Fuwari_fuwari ふわふわり suwa.exblog.jp

ながのひむかいこんにちは


by SUWANAGANO
プロフィールを見る
画像一覧

不思議な偶然


本日は雪、1200メートルは今年は春の訪れがかなり遅い
午後、ボランティアの会にでかけたが、ほんの数分で雪が雨に変わっていた

本日は総会ということで、会員さんが勢ぞろいで、いろいろなお話を聞く事ができた
このボランティアも、ひょんなことからボランティアの会にはいることとなり、今回勢ぞろいのところには初めてお顔をださせていただいたのだが
世の中、ほんとうに不思議な事、不思議な巡り合わせというものがあるもので。びっくりした午後だった
世の中はたいへん狭いものでございまして、だから真面目に生きていなければならんかなあと改めて思った次第なのですが

お隣の方とお話をしていたところ、その方が保育士さんであることを他の方がご紹介くださり
うちの母も保育士だったのですよ、という話から
いろいろお聞きしているうちに、あらあら? あら、あら、あら、母と同じ年、、、

茅野市で保育園を作らなければならなくなり、当時保育士がいない状況で、保育士になったそうで
うちの母も川岸村が岡谷市合併の際に保育士がおらず、保育士になった次第で
保育園ができるまでは、公民館で保育していたりとか、、、

自分の母親から岡谷市の保育園のできた経緯と、今回お会いした方から茅野市の保育園のできた経緯と、あと諏訪で保育園ができた当時の方にお会いすれば、諏訪地方の保育の生の歴史証言がすべて集まるぞと

思わず背筋がぞくり、とした本日でした

保専、今でいう福祉大などなかった時代で、その方も長野の信大に保育士試験を受験しに行ったそうで、もしかしたらうちの母と一緒に受けたのかもしれなかったとか

実は、私自身は母の事を、親としての尊敬とかは親なのでなぁなぁ感覚ではありますが
一人の人間としては大変尊敬し、憧れを持っている存在であり

実はすこし前に、母の事とか、保育の礎を築いてきた初代保育士の人達や保育の歴史に対し、あまりにも軽率な物言いをされた方が何名かおり(黙って聞いていたけれど)ものすごく苛立ったことがあったのですが
本日の集まりでは、会の皆さんがその方を尊敬し、また、いまだに地元の保育園の入園後数日間はボランティアの会の方々で保育を行っていらっしゃるそうで
今年もまたベテランならではのフォローする出来事があったお話をお聞きし、すばらしいなあとあらためて思った次第でした
保育法などは時代時代によって異なぅてますが、当時独学で保育科目をすべて受験し合格した人たちの優秀さと、何もないところから保育計画を立て100名以上の子供たちを3名ほどでまとめたり、送り迎えまでして保育してきた教育力と奉仕力は、並大抵の努力では行えなかった事であったと思いますし、だから今でも真っすぐな教育理念を持ち続けているのかなあと

なかなか親子となると、話半分に聞いているものだけれど
市は違えども、母が話す当時の保育状況と重なる話を本日聞けば、やっぱり大げさな話ではなく、本当だったんだなあと改めて気づく次第で

そしてその話を知る人達はもう超高齢

私自身は、大人になってか、やっと歴史から現在や未来を知ることができる重要な学問だと気づき興味を持つようになったのですが
母親たちが保育した子供さんたちがちょうど今68-70才くらい、ちょうど団塊の世代といわれる方々で、幼少期の食生活や環境などが人間の身体も精神も形成される大切な時期、
当時の保育士さんたちから聞き取りを行っておけば、この年代の方々が超高齢化になった時の様々な要因分析の参考にもなる、、、と

短大では、まったく幼教学科とは無関係となってしまったので、保育についてなど頭のなかからすっかり消えてもいたのですが
弟が偶然とある保育園で入園式のお話に行く機会があったり、本日また初代保育士さんとお会いしたり、、、
どうも保育の神様が、やっぱりあなたも何かしなさいと、お尻をたたかれているのかなあと、でも腰はとっても重いしなあ、、とか
そんなこんなと思った本日でした

どちらにしても、人生の出会いは面白いもので、狭いもので、だからこそ助けてもらい助けあい奢る気持ちを持たず真摯に生きていかねばならんなあと思います

本日もおつかれさまでした
明日は晴れたらいいなあ 寒い夜です




[PR]
トラックバックURL : http://suwa.exblog.jp/tb/26782589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by suwanagano | 2017-04-11 23:17 | Trackback | Comments(0)