやましくも思うのだけれど
どうなのだろう
まぁつまり、諏訪地方も超高齢化にすでに突入している時代なのだけれど
先日テレビを見ていたら、解説委員の方がひとり、すでにある地方は高齢者の人口が減り始めていて
介護をはじめとした職業も経営が成り立たなくなってきたところがある、と話されていた
消滅する市町村もこれから現実的に多くなっていく時期なのだろう

いろいろ考えればとりとめもなくなりますが
とりあえずは、境内の御柱を見上げ、それでも次回の御柱も母が元気でいてほしいなあと
御柱の年に亡くなった父の事を思い出しながら、さくさくのんびり母とお散歩した午後
かたくり、来週もう一度見に行ってみよう
そろそろ桜も咲きだすでしょう




[PR]
トラックバックURL : http://suwa.exblog.jp/tb/26773473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by suwanagano | 2017-04-08 03:49 | Trackback | Comments(0)