Fuwari_fuwari ふわふわり suwa.exblog.jp

ながのひむかいこんにちは


by SUWANAGANO
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧



自分は、本当に限られた分野しか物事を知らず、新しい物、新しい事、特にそれが継続的に発信されているブログを見ると、感嘆と知識の深さと、専門性と、継続性をあらためて感じるのです
加えて、それが自分の仕事ではなく、趣味として発信され、ご自身が楽しまれ、書かれている対象物に深い愛情を見ることができると、その方の人間性の豊かさ、思慮深さ、聡明性などを感じることができ
そして、ほんのすこしでも、そのブログを拝見する自分も知識のおすそわけをいただけるような感じがします

ブログは、今のところ、まだ、1ページ単位での情報発信で、一つのページを見ながら、他の複数のページとの行き来がリンクによってしか簡単に見ることができない不具合があります
現在は、やはりまだ書籍、本、という媒体は、読みやすさ、調べやすさ、検索のしやすさ、行間の表現、など人間の思考慣性等から優れた媒体であると思っております

これから団塊の世代の方々が定年を迎えられたり、また、高齢化社会となり、足腰が弱くなり人の集まりに現実的に行く事ができない方々も増えていくことと思います
その方達は、いままで生きていた中で、私達若輩が想像もつかないほどの多くの知識、知恵、人生を歩まれてきており
それを私ももっと知りたく思い、また、若い世代に受け継いでいっていただきたいと思っています

パソコンの、特にインターネット技術の躍進は、生活スタイルをも大きく替える時代になってきました
どうしても自己利益、企業利益、等などに活用される面が注目されておりますが
高齢者の方々、身体障害を抱えていらっしゃる方々などにとって、情報発信、情報受信、そして、情報を共有することにすぐれたツールであると思っています

自分は、パソコンを使用して色々な仕事をしています
その中で、どうしてもひとつ、仕事としてでなく、自分が現在の仕事に従事している上で、意志、おおげさに言えば使命というものを忘れないようにしています
私利私欲、自分のために、収益を得るためにのみ仕事をするのでは
どこかで限界を感じますし、焦燥感も感じ、生涯の仕事として自分は継続することはできない、逆にいえばドライになりきれない人間です
自分の金銭的な利益追求に通じるためにパソコンなり情報発信をしたい方は、それなりの対価は払うべきだと思っています
しかしながら
パソコンを使って情報発信をすることによって、なにか一儲けしようとか、利益を得ようとか、そういう事を考えているのではなく、年をとり、なかなか外の世界と繋がる事が物理的にも少なくなってきた方々が、上に書いたように、情報受発信、情報共有をすることができるのならば
孤独、疎外感、等の孤立化も少なくなり、多くの知恵、知識を若い世代に教えていただけることにも繋がると思っています
短大という教育機関での60歳以上のパソコン講座等、の公開講座もありました
たいへん好評であり、再開を望まれる方々の声もいまだに届くのですが、運営となるとやはり解決できない諸事情などもあったと思います、公開講座も、残念ながら数年前になくなりました
かといって、
では、自分が個人として、現在、ボランティアとして自分の使命をまっとうするには
残念ながら、現在の生活では、金銭的にも余裕がないのが本当のところですし
情報弱者の利益を追求しない方々を対象に、個人の支払として一般企業と同等の対価を頂く商売という事には、たとえば年金暮らしの母のような一般家庭の人にとって、対価となる金額を支出するのは継続性がない話です
NPO等を立ち上げる事も考えましたが、組織として運営するとなると、さまざまな思いの人達が集まり、正直そこで自分の費用は稼ぎ出したいと思う方々も集まりますし、また、自分自身が本当に行いたいこと以外の活動をしなければならない制約もでてきます
税制上での優遇措置や、補助等をうけずとも、自分の思う事はできるかな、と
はかない見果てぬ夢ではありますが、いつか、今の自分の仕事を一生懸命行い、自分の生活基盤がしっかりできるようになったら、いつか、自分が思う、自分ができる社会的貢献ができるようになりたい

思っているのですが、なにもできていないや、と、日々反省すべきかぎりであります

そんななか、ひとつの素晴らしい贈り物が手元に昨日届きました

よく拝見させていただいているブログのひとつに、日本の美・盆栽があります
ブログ記事に先日、ご自身のブログを書籍化してみたという内容が記載されておりました
この方は、盆栽を中心に、技術的な事、四季の移ろい、生活のほんの一瞬の喜びなどを、ブログ開設当初からずっと同じ形態にて、同じ視線にてブログを更新されておりまして
書籍化した、という記事を拝見し、おもわず、本を購入したい、と、コメントいたしましたところ
昨日、嬉しいことに、郵便物にて、日本の美・盆栽、の本が手元に届きました
前書きを引用させていただきますと
「記事の内容は我が人生の半分を共にして来た愛樹、草花等の培養管理の紹介」
とのこと
昭和47年よりはじめられた盆栽を中心とした、すばらしい専門書となっておりました
総ページ数290ページ、目次は、ブログタイトルが書かれており、赤松のつかみ植え、せんぶり可愛らしい花です、などなど

B6程度の大きさで、この本をカバンにいれて歩けば道に咲く花を調べたいとき、店頭にならぶ草木を見るとき、ちょっと調べたい時などにも活用できます

実は、私が、縁あって、この方とご一緒する機会があり、ブログというものをご紹介した事がありました
まだまだブログというものが一般的ではなかった頃です
私は、本当に、ただ、文字が表示できる、写真が掲載できる、という事のみご紹介しただけでありましたのに
その後、この方は、自分で勉強され、ブログをずっと更新し続けておりました

今回、書籍化してみたとのこと
手元に届いた日本の美・盆栽、は、本当に内容的にも優れております
草花に興味のある方、また、ブログ発信の意味がわからなくなったり、活用がわからなくなっていらっしゃる方々にとっても、大変参考になる本であると思います
実は、今年の二年生のゼミの子にも、卒業記念として、ブログの書籍化をする予定になっており
参考例としても、最後の授業に見せてあげたいと思っております
ただ、若い学生さん達にとっては、まだ、文章を公の電波に載せる事は危険が伴いますので
ゼミでの勉強としては、写真のみの発信練習に限定しておりますが
(プライベートまでは管理しておりませんので、各自楽しくやっているかとも思いますが)

そして、あらためて、いつか、豊富な知識、知恵、人生経験をされた方々とお会いし、若輩者である私達世代はパソコンの操作スキルをお伝えし、成熟世代である60歳以上の方々から情報ツールをつかい、多くの事を教えていただける事ができるような事ができるよう
がんばって、自身が毎日過ごしたいなあと思ったのでした

素敵な書籍です 日本の美・盆栽  私にとって、嬉しい宝物になりました
すばらしいです! 
ぜひ、日本の美・盆栽を綴っていらっしゃる方、贈答ではなく、製本代・配送代・梱包手間代だけでも頂く形をとって、希望される方、多くの方にお渡しすべき本だと思います
そして、このような書籍ができました、と、多くの方々からご連絡いただくことを楽しみにしたいと思います

ほんとにね、すごいのですよっ!

http://blog.goo.ne.jp/bonyoko1482/

b0003483_956912.jpg
b0003483_9562290.jpg
b0003483_9563852.jpg

[PR]
by suwanagano | 2010-01-31 10:03 | Trackback | Comments(2)

晴れました 蓼科です
今朝もあたたかったです これから寒さが戻るそうですが
今週は、途中で、ぎゅぎゅぎゅっと、おなかがとっても痛くなりました日がありました
あまり痛みどめをのむといけないので、我慢して、静かにしておりました
今日は、もう痛くもなんでもありません がんじょうなお腹でございます
(^^♪
そういえば、昔、父は痛み止めというものがあまり利かない体質の人のようでして、とある手術をしたときに
術中覚醒したこともあったようでありました
全体的なパーセントでいえばそういう人は少ない確率なのだそうですので、普通の人はあまり気にしなくてもよいらしいのですが、父は薬疹もひどかった人で、冬は肌が乾燥していっしょうけんめい保湿クリームぬっていたのを思いだしました 
自分は中学生までアレルギーがひどかった覚えがあります
20歳くらいまでは、ずっとお医者さんに通っておりました
でも、体質って変わるのでしょうかね(^^♪
お友達が関西の人で、諏訪の平に、ご主人の関係で20代で転勤してきたとたん、アトピーになった事を聞きました
そのお友達は今は少し温かい土地に住んでおり、そういえばお肌のトラブルは聞かないようになりました
湿疹とか、アレルギーとか、本人でしかわからない悩みですね
自分も、小学生の頃から20歳まで病院に通って、お薬飲んだり、注射したりして、まったく治らなかったので、あきらめてしまって、それが20代半ばに知らない間にアレルギーなくなったので
人の身体は変わるものだという経験値から、と、結構アバウトな神経になったということもあります
(^^♪ アバウトだなあ

アバウトなので、現在使用しているパソコンがウィンウィンと音をたてていても、気にならなくなってきた今日この頃
ただ、かなり使いこんでおり、容量的にもかなりいっぱいいっぱいで使用しているため
パソコンをひとつ購入しようと思っております

実は、数年前、ノートパソコンで、レンダリングがとてもかかる作業をしたいという無謀な考えを持ち、ノートパソコンをかなりカスタマイズして購入いたしたのですが
( 一一)PPPP
処理がおいついていかず、フリーズするわ、熱で暴走するわ、で、そのパソコンは仕事では使えず、弟にあげてしまいました

で、最近ネットサーフィンして、デスクトップで、なにかよいものあるかしらんと
メーカーのもののほうが保証あるし、とか、
ん~~~、気になるサイトからはじまり、昨夜はネットサーフィンしておりました
dellはまったく見ていなかったのですが、まぁちゃんがdellおもしろい方向のもの出してますよんと教えてくれ
昨夜見てみました
ははは
個人ユーズで、このスペックの時代かあ

インテル(R) Core(TM) i7-975 プロセッサ
Windows7 64ビットで、ハードディスクはSSDの256GBですって
で、GeForce GTX 295 1792MBだそうです
価格の安いdellです 本体のみで40万円弱だそうです
ははは で、個人ユースでシミュレーションやるん?
dellのそのページへリンク
b0003483_1315129.jpg


でも、最近、HDビデオとなってきて、ブルーレイになってきて
ますますスペック性能高くないと追いついてこれないパソコン時代になってまいりました
ただ、SSDはまだ一長一短あるようで、日進月歩の情報技術の現代
ギガ、テラの単位が中学生でも知っている時代、
ギガ、テラ、ペタ、エクサあたりまであと十年したらあっというまに家庭に普及するのでしょうか

すごいなあ、と、一人感心しております

さて、ちょっと車で走る予定だったお仕事が明日に変更となり
本日は、お庭にでる以外は、じっとおうちでお仕事していようかなと、そんな金曜日
食糧が、底をついていたので、お昼はペットボトルのお茶とご飯で我慢我慢ダイエットですね
動くのが嫌なだけでありますが、、、、
うちのワンコも最近動くのが嫌になってきたようですが、、、
がんばりましょうね わんっ!
[PR]
by suwanagano | 2010-01-29 13:04 | Trackback | Comments(0)

蓼科雨


b0003483_10473221.jpg

あたたかいです
一月に蓼科雨ですよ
霧がでては消え、消えては現れ
雪とけていきます
恐いのが、これが夜凍結しなければよいのだけれど
えっしぇっしぇで動いても大丈夫でしょうね
さて、本日は歯医者、やだなあ
でも、いざいかん!
[PR]
by suwanagano | 2010-01-28 10:47 | Trackback | Comments(0)

あはは まちがえたぁ


こんばんわ 本日は、少しだけ忙しい日でした 200キロほど走ったかな? 車ですが(^^♪
道がまったく雪がなく、スタッドレスが減ってしまいます よいような、わるいような
明日も雨と予報してます よいような、わるいような

あはは~、の話題 昨日のブログ間違えました~ すみません
きちんと調べて書かなければいけませんね 教えていただきあわてて直しました
ありがとうございます <(_ _)> (*^。^*)
フェルメールは青いターバンの女(真珠の耳飾りの少女)が、とても有名です
ウィキペディアに絵画が掲載されていました
で、一角獣を抱く貴婦人はラファエロ・サンティさんでした(・o・)V
記憶まったく間違えて覚えておりました自分でございました
あら恥ずかしい (*^。^*)

あれ? と、ウィキで調べたら、ラファエロさんはルネサンスを代表する画家なのだそうです

フェルメールさんは、バロック時代の人で
あれ? (*^。^*) NHKで見ていたのはバロックについてで、で、あれ???
歴史がとっても苦手な私は、時代がごちゃごちゃになってしまいました

なので、もういちど、ネットサーフィンいたしましてきちんと覚えようと思いまして見てみました
(^^♪
東京都美術館でボルゲーゼ美術展が開かれて http://www.borghese2010.jp/
そこで、一角獣と貴婦人が展示されます、なのですね

私はふと、思い悩みました
フェルメールは、いったい私はどこで見たのか、と
青いターバンの女、を見た事があるのですが、2008年の企画展には、実は行っておらないのです
もちろん、ボルゲーゼ美術館にも行ったことなく、、、

ちなみにテレビ等で、刃物系のシーンは、時代劇でも見ることができず
もしかしたら、自分はその昔ヨーロッパのバロック時代に生きていて、
で、フェルメールの絵をそこで見て、で、戦争が起こって、剣で一突きされて死んじゃった人の生まれ変わりだったりして・・・

くだらぬ妄想してましたら、思い出しましたよ
Girl with a Pearl Earring、レンタルビデオでずいぶん前に見ました見ました
ただの記憶のすりあわせですね~ でした

http://www.imdb.com/title/tt0335119/

今日は、あと2件ほど、車運転中に見たのぼり旗を読んで、一人で勝手に読み間違いして、一人で勝手に大うけしながら運転もしていた日でした

まったく、能天気なこと~ \(◎o◎)/!
おつかれさまでした 明日もがんばりたいですね
[PR]
by suwanagano | 2010-01-28 01:15 | Trackback | Comments(1)

バロック


日曜日の朝、NHKの教育テレビをつけていたら、
日曜美術館の番組で バロックって何だ?!を放映していて、おもわず嬉しいひとときをテレビ見てました
バロックといえば、音楽ならバッハ、美術ならフランダースの犬、もとい(( 一一) ルーベンスの三連祭壇画、建築ならサンピエトロ大聖堂?
バロックの先駆者でもあったエルグレコの宗教画をトレド美術館で見ていた時に
館内ガイドさんが、独特な動きを表現する技法と共に、時代背景がたいへんよくわかる、世の中が不安定になるほどに、描かれたキリストの身体の等身数が多くなっていっている、と聞きました
2008年に大好評だった都美術館のフェルメールもルネサンス・バロック美術ですね
東京都美術館でボルゲーゼ美術館展が開かれていることをテレビで流れておりました
ラファエロ(フェルメールと先日間違えて書きました ごめんなさい)
の有名な一角獣を抱く貴婦人も展示されているとのこと
京都で昨年末展示されているときは覚えていたのですが、幸運にもテレビで企画展のことが流れているのを見て
そうだ、今年も上野にいかなくちゃ、いかなくちゃ(笑) と思った日曜でした
一角獣を抱く貴婦人は、面白いお話があることを昔聞いたことがありまして 
修復されて、今の絵になったのだ、と、以前聞きまして、宗教色が本当にルネサンスバロックと強いものだなあと感じた思い出があります
興味がある方は
http://www.scudit.net/mdanim_pittura.htm
西洋史をもっとしっかり知っていれば、もっと絵画鑑賞も面白くなるのでしょうけれど
アタクシ歴史も、、、苦手でありました <(`^´)> (*^。^*)
こういう機会に、少しづつ勉強しようかなあ、なんて、思っています

で、記事にしたかったのは、美術のことではなく(*^。^*)
このテレビ番組にゲストとして出演されていた男性の方が話されたひとこと、さらりと流れた話題でしたが、このバロック時代に、実は微分というものが登場したそうなのだそうです

ほぉぉぉぉ!
微分というと、聞くだけでも嫌っていう方も多いと思いますが、自分が説明するのは模範的なお話しかできなく
たとえば車で平均速度50キロというのは、距離÷時間で計算できるけれど
実は、発進の時の時はゆっくりだし、止まる時もまたゆっくりになる訳で、では、その一瞬一瞬を予測するのに微分を使えば予測できるのですよ
などと言っておりましたが、もっと、とてもわかりやすく話されておりました
このバロックの時代は、ウィキペディアを引用すると
>17世紀初頭にはヨーロッパ全土で激烈を極めた宗教戦争など
>あらゆる闘争が起こり、国家や社会が分裂した。
>その不安な時代において、連続的な運動と永続的な秩序との間に
>しかるべき関係を見出そうとする努力がなされ、そこから独特な
>心情的表現が生まれた。これが「バロック」である。
>強い激烈な印象を与える変化と対比など、これらすべては、
>動的で変化に富む自然と人間の感情から見出された新しい表現であった。
>調和・均整を目指すルネサンス様式に対して劇的な流動性、過剰な装飾性を
>特色とする。「永遠の相のもと」がルネサンスの理想であり、
>「移ろい行く相のもと」がバロックの理想である。

番組で、微分の登場について語られ
微分というものは、時間の一瞬の時を写実的に表現するテクニック
と話されました
(・o・)P!
うまい表現だなあ、と、感心した私でありました(*^。^*)
こういう話をすれば、もっと数字や数学、微分積分なども苦手な人少なくなるのかなあ
とも、思ったのでした

勉強になりました (*^。^*)

2008年末、自分のブログに、デカルト、パスカルともすぐれた哲学者であり、数学者であるというコメントを人生の大先輩の方から頂いた事も思い出した日曜日でした

すべての物が繋がり、共通し、共有しているのですね
自分の無知さや、物知らぬ事を、またひとつ発見できた日曜でもあり、コメント頂いた方の言葉の深さも再確認した日でもありました

生涯勉強、無駄な事は何もなく、柔軟にもっともっと吸収したいなあと
思うのでした

微分なんて使わないよって???
(^^♪ (^^♪ (^^♪
フラッシュも、画像レンダリングも、みーんな関係してますねぇ
ハードの制御も、サーバ等の制御も、みーんな関係してますねぇ
勉強しましょ 楽しみながら、学生さんがんばってください
私もがんばらなくっちゃ
ちょうど今夜帰り道、うふふと一つ閃いた事に挑戦してみようかなあ、なんて思っております
やらなきゃよかった、と、またブツブツ数ヵ月後ひとりで言っているだろうけど、、、
( 一一)P

知らないと逃げていれば春も来ず

愚句でございました <(_ _)>

では、おくちなおしに、バロック音楽を
バッハです よいですねぇ
ピアノを習ったことのある人ならば、あまりにも有名な
ピアノの旧約聖書と言われている平均律クラヴィーア曲集の、自分のお気に入りBWV846
面白いバージョンがあったのでリンクしておきます~
また、素敵なひととき過ごせた日曜美術館のサイトは
http://www.nhk.or.jp/nichibi/index.htmlです


[PR]
by suwanagano | 2010-01-25 23:44 | Trackback | Comments(4)

税務署に


b0003483_10122551.jpg

諏訪の税務署に朝よりました
もうこみだしてました
退職されたり年金受給の方がふえだして
でも意外に税務署の場所知らない方も地元に多く
諏訪の税務署は、国道からだと丸光越えて真澄の信号越えて、次の信号右折してから清水町の信号までいかないところを左折、上川からだとの綿半や消防署のある通りを国道に向けて走り、線路越えて清水町信号越えてから右にまがるとあります
税務署は昔から職員さん親切です
一般の確定申告は一階で、朝なのにだいぶきてました
今日は私も一階、Eタックスはいまだつかっておりませんが、確定申告作成WEBページがわかりやすく、入力したらあとは印刷だけ
今年からメニュー画面も給与一カ所だけの人、年金の人、その他の人とわかれていてわかりやすくなってます
あとは印刷して、郵送すればできあがり
自分で提出しにいってもよいですね
わからなかったら確定申告始まる二月中旬前に税務署にいけば親切におしえてもくれますね
o(^-^)o
さあ、これから今度は会社のほうです
法人は決算書まで作成で、もうここ数年は会計事務所さんに作成してもらって提出してもらってますので二階に行く事も少なくなりましたが、以前やはり親切な職員さんたちがいろいろ教えてくれましたので、便利な所だと自分は思っています
払うべきものは払うのは当たり前だと思うのです
きちんと納税なり申告をすることで物も申せるもので
問題は、その税金を適正に使われているのか
どこかの飛行機会社にも再建の為税金使われるのですよね
ガソリン代もじわりとあがりだしました
ん〜、
がんばって働きましょう
私も何千万ものお小遣くれる親がいたら人生ちがうのかなあ

と、母に言ったら、親孝行の娘がほしいわねえだって
(^O^)/
健康で笑顔で一生懸命働ける事が一番の幸せです
確定申告のページは
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

ちょっとご質問いただいたので、かいておきました 
各公民館などでもなくても、諏訪税務署で申告できます

さあ、本日もがんばりましょう!
[PR]
by suwanagano | 2010-01-25 10:12 | Trackback | Comments(0)

晴天でした


b0003483_18401754.jpg

見えるは中央アルプス
南信州にいったら、雪が道にありびっくりしました
蓼科は今朝は降りませんでしたから
土曜日で、高速道路混んでいたので、帰りは下道走りました
夕方蓼科に帰ってきたら、蓼科山と八ヶ岳がちょうど直線ひいたように上だけが白く、下は夕焼け色でした
きれいでした
寒さも雪もこれからですね
[PR]
by suwanagano | 2010-01-23 18:40 | Trackback | Comments(2)

駐車場に ばっかじゃないくんの車がじゅうすうだいとまってて
なんだかみんなで車の外でおはなししてた
若者たちで男女さまざまで全国ナンバー
オフ会のようで
女の人一人で参加してる人もいたよ
アタシは群がる団体行動苦手だけど
みんなで一緒がなんか楽しいんだろうね
アタシは今日はしゅかちゃんだい!
運転手つき
サンキュ!
いざお仕事だい!
[PR]
by suwanagano | 2010-01-23 09:22 | Trackback | Comments(0)

今日の諏訪湖〜


b0003483_93346.jpg

一昨日 昨日と異常気象のように暖かく
今日は寒さ戻ったものの
諏訪湖の今朝は波うってます
わかさぎさんを釣りにきたお客さんがいましたが
もうこの時期はあまり釣れないですよと、釣り船担当の方が教えてあげてました
代わりに諏訪湖畔あるいてました
ピンと凍てつく空気に青空に諏訪湖
美術館に温泉に、素敵な週末旅人の姿
朝の諏訪湖でしたあ
[PR]
by suwanagano | 2010-01-22 09:33 | Trackback | Comments(0)

お土産〜


b0003483_10203693.jpg

b0003483_10203683.jpg

b0003483_10203685.jpg

をゼミ生の人がゼミ生さん達に買ってきていただきました
私もおすそわけ
ありがとう
でもパソコンルームは飲食禁止ですので、おうちでおいしくいただきました
今の若者は就職内定すると前年度からすでに企業研修用の課題宿題が始まるところが多く
昔みたいに入社してから研修よりも、入社前に考える力やモラルや基本的な社会人としての最低限の知識、集団でのコミュニケーション力、企画能力、納期厳守などを準備期間として行わせる企業が多くなってきたようです
本社での研修をおえ、ゼミ生にお土産買ってきてくれました
やさしいですね
大変だといいながら、その時を楽しむ事のできるバランス感覚がある事は、プレッシャーにもまけない精神は、いまどきの子はといわれてはおりますが、あまり昔と変わらないのではと思います
大人がゆとりとか、無理させず、とか、方針を示していただけで
やるべきことを、きちんと彼らのキャパシティよりプラスアルファして与えれば
やる子はやるもので
それが学習なのでしょう
昨年暮からすこしづつ自分も宿題を増やしだしてみました
初回はだいぶ甘えてやってこない子とかもありましたが
きちんとこなす子がまわりにいる事を自覚するとやるもので
最近は全員必死に勉強するようになり
そうすると、表情もひきしまり、自信もでてきたようですね
ぐんとここで一歩成長したようです

昨夜、近々ゼミ発表があることを聞きました
よいことですね
学生時代は、本当に勉強したい事を専門の各先生のもとで勉強でき

私がいまもし学生だったら〜
o(^-^)o
今の仕事に直結しますが国語、歴史関係、勉強したいなあ
数字の世界が大好きできましたが
文系がとても苦手で
せめて名だたる著作物等読んでおけばよかったなあとか、その時代背景とか知りたいなあとか
o(^-^)o
といっても
やっばり数字が大好きでありますが
とくにゼミはおもいきりオタクになれる時間だったなあと、自身をふりかえるとそう思います
自分が今の仕事をずっと続けられるのも、学生時代、出来は別にとりたてて優秀ではなかったようですが、大変であり楽しかったから今があるのかなと思います
本当にやってみたい事、勉強してみたい事、今、自分がお世話になっている短大でもたくさんのゼミがあるようですのでチャレンジしてみればよいですね
私のゼミだけでなくいろいろなゼミにも興味もってみましょ
逆にパソコン苦手でもやってみたいという強い意志がある学生さんならどなたでも歓迎です
やる気がないとうちのゼミはちょっとつらいかな
ちなみにゼミも科目履修の方受講できます
自分のゼミにも科目履修の方いらっしゃいます
これは、社会人の方にとっては、とても魅力的な事ですね
勉強することって、やりだすと、ハマルと実に楽しく刺激的だと
思う私はまだまだ進化したいです
さて
アタシにとってのポーションをこれから補充して
(^O^)/
今日も一日がんばりましょう
今日は一年のゼミあります
いまちょっと大変なのですよね〜
がんばりましょう!
[PR]
by suwanagano | 2010-01-21 10:20 | Trackback | Comments(2)