<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


蓼科ゆき!

b0003483_12145228.jpg

これは今晩つもりますねえ やむばいいのに
[PR]
by suwanagano | 2009-02-27 12:14 | Trackback | Comments(0)


すこしだけ嬉しいニュースが

はいってきた
今夜も比較的あたたかい蓼科の夜です さきほど、ぱらっと雨が降りましたがやみました
それにしても暖かい 明日は平均5度位下がるというので
風邪ひかないように暖かくパーカー頭からかぶってタイピングしているfuwariです

仕事がなかなか終わりません
不況不安と言われております よい人材は今なら居るのでしょうか
来週ハローワークに行ってこようかなあ、と、とうとう両手をあげそうになってまいりました
デモ <(`^´)> ガンバルっ 辛い先には、きっとピンク色のお花畑が待っている~

人を管理するようがもっと大変なんですよね ( 一一) スンマセン( 一一) ガンバリマス

さて、本日は、嬉しいニュースが飛び込んでまいりました
国なり公共機関の施策はいつも後手になってしまいますが、でも、行うと決まるときちんと対応なりしてくれるので、やはり一般国民は安心です

ラジオのNHKニュース聞いていたら
国のがん対策について話し合う「がん対策推進協議会」が26日に東京で開かれた事が流れていた
NHKニュースサイトを見たら
患者が24時間電話で相談できるコールセンターの設置およびその他項目について決まったそうである

その他以下抜粋
今回は現場から出てきた対策なので、実現してほしい」と話しています。一方、厚生労働省がん対策推進室の前田光哉室長は、「現場の切実な声を受けて作られた提案書と認識している。詳細に検討して、少しでも実現できるよう努めていきたい」と話しています

やっとか、という思いでありますが、こうやって患者の痛みを理解しようという姿勢と対策は
嬉しい限りでありまする

ネットが氾濫し、癌を告知された方などが、ネット検索すると、膨大な情報が表示され、死という文字が乾いたように淡々と書き並べられておりまする
医療にかかっても、1対多の立場の医者と患者の間には、時間的精神的立場的に、どうしても越えられない壁があり
24時間のコールセンターの設置があれば、どんなに本人、家族が気持ち的に安心感が持てるでしょう

防衛費も、定額給付金も、なんだか色々言ってはいるけれど
有意義に、税金を使って、一人でも多くの病気に苦しむ方々をサポートする体制も整えていってほしいものですね

もうひとつは、やっぱり高齢化社会についてのセーフティーネットのもっともっと早急な対応も必要なような気がします どうやっても、若者子供世代には団塊の世代の方々の人数の豊かな老後を支えきるのは、、、ちと無理でしょう

で、では アタシは何ができるのか

(・_・) (・.・;) <(`^´)>
ごめんなさい、なんにもできてないや
自分が生きていくのに精一杯
腰が痛い痛いとなげく母さんに、しっかりなさいよ、自己管理くらいきちんとしなさいっ!

と、言われているようじゃ、だめですね
しっかりしろ、自分っ!
しっかりしろ、日本! しっかりしろ、地球さんっ!

がんばりましょね
[PR]
by suwanagano | 2009-02-27 00:18 | Trackback | Comments(2)


びっくりしました蓼科の夜

なにがびっくりしたか?
暖かい夜の長野県蓼科の夜です
まったく周りは何も見えません 霧一面、茅野市街は霧もでておりませんが
蓼科入り口を過ぎると、霧で何も見えません
霧で何も見えないのに、おとなしいわんこが、わんわん吠えています
霧の夜は、鹿が出ます
いました、いました、群れがいました
子鹿は、まだまだ興味深々、じっとこちらを見ております
動物園か? ここは
いえいえ、当たり前の光景です
鹿は一日数十キロを移動します 霧がでると、身の安全が保たれるので
田んぼをぴょんぴょん跳ね回り、きゅん、きゅん、と、鳴くのです

道は少し凍結はじまりました
登りはよいのですが、くだりは、すべるぞ、すべります


書いていて
本ブログが、やけにアクセス数が多いのが気になり
ふと見たら
・・・ (・.・;)
カーウィングスラボに、なんだか見慣れたアタクシのフェースがありました
あらら、、、見なかったことにいたしましょう
まともなこと書いてないですから、、、気にしない気にしない

でも、では、何か蓼科情報発信せねばと

鹿さんがでております あとはまっくら、凍結しているだけです

わんこに、鹿さんの所に行けばというのですが、ワタクシの傍を離れません
度胸ないね、わんこもワタクシも

では、カーウィングスの石川さんが、とっておきの写真をアップされてあるので
リンクをはっておきましょう
これを見たら、行きたいわー、と、騒がないでくださいね
アタクシだって遊びたい

記事は 観覧車の内容について、ではなく
車内で天気予報
http://blog.nissan-carwings.com/carwings/2009/02/post-0ec7.html#more
ただいまカーウィングス設定してある茅野の日産さんも
これを登録して、デモなんてしたら、きっと皆さん目が点、すごいなぁ、と、びっくりするでしょう
私も目が点、すごいですよね
進化し続けているのですね

でも、こう書くと、何故かパタリとよく書き込みしてくださる方のコメントがなくなるのですね
見られるということを知ると、日産に乗っていないと
抵抗あるのでしょうか

でも、ワタクシ、エッシェッシェも乗ってますよ
会社の車は日産もあるけれど、三菱も調子よいですよ
トヨタの牛山さんも好きですよ(女性)
コメントは、カーウィングスに発信されないから、大丈夫ですよ

石川さんにお世話になったから
少しは、有益な情報も発信しなければならないのでしょうね

今夜は鹿が出没しております 濃霧です 路面が凍結はじまりました
ご注意くださいませ

ちなみに
ワタクシが、天候の悪いとき、見ているのが地元LCVのライブカメラ
県外の方、結構便利です

では
鹿にご注意くださいませ もしも、鹿をはねてしまったときは
警察に連絡してください(ほんとの話)
また、野生の動物は、なんの病原菌を持っているかわからないので、絶対触れないように

教えられております

いったい、どんな山の中にすんでるんだ、と
まぁまぁ、人間何処にでも住めますよ 

ちなみに、カーウィングスラボはこちらのページ

LCVライブカメラはこちら
(LCVさんリンク貼らせていただきます)

明日の朝の諏訪地方、路面凍結に気をつけて
アタクシは、明日もまだ山に篭ります~
[PR]
by suwanagano | 2009-02-25 21:11 | Trackback | Comments(2)


すごい霧です どうしましょ

b0003483_13223474.jpg

朝から雨が降り続いた蓼科です
やっと雨あがったら
わんことお散歩するにもすごい霧で
わんこはどこだ?と探してます
(∪o∪)。。。
さて
どういたしましょう
ろうじょうつづけていたら
冷蔵庫の中はマヨタくんとけちゃくんとバターくんだけとなりました
野菜はジャガタくん一個だけしかありません
ドッグフードはありますが
(-.-;)
霧のなか
どういたしましょう
(-.-;)
うごくか
いっしょにいこっか!
わんこ!
わん!
[PR]
by suwanagano | 2009-02-25 13:22 | Trackback | Comments(0)


ひとりごと

今晩、レアリア、という言葉を、とある方から頂いた文章のなかで見つけた
横文字は色々なところで聞くのだが、きちんとした理解がワタクシにはできていないので
知識としては知っているが、普段は使わない言葉である
ラテン語も、ドイツ語も、ワタクシはさっぱりわからない人間であるから、無理もないが(笑)

英語で置き換えるとrealities あたりであろうか
Real things, actual facts, esp. as distinct from theories about them.
本物、特にそれらに関する理論と異なる事実なり実物なり、と英語力のないワタクシは訳しているが

ひとつ前に書いた記事に登場した友人と、昼間英語のことについて少し話しをした
外国の高校とか大学って日本でいう国語ってなかったよ、と言われた
Writingという授業で、文章構成の上で、自分の主張と、主張に対するサポートや詳細についてレポートを書くそうで、それよりも、長文読解力があるかないか、でないの?
だそうな

もちろん、ワタクシは、言語関係に関しては、まったくの無知でありますし、苦手でありまする

ただ、必要にせまられ英語に触れる業務がかなり多くなり、英語に触れるほどに自分のボキャブラリのなさを痛感したのでありました

今までたまたま日本語を英語に翻訳をお願いし、とても助けになったり、勉強になったことは
翻訳をしてくださった方々が、あまり日本語に長けていない外国の方であったり、翻訳する分野に詳しくない方々であった、であり、そのため、彼らは私の想像をはるかに超えたところで
その分野に関しての多くの書物なりWEBなりを見、意訳をしてくださった事であった
たとえば、日本語で書くと、舟と船、なにげなく使用するし、気分によって漢字は使い分ける
しかしながら、この二文字には、日本語で書かれる側の思いや、意志や、見方がしらない間に重ねられている
直訳ではなく、意訳という意味、また、レアリア、とか言う言葉を使う教育関係者の方々もいたり、であろうが
あろうが、、、、
ん~~~
^_^; ^_^;
それは学問的な話であり、実務としては、現実的には、かなりの言語学なりを学んだ上でのことであり、一般的には、その前のレベル、それでつまづく次元ではないような気がしまする 語彙が豊富でなければ、はじまらない話であると思うし、ある程度のレベルに達し、なおそれより以上ネィティブな外国語を書いたり訳したりするのには必要だと想うけれど、、と

あくまでもアタクシの考えのみですので、あんまり気にしんといでくださいませデスガ

ワタクシの持論は
あまり深く考えないほうがよいと思います

そんなことの前に、聞けばよいんでない? だと思います
フランスのまぁちゃんに一昨年お仕事を依頼して、訳していただいた文章が手元にあるのですが、彼女はワタクシに事細かに尋ねてきました
黙って、その分野の物を購入しておりました 関連する英文の書籍を読んでおりました
別に、レアリアを、一石二鳥で判るはずもなし、そんなことは机上ではいくら勉強しても身につきません
まったくコンピュータの世界と同じでしょうか
業務内容を理解しないシステムなどは使えるはずもなく、そんな失敗をワタクシは何度も繰り返してお客様にご迷惑をかけてきました
でも、それでも見捨てず業務依頼してくれたからこそ、今に至っているような気がいたします

その言葉にある文化、風習、想い。。。確かにそうなのですけれど
日本人である私達が、そこまで日本語について意識日常していますでしょうかしらん

学生ならば、のんびりと勉強もしていられますが、仕事場は、わからないまま職場に配属され、マニュアル渡され、納期は何月何日までね、、、、
が、普通ですよね

結局は

プライドじゃないのかな?
へんなプライドを捨てること、別にどう見られたって、自分は自分、メッキははがれるし、イチローの言葉をかりれば、実力があるのなら
どんなに難しいプレーも当然にやってのける
これがプロであり 僕はそれにともなう努力を人に見せるつもりはありません
・・・
だと想います

聞くという訓練を、ワタクシは痛いほど教わってきました 聞かなければ、ゼロではなく、迷惑をかけるということを、思い込みでなく、聞く、ということ でないと、とんでもない損害を企業なりに与える結果となります、与えてしもうた若き日のアタクシです
クライアントさんがおり、そのクライアントさんに、これとこれとこれが単語がありますが、どれにいたしましょう、これは割愛しますか? 詳細に書きますか? わからなかったら聞けばいい 思い込みほど恐いものはなく etc
それが、学問とは大きく違うことだと、なんとなあく、なんとなく思います

ひとりごとデス<(_ _)>

とある、もう一人の方についても、少しだけ気に留める文章を見た本日
ワタクシって、言葉がキツイのかな? もう少し思いやりをある言葉を発するべきなのでしょうね
でも、凹まないでくださいませ
ワタクシが、そうやって、やはり多くの方から同じように言葉をもらい、そして凹み、そして、ひよこよりも亀さんよりも遅い歩幅でありながらも、今、なんとなく歩いていられるのですもの

ご存知かもしれませんが、あまりにも有名な茨木さんの詩を記しておきます
ワタクシの言霊のバイブルはふたつ、ひとつがイチローでしょっ、もひとつが茨木さん(^^♪
何処かの本棚に、スヌーピーとチャーリーブラウンのマガジンと一緒にたたっていたと思います
WEB調べたら、掲載している方々が多かったので、引用します
悩んでいる人、焦っている人、そして、ワタクシにプレゼント
やっぱり何度読んでも好きですねぇ

汲む -Y.Yに-
大人になるというのは
すれっからしになることだと
思い込んでいた少女の頃
立居振舞の美しい
発音の正確な
素敵な女のひとと会いました
そのひとはわたしの背のびを見すかしたように
なにげない話に言いました

初々しさが大切なの
人に対しても世の中に対しても
人を人と思わなくなったとき
堕落が始まるのね 堕ちてゆくのを
隠そうとしても 隠せなくなった人を何人も見ました

私はどきんとし
そして深く悟りました
大人になってもどぎまぎしたっていいんだな
ぎこちない挨拶 酷く赤くなる
失語症 なめらかでないしぐさ
子供の悪態にさえ傷ついてしまう
頼りない生牡蠣のような感受性
それらを鍛える必要は少しもなかったのだな
年老いても咲きたての薔薇 柔らかく
外にむかってひらかれているのこそ難しい
あらゆる仕事
すべてのいい仕事の核には
震える弱いアンテナが隠されている きっと……

わたくしもかつてのあの人と同じくらいの年になりました
たちかえり
今もときどきその意味を
ひっそり汲むことがあるのです

がんばっ!
仕事再開するぞっ!
[PR]
by suwanagano | 2009-02-24 22:33 | Trackback | Comments(4)


あぶないですよぉ

本日は、朝は小雨、霧がでてきて10時頃には雪
あらあら雪かきいかなくてはいけないかと母に電話したら
岡谷はやんだわよ、が午後3時
ここ蓼科も夕方には雨もあがり、今はまっくら闇の蓼科です
わんこも、一度お散歩に一緒にでかけたものの、さっさと戻ってきてしまい
ひたすら眠りに徹しておりました

本日、友達から久しぶりの電話
ねぇねぇそっち雪あるん?
・・なんで?
そっちに行けるかしらん、大丈夫かなぁ

とっても恐いのですが、県外者の方って、意外に冬の恐さを知らないですね
こちらに居ると、冬のこの時期、普通自動車でノーマルタイヤで走るなんぞ考えられず
晴天であろうと、朝晩の凍結はまず考え、スタッドレスだから、高速道路の運転も多少考え走ります

チェーンもってるんだけどね
チェーンのつけかたわかるん???
・・・ 電話の向こうで無言になるなっ(笑)

バスか列車使ってきて、レンタカー借りればと言ったワタクシです
だから県外車を見ると、それも夜見かけると、反射的に逃げるのです

一度滑ってハンドル聴かなくなる体験をすればきっと聞いてきたお友達もそんなこといわないでしょう
恐いよ、ほんとだよ、やめなよ
と、言ったら、そっかぁっと残念そうに言っておりました
中央道経由で長野に行ける? は、問題外でございますわ
ちなみに、友達も、そっか、やっぱり横浜だわね
ちなみに、お隣さんの御宅も、2年前に横浜からお引越ししてきて、息子さんが週末になると横浜から車飛ばしてまいります
よくだわねぇ でも、サーフでも滑るわよん( 一一)

今夜ももう路面が凍りだしております
本日は、一度も車に乗らず、たべものも尽きてきたので、たまねぎをお天ぷらにして
貯蓄してあるじゃがいもと白菜をクリームシチューにつっこんでグツグツ煮込みました
そろそろ食料尽いてまいりました でも、がんばるっ!

でも、わんこは、たまねぎは食べてはいけないのです
血液が溶けてしまってたまねぎ中毒になってしまうんだそうな
ふぅぅん、わんこ、食べたそうに見てますが、、、あげませんっ!

さてさて
せっせと製作していたものが、最後の最後に意識がとんで、保存せずにボタンをぽちっと押して
・・・・・ためいきでございます
よのなか、こんなものね ね、わんこっ
わん!

本日もまたおつかれさまでございました~
[PR]
by suwanagano | 2009-02-24 19:28 | Trackback | Comments(2)


スイーツっ

雲に覆われ空が見えない暗い夜の蓼科です
こんばんは
本日は、蓼科も朝から雨がしばらくしとしとと降りました
夕方諏訪湖畔を走ったら、蜜柑色の太陽の光がさざめく湖面を照らしました
一昨日に積もったみぞれ雪はすっかり溶け、車もまっくろ、いえ、真っ白になってしまいました
でも
天候は下り坂がまだあり
わんこの水のみバケツはまだ凍る日も多く
このように雨が降ったり雪が溶けた翌朝は、坂道が凍結してしまいます
凍結した下り坂は、ソリだ~、という状態で
スタッドレスなんぞ利きはしません
明日は朝、気をつけましょね

先週行われた特別講義を聞いた日の夜、茅野をのぼってきたならば
とんでもない光景をみてしまいました (・.・;)
カーチェイス
堀の信号で追尾していたパトカーが突然サイレンならし
その前を、GTRがものすごい勢いで右折して走り去りました
すごい、、、、、ぞっ (・。・;
こちらはノロノロとのぼっていきましたが、サイレンは聞こえども、GTRはすでに居なく
すごいなあ、すごいなあ、と、ワタクシ興奮しておりましたら
まぁちゃんが、警察は頭いいからね、大丈夫ですよ、GTRちゃんと下っていったところつかまえますよ
と、すまし顔
( 一一) そうなのかなぁ??? なんでそんなことわかるん???
なんだかワタクシどきどきしながらのぼっていったら
噂のGTRが、、、、道をUターンしておりていきました
やっぱり

なんだかなぁ、速度でますが、後ろ位見て、おまわりさんの車にはじゅうぶん気をつけましょね
写真は、そんなことを言いながらのんびりシュカちゃん運転していたまぁちゃんが
作ったスイーツ
イチゴは持ってきてくれた長野の彼女のしっかりしたピカピカイチゴ
美味しそう!!
いっただっきま~す! ぱくっ
b0003483_21345244.jpg

b0003483_2135733.jpg

[PR]
by suwanagano | 2009-02-23 21:44 | Trackback | Comments(0)


日産カーウィングス石川さんの講義がありました

2009年2月18日、信州豊南短期大学第一パソコンルームにて、日産自動車プロダクトオフィスカーウィングスの石川さんの特別講義が開催されました。
写真は、講義中のヒトコマ、履修学生、卒業生、一般の方、が聴講にいらしてくださいました。
聴講くださった皆様、遠くよりお越し頂きありがとうございました。
卒業生の彼女達は、飯田、長野から、はるばる来て下さいました。
在学生よりも4倍以上の年齢の皆様、本当にありがとうございました。熱心なお姿が、また学生達に大きな刺激を与えてくれたと思います。
お忙しいところ、ご都合をつけていらしてくださった方、ありがとうございました。現在の通信とカーナビシステムとの関係を体感していただけましたでしょうか。
新聞社の皆様、長時間に渡り、取材していただきありがとうございました。まか不思議なる世界を短大生達はすでに普通に勉強しております。
当日車を貸して頂いた斎藤さん、日産自動車茅野店の方々、お世話になりました。実際に触れて乗ってみることが彼らができ、大変貴重な経験ができたと思います。
未来を担う彼らが、このようなトップレベルの方のお話を聞き、体験し、社会に出て知識を生かしていくことでしょう。
昨日の講義は、想像以上の聴講の皆さんの熱心さにびっくりいたしました。
そして、実に若さ、と、見る視点の角度の面白さを、私自身皆さんから学びました。
石川さんには、カーナビに限らず、多くの車についての質問をしていました。
一番驚いたことは、さすが平成生まれの子供達
講義を聴いたときは、驚いて、目をぱちくりさせていたのが
一度石川さんの講義を聞いた後、自由に触れる時間には、情報チャンネルを自在に表示させたり、自分の住んでいるところを設定したり、読み上げをさせたりと、まるでゲーム機を扱うように、楽しそうに使いこなしているのでした
彼らの新しい技術に対する好奇心、視覚、聴覚の鋭さには脱帽するばかりです。
デモカーに実際に乗り、触っていいよ、動かしていいよ、と、言う言葉に、初めはおずおずと遠慮していたものの、本当に触ってもよいとわかると、ピッピッピと、あらゆるところを触ってみて、きゃっきゃと実に楽しそうにしている事は、情報は、まずは知ること、の基本を行っている彼らでした
想像以上に、カーナビ、というもの以上に、車というものに関心が高く、石川さんには、車についての質問も多かったようです。それも、今販売されている車ではない車のこととか、インフィニティってなぁに?とか
(笑)
集中講義でぐったりしていた彼らにとって、あんなにもいきいきとして興味深くシステムについて学んでいた事は、大きな刺激と経験と思い出になったことと思います

これからますます知識産業が重要視される時代、授業でも学んでいる、人間の視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚に訴える商品も数多く世の中に出現してくることでしょう。
テレビ、ゲーム、情報機器を当たり前に使用する事ができる高度成長期に生まれた私達30代後半~40代の世代をもはるかに進んだ、情報社会で生まれ育った彼ら達、そして石川さん
感性の鋭さと、学生時代、そして社会で学ぶ知識、知恵を教養として、情報社会を築いてくれるのでしょうね

私自身、彼らの行動思考力感性に、たいへん刺激をうけ、多くの事を吸収させていただきました
そしてまた、この感性というものの年代は、実年齢ではないということを
聴講にきてくださった80代の方々を見て感じ、私自身勉強になったのでした
60代になり、会社を退職され、高齢者とも言われる時代ですが、高齢者と言う言葉は、いらしてくださった方々にとっては感性の年齢にはまったくあてはまりません。
若者よりも体力、瞬発力など衰えてくる部分こそ、今回のカーウィングスのシステムをはじめ、授業で勉強しているハイパーリアリティの社会実現のための技術や商品に期待したいと思いますし、
それらの社会を担う一員に、学生達がなってほしいと思うのでした。

ところで、石川さんは、どこから来たのでしょう?
どこでカーウィングスプロジェクトは動いているのでしょう?
実は、学生の皆さんがよ~く知っている、とある場所、で、働いていらっしゃるみたいですよ
石川さんが更新されているブログはこちら
http://blog.nissan-carwings.com/
石川様、本当にお世話になりました。

学生の皆さん、さぁ本日は、最終講義と、期末試験です。
3日間学んだ事が、頭の中にはいっているでしょうか、どうでしょうか
学生の皆さんがんばってくださいね!

b0003483_241886.jpg

b0003483_2412221.jpg

[PR]
by suwanagano | 2009-02-19 01:37 | Trackback(1) | Comments(10)


集中講座について

今日はめっきりと寒い風となってしまった蓼科です。
辰野は暖かいでしょうか。
明日2月17日から3日間、情報と社会、の冬期集中講義を行います。
学生の皆さん、9時10分からスタートです。
出席は開始直後に行います。この時点で居ない場合、1単元欠席となります。
3単元欠席となると、最終試験受験資格なくなります。
かならず遅れぬよう、早く寝て、早く起きて、学校にきてください。
雪ふらなければよいですね。

教科書は、授業開始時に書店やさんが販売します。
1200円教科書代、忘れないようにしてください。

最終日の午後、試験を行います。
持ち込み可能なものは、手書きノートのみ、です。
授業中に、まとめながら講義を受けてください。

2日目の2月18日午後は、日産自動車プロダクトオフィスカーウィングスの石川さんの講義です
この講義だけは、楽しみ倍増の講義ですので、楽しみにしてください
(ただし、レポートは提出してもらいます)
googleとの連携サービス記事がありましたので、リンクしておきます

一般の方は、2月18日午後2時より、聴講無料の開放講義となります。
信州豊南短期大学です。1時45分頃より、入室できるようにいたします。
第一パソコンルームは、一番上の駐車場のところにあります。
お気をつけていらしてください。事前予約はいりません。
レポート提出は(笑) 提出はされなくてもよいです。
しかしながら、ぜひ出して見たい方は、後日メールにてご提出してください。
石川さんにお渡しいたします。

当日は、スカイライン2台きます。でも、スカイラインでいてスカイラインでない(?)
車大好きな男子学生君達、違った面でも楽しみにしていてください
あと、カーウィングス使える車がもう一台きます
名前は、、、ごめんなさい、忘れました 4つ車輪のある車です

石川さんより教えていただいた、以前の石川さんの他の大学での講義(?)状況のブログをリンクしておきます
この記事の大学生さん達は、今回の学生さん達と勉学分野が異なりますが
なんだか、楽しそうですね
皆さんも
楽しんで、そして、現代の情報技術を体感して、勉強してください
http://blog.nissan-carwings.com/carwings/2006/11/post_2e0a.html

一番早起きしなくては、と、息巻いているのは、深夜族の、このワタクシです
おきられるだろうか

がんばりましょうね
[PR]
by suwanagano | 2009-02-16 19:31 | Trackback | Comments(2)


2月18日 豊南短大特別講義、一般の方聴講できます

信州も例年にない暖かい陽気の2月中旬です。
学生の皆さんから、集中講座は、何時から何時まで行うのですか? とメールが何件もはいっております。1時限から5時限まで3日間、がっつり授業いたしますよ、と、期末試験の採点をつけながら、メール返信しておるワタクシです。

そんななか、2月18日水曜日、午後2時より2時間程度、豊南短期大学第一パソコンルームにて、特別講義が行われます。
この時間は、外部の方、最近お名前が本ブログでもよく登場しております石川さんの講義です。
学生にとっても、ほっと一息、まったく違った角度から、現代の最先端の情報技術の一部を体験してもらおう、と、企画いたしまして、
せっかくなので、一般の方も、聴講できませんでしょうか、と、尋ねましたところ、短大側の嬉しい配慮から、一般の方の聴講が、それも、もちろん無料で、可能となりました。
聴講無料、事前受付なしで、当日入室できます。
2月18日午後2時からです。

とても面白く、不思議な車の情報受発信技術を見ることができます。

豊南短大の場所が不明な方
カーウィングスラボに登録いたしましたので、参考になさってください。
http://lab.nissan-carwings.com/CWL/Viewer.cgi?tid=2969

最近、ずっとこの話題を書いております。この特別講義は、普段は学生のための冬期集中講義の「情報と社会」の講義のヒトコマであり、通常は一般の方には開放しておりません。
今回、急遽、特別に、外部の講師の方が来てくださる事になり
この外部の講師の方の講義内容が、大変興味深く、まさに「情報と社会」の現代社会の最先端技術を実際に見、聴き、質問までできてしまうという事で、短大サイドも、急遽開放講座、にしてくださった次第です。

講師は、日産自動車プロダクトオフィスカーウィングスの石川さん。
カーウィングスといっても、ピンとこない方も多いと思いますが、カーナビの最先端の開発サービス提供を行っているところの方、と書くとわかりやすいでしょうか?
最近では、カーナビ「ゴリラ」にも搭載がはじまったカーウィングスです。

本ブログで告知したのが、2月4日、10日前ですね。
本ブログ信州豊南短期大学「情報と社会」開講講座のご案内http://suwa.exblog.jp/10297318/の記事。
そして、講師としてきていただきます、石川さんのカーウィングスのブログでの紹介記事が2月9日、長野県の短大で集中講義が行われますhttp://blog.nissan-carwings.com/carwings/cat51027/index.htmlの記事。

講義を聴く学生と、当日お借りする2台のスカイラインのところでは、公開講座がありますよ、と、話しておりましたが、以外は、実は一昨日まで、ネットとカーウィングスのシステムを使ってのみでの告知しか行っておりませんでした。
自分の車でお世話になっている日産販売店さんにも、講義があると話はしたものの、
何かお手伝いすることがあったら言ってね、という程度でして、
お店やさんサイドが、カーウィングスってところでなあに? が本音だったと思います。
実際にカーウィングスが使用できるデモ車も諏訪地方の販売店には置いていないとのこと。
この半月の間に、日産ユーザー宛に我が家に届く郵送広告には、カーウィングスさんではなく、他社さんのカーナビの宣伝広告が掲載されておりました。
そんななか、淡々と、粛々と、講義の準備を、石川さんはじめ、日産自動車プロダクトオフィスカーウィングスの方々が、はるか遠くの、とある部署で、実は準備作業を行ってくださっていたのでした。

私は、機械音痴で、素人ですので、メールとお電話のみで、ご指示頂くだけでしたが
知るたびに、ワタクシ自身も、ほぉ、と、びっくりすることばかり。

これがまず、ポイントですね。学生さん達世代ならば、ごく普通に受け止められる形態ですが、あまり情報機器に触れられていない方ならば、考えらない世界。
ノンバーバルでの作業は、地域距離をとりのぞいてくれることは、ごく当たり前に行われている世界です。このワタクシでさえ、短大以外のお仕事は、奥深い蓼科の山の中で、はるか遠くの地域の仕事を行っていられるのですもの。

そしてまた、この石川さんの仕事のはやいこと、はやいこと、どんくさいワタクシにとって、ネットでの連絡作業は、時間に制約もなく、とても面白い10日でありました。
(ワタクシにとっては、お仕事ではなく、お遊びのようなものでしたので、面白さも大きかったのでしょうけれど、石川様にとっては、お仕事、かなりご迷惑おかけしたと思います ありがとうございます)

そして
12日、豊南短大のホームページに講義のある事の紹介記事が掲載され、
一昨日、地元新聞各社に講義が行われる事を短大側から告知をしたと連絡がはいりました。
現実の世界で、どうも人数の関係で、カーウィングス搭載車がもう一台必要となりそうで
急遽日産販売店さんが、展示車両をカーウィングス使用できるようセットして持ってきてくださることになりました。

この流れだけでも、とても勉強になる題材です。
情報とは何か、たまたまワタクシが、日産さんのカーウィングスを使用していたから、知りえた情報です。
日産さんのカーウィングスを知っていたので、弟はトヨタ車さんを購入しましたが、(日産さんゴメンナサイ)、G-BOOK搭載車を彼は選びました。

情報の一番はじめは、まず知ることから。
情報の取り扱い、受発信媒体、WEBマーケティング、セキュリティ、個人情報、テレマティクス等トータルしての話も、学生さんにとって、長い長い辛い講義の時間のどこかでお話したいと思います。

ネットなり、カーウィングスでの情報発信受信、これからの情報社会、重要なポイントとなります。
かといって、新聞マスメディアなりの紙媒体、特に、ローカル新聞の役割も、ペーパーレスの時代を唄う現代であっても、重要な情報源の一つであり、必要な情報源だと思っております。

そんなことも思いながら、ぜひ、学生さん達、石川さんの講義を聴いて、質問してみてください。
そして
一般の方々、私自身このカーウィングスシステムの技術は大変興味深いものだと思っております。
他社でも、テレマティクス技術を搭載したカーナビがこれからますます進化し、激しい開発競争も行われていくとは思います。
カーウィングスを搭載するだけでも、かなりの高額になってしまうのが現在の状況かとも思います。
しかしながら、ナビゲーションシステム、だけではない、今のカーウィングス。

聴講無料です。部屋は小さいですが、何人でもはいれますので、どうぞお越しください。

で、石川さんってどんな人なのでしょう?
若いかな?、お年召されているかな?
ユーチューブをはじめ、カーウィングスを使用している動画がアップロードされておりますので、
リンクしておきましょう。


人間のオペレーターさんに車の中でお話して、行きたい先を、オペレーターさんが、カーナビ設定してくれるのですね。機械音痴のワタクシでも、これは楽ですね。

すっかり動画も情報の一部としてネット配信される時代になりましたね。


カーナビの使い方のカテゴリ記事もこちら
http://blog.nissan-carwings.com/carwings/cat51072/index.html

重ね重ね、石川様はじめ日産自動車プロダクトオフィスカーウィングスの皆様にお礼申し上げます。
当日は、大変たのしみにワタクシも拝聴させていただきます。
学生の皆さんも、この日だけは、素敵なお兄さんのお話を聴いてくださいね。
車好きな男子学生、なんでも質問してみてくださいね。
ワタクシも、3日間だけは、早起きしなければなりません。

一般の方の、ご来場、お待ちしております!
[PR]
by suwanagano | 2009-02-15 09:31 | Trackback | Comments(4)