Fuwari_fuwari ふわふわり suwa.exblog.jp

ながのひむかいこんにちは


by SUWANAGANO
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧


むかしばなしみたい


b0003483_1235267.jpg

b0003483_1235284.jpg

快晴の飯田です
柿 林檎 南天の実がこぼれんばかりに実をつけて
菊 バラ が咲いていて
山々は紅葉がはじまり
昔ながらの瓦屋根の家並みが谷に点在し
風に吹かれ竹林がさやさやとゆれています
日本昔話ですね
飯田の市田というところは
干し柿でも有名なところ
ステキな秋の季節です
松川インターから降りて飯田に向かうと柿畑 林檎畑が広がります
気持ちがおだやかになります
今年はじめから作業していた仕事が一つ完了しました
お手伝いしていただいた皆様 お疲れ様でした ありがとうございました
来年度のやりたいことをお願いしてきました
予算通ればよいですね
ほんとに長かった
二年間かかりました
しんどかったけれどまたひとつ成長できました

さあ!ちょっとだけ遅い夏休みとりましょうか?
いえいえまあちゃんのほうがお尻に火がつく騒ぎですので
いましばらくはお休みはおあずけかな?
お休みとれるかたは
飯田におでかけしてみてください
天竜川を下る舟もでていたり
言葉が長野県のなかなのに
やわらかくて
街も郊外の畑ものどかで
癒されます
お疲れ様でした
しみじみ〜o(^-^)o
[PR]
by suwanagano | 2009-10-31 12:35 | Trackback | Comments(0)

蓼科秋色一色!


快晴の秋の空、蓼科です
陽射しもあたたか、でも、ハイネックセーターでお外におります
車にいこうとしたら、わんこがあそぼうよーっと
b0003483_12345132.jpg

仕方ないから、遊んでいたら
実はわんこクン、あまりにも天気がよく美しい蓼科の風景に
大好きなボールに目もむけず
じっと遠くを感慨深げに見つめており、あらわんこクン、けっこうロマンチストね
b0003483_12363180.jpg

しかたありません
お届け資料、一緒にいこうか、と、ばっかじゃないくんに一緒に乗って
b0003483_1241143.jpg

窓全開にして走ったら、お外を見ながら、風をきるのがきもちよさそうにうっとりしたお顔
お届けモノをした後に
おうちにもどって、ちょっとお散歩したら
ワンコは、うっとり、紅葉の中にたたずんだまま
なーにを、考えているのだろうね キミ
b0003483_12383752.jpg

10月最後の金曜日
秋、本番、蓼科、最後の紅葉です!
[PR]
by suwanagano | 2009-10-30 12:39 | Trackback | Comments(2)

読書の秋


おはようございます
今日も気持ちよく晴れそうな蓼科です
まっさおな空がみえてきました

読書の秋
自分は20代の頃は、SFものと、人生のハウツー本というのでしょうかをかなり読んでました あとは、まぁ。田辺聖子さんとか
それがいつの頃からか、好みが変わってきました
今、読んでいるのが、自宅の本棚にある、近代文学作家全集、それも旧漢字体、とか
おもいきり訳わからない数学の本とか
国語と日本史が、自慢じゃないけれど、まったくできなかった学生時代のワタクシが
日本史関連の書物を読んだり
英語できんくせに、映画公開されるものならと、洋書を悪戦苦闘して読んでみたり

この現象はなんでしょうね
ぜひ、どなたか、ワタクシの思考回路はどうしてそうなっているのか教えて頂きたいと思います
なぜなのか、よくわかりません

そのためでしょうか
本棚は、同じ作家さんなりの書籍が、並ぶということは、20代に買い揃えた書籍以外はまったくなく
ばらばらとなっております

で、
昨日も、一冊、珈琲飲みながら、読んでみようかなというものが手に届き、読んでおります
税関のお仕事、監視行政と通関行政と保税行政とあるってしってました?
というより、税関ってなんぞや? ですよね 特に信州におると
( 一一)

通関士の方が書かれた税関の仕事、輸出入、横浜について、などなど書かれた本を、読みました
最初に、NATONAL AZABU スーパーとかコストコとか、中華街とかの紹介がかかれていて
とても面白かったですね

なんでしょう、食べ物でも、食わず嫌いの傾向が強い私ですが、なにかのきっかけで、読んでみようかなと目についたものを、なるべく最近読むようにしております
消化できるものもあれば、消化できないものもありますが、消化できないもののほうが、何度も何度も読みなおせるような気がします

この書籍も、多岐に渡る分野の内容が、浅く広く書かれているため、読みやすいけれど、実は奥が深く
何度も読み返すことができそうな一冊だと、表紙の水彩画の絵を見ながら思うのでした

書籍名は 輸入食品から学ぶ「貿易と港」の旅
ISBN978-4-7619-1698 著者智田幹也さん 1500円プラス税
アマゾン、セブン等のWEBショップからも購入できますね

さあ、朝です
本日もがんばりましょう!
b0003483_745835.jpg

[PR]
by suwanagano | 2009-10-30 07:05 | Trackback | Comments(2)

新商品だあね


b0003483_10385532.jpg

b0003483_10385522.jpg

辰野についたら
必ずまず一杯コーヒーを飲みます
コーヒー通にとっては邪道と言われそうですが
苦くて黒くて多少カフェインがはいっていればそれでよく
ホールの自販機は私のお友達
今60円いれてみてみたら
あらp(^^)q
ポタージュスープがはいってる
o(^-^)o
1.5倍容量のカフェオレが70円から60円になっている
嬉しいですねえ
o(^-^)o
せっかくなので1.5倍のカフェオレ買って
お外を見ながらモーニングタイムいたしました
ドウダンツツジが真っ赤に色づききれいでしゅねえ
アタマ痛くなるほど甘いでしゅねえ
お昼はポタージュ飲んでみましょ
ひそやかなる楽しみ一つ増えました
遠くに座る男子学生君の
陽気に歌う鼻歌が聞こえます
さあ本日は一番大変なコマ数です
ボルテージあげて
いきますよ〜!
p(^^)q
[PR]
by suwanagano | 2009-10-28 10:38 | Trackback | Comments(2)

おはようございます
ひさしぶりに晴れた蓼科の朝です
草が枯れ草色にかわりだし、森も黄色く輝いています
きれいですね 霜にかかった道の草が、朝露にかわって、ピカピカ光っています
きれいですねえ
でも、朝のお散歩は、ここ1週間はしておりません
寒いから ( 一一) いえいえ、おなかが2週間前いたかったので
念のため、おとなしくしておるだけであります まったく体調はよくなっておるのですが
念のため、2週間ほどはおとなしくしていようと
わんこは、お散歩しようよ、と、窓をガリガリかくのですが
もうちょっとだけ、がまんね わんこ
わんこは、毛皮を着ているので、この季節、とっても気持ちよいようです
お散歩しないので、ふてくされて、朝陽をあびながら、朝からおひるね?してるワンコでありますが

昨日、辰野に行きましたら、マスク姿が、ぐんと増えました
インフルエンザ感染した人がいると、事務局にとどけられたそうです

夏休み明けから、ちらほら家族がインフルエンザにかかってますよ、という話は聞いておりましたので
時間の問題ではありましたが

昨日ゼミの子達に、だいじょうぶ? と聞きましたら、きゃっきゃとどこふく風で笑っておりました
素足にショートパンツ、だいじょうぶかい? ( 一一) ( 一一)

若者は、元気元気、薄着でとびまわっております
元気が、あふれんばかりの女の子達、基礎体力があふれんばかりにありあまり
ドキドキしている私が、なんだか、年寄りだなあ、と、頭をかいております

風邪も、この季節の変わり目、いっつも多くなる季節
神経質になりすぎず
でも、手洗いうがいをきちんとして
自己管理に務めましょうね
風邪もはやっておりますので、気をつけましょうね

厚生労働省の インフルエンザのQ&Aをリンクしておきます
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/02.html

ワタクシも、気をつけなければなりません
PCルーム、エアコンで、空気がかきまわされております
40名が、1時間30分、同じ部屋に居れば、抵抗力が弱い子は、ちょっと辛いかな?
個人的には、自分は喉が大変弱いので、予防予防、いたします(笑)
ドアをしばらく開けて講義をしたほうがよいのかしら、しめたほうがよいのかしら

だいじょうぶですよーーー かかったら休むから~~~、とは、元気に笑う一人の子
笑顔が元気が一番の抵抗力
自分もそういえば、若い頃、なにがあっても、頑丈でありましたねえ

くれぐれも、神経質になりすぎず、でも、自分の体調はしっかり管理して
素足でとびまわるのも、、、、どうなんだろ、寒くなければ、ま、いっか

風邪に、インフルエンザになんか、負けないわっ!
休講になったら、寒い寒い真冬に、その分補講となりますしね

そんな勢いで、本日もがんばりましょう!

でも、くれぐれも、熱っぽいと思ったら、体温計で体温はかりましょうね
手洗い、しっかりしましょうね
うがい、がらがらしましょうね

アタシは念のため
マスク1箱と、除菌ウェットティッシュ1箱と、うがい用のマイカップと、のど飴をバッグにいれました
今日も、一日がんばりましょうね
とっても美しい朝の秋の空なんだもの!

b0003483_83936100.jpg

[PR]
by suwanagano | 2009-10-28 08:43 | Trackback | Comments(0)

アップルパイができたよ


b0003483_21192758.jpg

飯田に昨日行きました
帰りに松川インターに乗る手前
林檎が各農家直売所で売っていました
一ヶ月程前の台風で
林檎の赤くなりだしたものの
まだ実りきらないうちに被害を受け
樹木からかなり落ちてしまったとのこと
大切に育ててきたのに、なんともお気の毒なばかり
何億という被害が長野県はあったそうです
それでも、腐らせる訳にもいかず
ジュースかジャムによいですよ
との事で大変安価にて販売されていましたので
食べごろの林檎ととも、じょくしきれない林檎も買ってきました



林檎を煮て
アップルパイを作ってみました
これはカスタードクリームつくってはさみ
もうひとつただいま焼いているのが
チーズクリームいれてみました
o(^-^)o
とっても簡単
さてお味は?
o(^-^)o
いっただっきまあす
[PR]
by suwanagano | 2009-10-25 21:19 | Trackback | Comments(5)

文化祭がありました


b0003483_2140577.jpg本日は文化祭がありました
皆さん元気、
屋台は変更となったそうで
屋台、昨日急遽変えました からあげ肉団子デス 350円デス
よろしくデス!

とのこと

今年は、おもいきって、ゼミの展示、屋台、すべてを彼女達に任せてみました
ちゃあんと、二年生、成長してますね しっかりしていて、頼もしく、ステキですねぇ
純粋な彼女達と共に過ごす時間に感謝ばかりです

卒業生さんとも会えました
あいにく、ちょうど学校でてから到着したとメールくれた卒業生さん、お会いできずにごめんなさい
また遊びにきてね

そして、さらに嬉しいことに、ちょうどその時間に、ピピピと携帯がなり
違う卒業生さんから
今年もゼミの同窓会を行います、日にちのご都合いかがですか、文化祭ですね
とメールを頂きました
来年の一月の恒例の同窓会なのに、わざわざ、学園祭を思い出してくれて、メールをいれてくださった、学生時代を思い出してくださった優しい気持ちに感謝です

おいしく、からあげ、にくだんご、いただきました
明日は顔ちょっとだせませんが、楽しんでね
PCルームの資料まとめたワード文書も、しっかりできていましたよん

ゼミ生、卒業生、そして、仮装しているのはどなたでしょう?
の写真をアップしますね

ちなみに、最初の彼女は、昨年10月の文化祭のブログ記事で、浴衣を着ている彼女です
大人になりました
今年も楽しそうですね
会えたゼミ生しか携帯で撮影できず、ごめんなさいね
また違う機会にアップしますからね

b0003483_21404230.jpg

b0003483_21401888.jpg

b0003483_2141188.jpg
b0003483_21412193.jpg
b0003483_214138100.jpg
b0003483_21415365.jpg
b0003483_21421688.jpg

卒業生、からあげ2つも買ったよ、と、仕事楽しいよ、と
写真の中に居るゼミ生卒業生さんも、がんばりやさんでした
b0003483_2142309.jpg

ゼミ生さんではありませんが、仮装しているのは誰でしょう
b0003483_21424351.jpg

[PR]
by suwanagano | 2009-10-24 21:53 | Trackback | Comments(4)

b0003483_2236773.jpg


b0003483_22363485.jpg



おやつの時間
わんことお散歩、近くの高架橋からの景色は、観光客も車を留める場所
いよいよ唐松林が黄金色に色づき、針葉樹が色づく秋本番の蓼科
高架橋から、川の写真もとろうかと、下をのぞきこんだけれど
数百メートル下に広がる秋色の森に、思わず引きこまれそうになり
あわてて顔をあげ、あとすざりしました

ほんの数週間の彩り鮮やかに輝く蓼科の秋
本日も、おつかれさまでした 夕焼け広がり、明日も晴れる蓼科でしょう
[PR]
by suwanagano | 2009-10-23 22:37 | Trackback | Comments(2)

ことば


木曜日に、図書館司書の先生とお話する機会がありました
司書の先生が、とある論文をプリントアウトしてくださり
「今、アメリカの大学でライブラリアンと呼ばれる職業が絶滅しつつある」
自分は、図書館学が専門ではないので、この論文を読んでも、
情報学から見ると、ここに書かれていることは、すでにネットがアメリカで商業利用された頃から
正確に書けば、アメリカの公共施設図書館などのLAN化にはじまるネット技術によって発展してきた現代の通信情報網の背景を考えれば、驚く事もない論文だったのですが
図書館関連の方々にとっては、あの石松久幸さんが、文章として改めて公開されたのを見ることは、
現実とこれからの日本の図書館の在り方を考えさせられる文であったようであり
帰宅後ネットサーフィンしてみたところ、様々なところでこの論文をとりあげられているようでした
この内容については、ここで書くことはいたしませんので
興味のある学生さんはNDL-OPACにて検索できますので、学校にて検索してみてください
(^^♪

で、この話から、読書の話になり、そして、文章、言葉、語句について、雑談を少々
読解力の低下、については、もう数年前から危惧されている問題であるけれど
語句の意味がわからない子供が増えてきたような気がしますね、と

昔は、文と文との間を、裏を読み、心情、主張、作家の言わんとすることを読みとり感じていたものが
今は、単語、が、理解できない子が多くなっているような
だから、相手が話す意味も、先生に言われる意味も、正確に理解できず、
結果としてコミュニケーションもとれなくなってきていますねえ


そして、本日、拝見しているブログに
内田樹さんの「構造的日本論」が、抜粋紹介されており、これまた興味深い記事

>言いたいこと」がまずあって、それが「媒介」としての「言葉」に載せられる、
>という言語観が学校教育の場では共有されている。
>だが、この基礎的知見は果たして適切なのか。

>私は私が 書いている言葉の主人ではない。
>むしろ言葉が私の主人なのだ
>言葉の力とはそれを思い知る経験のことである。
>早熟の書き手なら十代でそれを経験する。
>言葉の力には言葉に対する畏怖と欲望、
>不安と信頼とがないまぜになっている。
>言葉を単なる主体の思考や美的感懐の表現手段
>だと考えている人々は、「言葉の力について無縁な人々である。

と、まぁ、手厳しく書かれていらっしゃる、内田さんならではの表現方法でありますが
現代を表現するとても興味深い文であり、言葉の力の再発見にもなれるような気もします
興味のある学生さんは、これまた読んでみてください 図書館にあるかな?

で、さらに、言葉の力よりも、もっと、つきつめていくと
言葉、語句、語、になる訳でした

今、自分が、数ヶ月かかっても終わらぬ、七転八倒している仕事のひとつに
日本語から英語に訳したもののチェックを行う作業があります

これが、この言葉、というものが、作業をすればするほどトツボにはまり
はまりだすと、なんて自分の日本語に対しての知識がなかったのか、と、
日本語自体の見直しをして、と、まったく作業がはかどらない状態でありまして
(ーー゛)

そんな中で、今、特に大変役立つ参考書として、暇があれば読んでいるのが
NHKのトラッドジャパンのテキスト
9月号から購入していたので、それ以前の号は、NHK出版で購入いたしました

これが、なかなか面白く、というより、日本語の単語、文章、などについての解説が、とても明快に、理論づけられて書いてあり、英語のテキストでありながら、すっかりワタクシは日本語のテキストとして読んでいる毎日です

たとえば
トラッドジャパン8月号P192
ゼロからの出発、というコラム
抜粋要約してしまいますが
仕事趣味などで、「ゼロからの出発」「ゼロからやり直す」 のゼロの意味
ゼロは英語で、ZERO 漢字に書き直せば「零」
ところがなぜか「零(レイ)からの出発」とは言わず、この違いの背景には、「zero」と「零」の微妙な差が隠されている気がします、と筆者であるトラッドジャパンプロデューサー長野真一さんは前置きし

(以下抜粋)
zeroはそもそもnothing at all の意味で、原義はアラビア語の「からっぽの」だそうです。
つまりzeroは「全く何もない」というニュアンスを持っている言葉です。
一方「零」は、古くは「0」に対応するものではありませんでした。辞書を見ると、「零」は、「雨のしずく、こぼれ落ちること」「きわめて小さいこと」「はした、あまり」などの意味もあります。
「零細」という熟語もあるとおり、「零」はわずかながら存在している様子を表す文字で、厳密にいえばもともとzeroとは違う意味だったのです。

何もないことを示す言葉として、日本語には「無」や「空」という言葉もあります。
これらの方が英語のzeroに近いかもしれませんが、それでも「無からの出発」とは言いません。
「無」は単に「有」ではないことを示すだけでなく、仏教や道教などの世界では、西洋の「神」の存在にも似た、絶対的で根本的な概念として考えられてきました。

・・・・
全部書いては引用になりませんので、後は、トラッドジャパンの8月号を読んでみてくださいませ
(^^♪

図書館学を習う学生さん達にとって、また、国文科英文科からはじまった短大の歴史からも、言葉、文字、単語、というものは、単なる文字の羅列ではなく、語源、使うべき時、場所、状況、などなど
微妙なニュアンスの違いを使い分ける日本人の繊細な心情を表現する方法のひとつであり、興味もって文字に向き合ってもよいかとも思います
(^^♪

4月号のトラッドジャパンには友禅のカテゴリ中に、put on akimono と wear a kimono
の違いが書かれており、
ここから、日本人が衣類に強い関心を持っていることを説明し、聖徳太子、平安時代、江戸、幕末などの時代における衣類と色についての説明もまたされています
留学される学生さんにも、これまた日本文化を紹介するのにも役立つ事がたくさん書かれています
(^^♪

ワタクシは、単純に、日本語でとある言葉を英語にすると? 程度の関心で、トラッドジャパンを購入したのですが
日本語に対しての自分の無知さを知ることとなり、日本語に無知であることは、日本の歴史にも無知であり
英語をちょっと勉強してみようか、が
今はすっかりトラッドジャパンのテキストは、日本語の勉強をするようになってしまいました

好きだった方のお一人に辞書で有名な、金田一春彦さんがおります
ら抜き言葉にも対して、ら抜き言葉はなくならないし、ら抜きに進んでいくのが自然な流れと言われ
かつ、歴史的背景、日本特有の道理感、歴史、宗教、信仰などを踏まえた上での、様々な著書や記事を読むこと聞くことは、とても興味深いものでした

言葉って、難しい(ーー゛)
それでも、TPOに応じて、正しい日本語というものを、使える訓練はしたいなあと、しみじみ、終わらぬ英語チェック作業に悪戦苦闘しておる毎日です
\(◎o◎)/!

ちなみに、本ブログは、まったく、文字、文体、気を遣わず、読み返しもなく、書いていますので
そのところ、、、よろしくです
きちんと書くときは、きちんと書いておりますので(どこが~)
それは、読んでいらっしゃる方々も、おわかになりますでしょう(笑)

まぁ、おっばかぁ、でありますので、あんまり気にしないでくださいませ~~
数字とアルファベットみていてほうが、おちつくわぁ (*^。^*)

でした
以上、ワタクシの国語の自習時間で、ありました (^^♪
[PR]
by suwanagano | 2009-10-23 02:29 | Trackback | Comments(4)

黄色くなりました


b0003483_10263656.jpg

おはようございます
辰野玄関前です
今年は赤色系の葉はあまり色づきよくないですが
緑から黄色には美しく変化しています
昨日は
え〜〜〜っと
5分間驚きで叫び声をあげつづけ
学生さん一名あきれがお
(¨;) \(^^;)
学祭の予定を話してて
じゃっ時間の担当決めて来週一年生に伝えるわ
と言ったら
学祭4日後なんですけど
??(゜Q。)??
え〜〜〜っ!
アタシャ驚いた
学内静かだし
飾りもないし

ど どーするの?
と尋ねたら
大丈夫でしょう
とにんまり二年のゼミ生達
f^_^;
まあ、今年の彼女達は黙っていてやることしっかりやる子達なので
全部彼女達に任せてみることにいたしましょう
私も土曜か日曜時間があいたら
オシルコとタコヤキ食べにきましょうか

びっくりした
と連発したら
驚き過ぎと言われました
あっはっは

本日は朝ハローワークへ
おかげ様で追加求人募集
本当にお仕事頂ける事おかげ様です
ゼミ生も就職難といわれるなか就職きまっているし
多くの方に感謝ですね
諏訪地方は
先日、とある諏訪訪地方の会社がここで百人単位の解雇と社員の半数を契約社員に契約変更となり
11月以降また職を失う人があふれます
ハローワークにも今日はたくさん人がいました
男ばっか
三十代以上が多く
困りましたねえ
で、社会保険料計算は今月からまた利率上がります
雇用側としても生き残りに必死ですし
つらいですねえ
いろいろと考えさせられますが
のほほんとしているとはじきとばされる時代になってしまったのでしょう

紅葉は美しく
学生はのんびりと
社会は揺れ

さあ
今日はヨンコマだ
ボルテージあげて
ハイな気分にひっぱりあげて
さあ!
ビシバシいきましょう!
がんばりましょう!
[PR]
by suwanagano | 2009-10-21 10:26 | Trackback | Comments(2)