<   2011年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧


きれいだね 12月への誘い

b0003483_2335534.jpg

b0003483_2335531.jpg

気になる黒板をうふふと笑って通り過ぎ
階段のぼったら
あら素敵
今年もスノーマンが窓際に座ってた
はしゃぐ声が近くで聞こえ
目をやればそこには素敵なクリスマスツリーをバックに写メしている女の子達
明日も素敵な一日になりますね
[PR]
by suwanagano | 2011-11-29 23:35 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(1)


おなかすいた

b0003483_188830.jpg

5時限まであるとき
いつも帰りに気になる学生食堂の隣にある黒板
ハムのものかあ
おなかすいた
5時限までの時は、まあちゃんがお夕食をつくってくれます
ハムカツだったらどうしよう
さて かえろうか
[PR]
by suwanagano | 2011-11-29 18:08 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)


大船渡から石巻へ

私は地図に疎い そして、歴史に疎い そして、市町村合併による名前の変更に弱い

大船渡より石巻に日曜は移動したのだが、大きく迷い、渡波イオン方面に車を走らせていた
懇意にしている方の所に寄りたくて、荒野となっている海岸沿いを走らせていたのだが
電話の説明と場所が一致しない
近くの中学校の名前を聞き、やっと納得
岩手県北上町は、2005年に石巻に合併したのだった
北上川の津波により、沿岸沿いが壊滅状態となっていたことを
想像を超えるものであることを、考えもしてもいなかった
岩手県石巻市の大川小学校の70名を超す犠牲者のニュースも
校庭で並んでいる時に津波にのまれた、とか、避難方法が間違っていたのでは、などなどのニュースは耳にはずっとしていたが
石巻とひとくくりで報道されている中で、地理がよくわからぬ私にとっては
海岸沿いの石巻市のニュースと同じように、海の津波により、沿岸部にて震災が起きた程度の幼稚な情報しか持ち合わせていなかった

おだやかな田畑を越え、田舎の懐かしい家並みが続き、なぜにして、こんなに海から離れた場所に仮設住宅があるのだろう、
そんな想いで電話で方向を確認しながら車を走らせ
そして、雄大で、湖かと間違える程の美しい北上川の土手を車で走りだし、そして
絶句した
海岸沿いではなく、北上川が津波により、防波堤を越え、すべてを壊してしまった事実を目にし
信州、諏訪地方、伊那地方では想像もできない川の広さに、なぜこんな山の中に、仮設住宅があり、暮らしているのかが理解できた

ご主人を亡くされ、いまだご親戚の方が行方不明の方のお宅にて
朝から用意して待って下さっていた昼食を頂いた
今年はとれなかったけれどこれは北上川のしじみ、冷凍物だけれどと、お話しして出してくださったしじみ汁は
とっても大きく、美味しく、お腹も心も温かくなった

お話しした後、帰りには、家のあった所に連れて行ってくださると
自分の車に一緒に乗っていただき、家のあった場所に連れて行ってもらった

数メートルも地盤の下がった土地に、新しい仮設の道と仮設の橋
夕暮れに照らされる美しい北上川が、津波により、防波堤を越えたのだと、すべての家が波にのまれ、屋上に避難していても波にのまれた様子を、まだ撤去されていない公共施設を目の前に、話してくださった

悔しいね、悔しいね
その言葉しかでてこないお母様は
それでも何もなくなった土地に目をやっていた
さら地になった家の土地であったけれど、
この日も、またひとつ、床の間に飾ってあった置物と灯篭が、敷地内に置かれており
埃にまみれ、角が欠けてしまった置物を、お母様は大事に抱えた

この日は、学生も一緒に、お邪魔していた
お仏壇に手を合わせ、家の跡地を歩き、今も残る14時45分を過ぎたまま止まる時計を見た彼ら
200世帯も暮らす仮設住宅で、持って行った物資はほんのわずか
壊滅的な公共施設、日用品販売店舗もなく、車も流された仮設住宅で
026netに集まった物資を車から降ろす手伝いをしてくれても、まったく物は足りない事を痛感した事であろう

道路を、小学校を、公共施設を直すには莫大なるお金がかかることを
仮設住宅の方に元気になってもらいたいと、各地から来て体育館で演奏している音を聞き
ボランティアで、とん汁ややきいもを作り、年老いたおばあさん方が、それでも夕陽にてらされながら
笑顔を見せて、並んでいる姿を
それでも、学生たちを気遣い、覗き込むように彼らに話しかけ、来てくれてありがとう、と、言ってくださる姿に
お土産まで用意してくださっていたお心に彼らは触れ

彼らは、帰路800キロの間、途切れなく、ずっと車中、災害の事について話をしていた

大きく何かをひとつ見たことであろう
急に、生き方や考え方が変わるものではないけれど
でも、19-20歳の若者が、今度は、もしも、どこかで震災が起きたなら
今回の、岩手宮城の出来事と、人の痛みと、自然の恐ろしさを、頭ではなく、身体と心で理解することができるであろうと

そんな事をおもった宮城県石巻市に合併されていた北上町でありました

北上川は、まったく違う事で印象深く
岩手県を源流にして、宮城に流れている川であり、母とか口ずさんでいるのをなにげなく聴いており
きれいな歌詞だなあと、耳にするたび思っておりました
おそらく、同じくらいの年齢の方々は、ご存じかと思うけれど
北上夜曲という歌
また、石巻といえば、志賀直哉、城の崎にて、を、小学校の頃、しかめっつらして何度も読みかえして大人ぶっりたかった時期があった懐かしい思い出があります

ちなみに偶然、今回、026netに届いた物資のなかに
尾道の幼稚園のママさん達から物資があり
志賀直哉が、尾道に住み、大作の暗夜行路が舞台になったことは、あまりに有名なお話で
たまたまの偶然であるけれど
広大なる北上川を見て、いろいろな事を思い出しもした東北でした

せっかくなので、北上夜曲、ユーチューブにあるかあな、と、探してみたら
ありました *^^*
昭和歌謡曲
ザ・ピーナッツ、という名前は聞いた事、私もあります

http://youtu.be/3X8Yq3S67hA

まだまだ大変な時節、被災地の皆様の生活も大変なばかりであると思いますが
被災地の皆さま、どうぞ御身体ご自愛くださいませ

そう、信州蓼科から、思う11月29日なり

b0003483_0481990.jpg

[PR]
by suwanagano | 2011-11-29 02:40 | 連絡 | Trackback | Comments(2)


蓼科 薄い雲におひさま

b0003483_8184525.jpg

あたたかい信州 蓼科
宮城 岩手も天候に恵まれました
昨日は ご主人を亡くされた方が
おもいきりのおもてなし料理にて仮設住宅にてお昼をいただき
今なお残る自宅周辺を案内してくれました
小食の学生が
つくってくださったお料理おかわりまでして食べたり
帰りに
またいらっしゃいの言葉に
思わずだきついた学生の姿をみて
東北にきたやさしい気持ちが見れました
若者たちに夢を希望を託しましょう
託せる大人としての行動をとりましょう
自身をあらためて省みました
さあ
一週間はじまります
がんばりませう
[PR]
by suwanagano | 2011-11-28 08:18 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)


まだ道のり遠く

おはようございます
昨日は夕方になりだして、ぐんと岩手は気温が下がり、肌寒く感じる季節となりました
奥州から大船渡にはいる山道の路肩には、雪が残っておりました
スタッドレスを自分ははいておりますが、カーブも多い峠ですので、山道、冬道に慣れていないドライバーの方々は、日陰など凍りやすい時節、十分おきをつけください
と、思った山道でした

陸前高田、大船渡、にお邪魔しております
寂しく瓦礫と化した山が積まれ、寂しくすっきりとした町並みが多くなったと感じたものの
すぐそばに寄れば、まだ、田畑に廃材は流れ、多くの大型バスからは
瓦礫撤去にやってくる方々がおられ
冬に向かいながらも、まだまだ道のり遠く、の、東北地方

学生2名、現地では、多くの大人、子供と接しましたが
現地の皆様より、多くのことを教えていただき
多くのことを反省し、成長してほしいと願っています

生きていくために、パフォーマンスも、格好も、美しい言葉もいらなくて
何が必要なのか、私達にとって、被災地から義務として託されたこと

しっかりと胸に刻み、今日も元気に過ごしたいですね

さて、本日も素敵な一日をお過ごしください
素敵な一日を過ごしたいと思います

b0003483_6272521.jpg


b0003483_6271880.jpg

[PR]
by suwanagano | 2011-11-27 06:36 | ご案内 | Trackback | Comments(0)


蓼科朝

b0003483_7565818.jpg

さて 東京周りでいくか 佐久でいくか 迷う いきまあす
[PR]
by suwanagano | 2011-11-25 07:56 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)


Sわらさんからお預かりしました&夜なべおしごと

本日は、佐久まで車で行き、新幹線に乗って埼玉
平井堅さんのコンサート、はじめて行った
すごい人で、驚いて、この人の声は楽器だなあと、生で聴く歌声よくて、恰好よく
ピアノ大好きなので、インストゥルメンタルのEVEN IF聴けたのはうれしかったですねえ
と、二万人のお客さんを前に、すごいなあと
音楽は、心をすぅっとお洗濯してくれて、気持ちよいです 今夜はなんだか観終わって
素敵な女性になりたいなあ、などと、思ってしまった怪獣ブースカでありました
・・・知っている人少ないか、ま、いっか

帰宅後、オフしゃるグッズのべっこうあめをなめながら、金曜から東北に行く準備
以前、私は、ボランティアはしない、支援ですねと、どこかで書いたような気がする
1年生の子に問いかけられたので、あらためて答えたのでが
ボランティアは、正確に言うと、できない、のであります
私の財力では、とうてい公平に、は、できないし、持続してやっていけるかも定かではなく
なので、ボランティアができる団体なり、行政なりに、任せるものは任せ
もっと語彙の広い部分での、お手伝いが、ささえ、援助できるものが何かできれば
いいな、と、そう思っている
という事です
なので、自分達の知りうる範囲の方々にしか、お渡しすることもできませんが
それでも、すこしでもお役に立てれば幸いかなと

そんななか、金曜から学生さんが、現地でボランティアに参加をしてみたいと
本日、連絡がきました
えらいですねぇ と、しみじみ思った本日でした

先日の日曜にはSわらさんより
お米30キロ、洋服、ポケットティッシュ、その他たくさんお預かりしました
明日、THANKSブログのほうにアップいたします
感謝です

自分は
数日前から、飯田水引協同組合さんより頂いた水引素材と、隣の森の中を歩いてひろった
松ぼっくりや、シダや針葉樹の茎葉をリースにしています

水引素材を被災地に置いてきたのですが、なにを作っていいかわからないと言われる方も
いらっしゃるので、見本で、いくつか作りました
なんでも、できるのに、と、なぜだ? と思っていた時期もありましたが
とある方と、先日お話しした際に
人はね、たとえば、ここに一枚の布があっても、それから創造していくことができる人は
なかなかいないものなのよ、と、言われ
ああ、そっか、と、気づいた次第でありました
逆に、私なんぞは、与えられた事だけを同じようにずっとやっていなさい、などと言われたものなら
数日ともたない性分で、人それぞれの特性があるのだと
その方から、あらためて、教えていただき、
それでは、と、夜なべをはじめた次第でした

あと、今回は、石巻にもお邪魔する際、子供で女の子ちゃんたちが居る仮設住宅だそうなので
隣同士の、おばちゃん、おばあちゃんたちが、彼女たちに、プレゼントつくってあげれるように
リース素材を揃えました

新幹線あさまにも、つながろう日本、と、かかれたステッカーがはってありました
水引も、もともとの意味は、心と心を結ぶもの

ワイヤの代わりに、色とりどりの水引を結び、オーナメントを飾り、子供達が笑顔になってもらえれればと
思うのですが
なにせ、ワタクシ、このように遊びあるいているもので、、、
寒くなるこれからの季節、仮設住宅の方々に、想いを託して、用具も一緒に渡して来ようと思います

あと
ボランティア、に、戻りますが
上記理由から、個人での支援や、NPOの支援といっても、また、大学等の支援といっても
ぜんぶ、最終的には、お金がかかること
支援するほうも、無理がたたれば、支援どころではなく、自らつぶれてしまうもの

そんななか、国が、支援をここで発表し、これは多くのボランティア活動をしている人たちには朗報ではないかと

条件は、もちろん、今日現在支援活動を行っている市町村やNPOや大学となるけれど
総額2億円程の予算が計上されたそうで、被災地で、ジレンマに陥っているボランティアをされている方々にも朗報かと

ご存じかもしれませんが、東北に行ったら、こういう事もあることをご連絡しようかっと思います

でも、でもね
これを、また悪性しようと思う人とか
税金のバラまき、とか、一部の人たちの利益になるような流れには
なってほしくないなあと、、、ないなあ、、と、切に思うのです

予算かあ、私も、もしも予算ついたら、あーいうこととか、こーいうこととか
いっくらでもできるのになあ、、、、、とか
思うのですが 思うだけかな? ま、いっか

あとは
せっかく大船渡に行くので、ポルコロッソさんというイタリアンにも寄りたいと思います
これは、ツイッターでフォローさせていただいている方のふぉろわーさんに、このレストランさんがあり
美味しいですよ、との事なので、ぜひお寄りしたいと思っております

イタリアン好きなのですね それに、海の幸は、、、どうなのでしょう まだだめかな? いけるかな?
いけるようなら、それもお聞きしてみたいと思います

そんなこんなで夜は更けて

今日は気もちよく眠りにつきましょう
わんこは、となりで、鼻息くーくーたてて寝ております

おやすみなさい


Sわらさんから 洋服とかお米とか、いろいろ、ありがとう
b0003483_2164086.jpg



これが夜なべの正体
b0003483_2165610.jpg

[PR]
by suwanagano | 2011-11-24 02:17 | ありがとう | Trackback | Comments(0)


埼玉スーパーアリーナ今回も

b0003483_16152492.jpg

恒例のトラック
埼玉は
前回は ひむろきょうすけさん 前々回は はまだしょうごさん
こんかいは ひらいけんさん
ん〜 方向性ないね
[PR]
by suwanagano | 2011-11-23 16:15 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)


天気よし佐久平

b0003483_11245616.jpg

八ヶ岳の裏にきました
佐久に住んでいる人はこちら側が八ヶ岳の形なのでしょうけれど
本日は新幹線に乗るため佐久平へ
本日はスーパーアリーナ、まさかのJCBの抽選であたってしまったコンサート
平井堅さんコンサートはじめてみます
どんなんなんだろ?
音楽に浸り、明日はお仕事、明後日は
再び今度は東北にいくため佐久に参ります
1日の移動距離なんぼやん?
さすがに母親呆れ顔
まあね
まあね
今しかできないからね、と、弁解しながら
本日も快晴なり
[PR]
by suwanagano | 2011-11-23 11:24 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)


今日は母とデートかなあ

昨夜から本日は雨だという予報の通り、朝、雨音で目を覚ました土曜日の蓼科の朝
あたたかい朝、雨がふると、この季節は、温かい 湿度があるので、乾燥している蓼科周辺も
いつもの気温より体感温度があがっている
今日は、テレビ屋さんが、岡谷に来るので、はやく動かねばならない
新品で購入したテレビ、母が足をひっかけて、ジャック口からもぎとられてしまった
あら、たいへん、テレビが映らないのよ

、、、、、--;
ひっかかるようなテレビの設置をした私がいけないのである
年をとると、プラス、私は年をとったからわからないのよ、取説みてもわからないのよ
そのうちに
もし私が倒れていたらどうするの? 子供なのに優しさないわね、などなどなど

母が誕生日をむかえる
そして、来月には父の命日を迎える
温暖の差が激しい季節、私でさえも、最近父の夢を見るようになり
それもリアル夢にて音声付の夢を見るようになってしまったなかで
母などは、もっと深い想いがあると思う

震災について、自分は、個人知人友人間で、の何かできることはないだろうか、という理由から、東北に向けて
支援物資を送ったり、コミュニケーションをとったり、できる範囲の事でしかないが、行っている
当初から、被災地からは気まぐれな活動とか、ボランティア活動されている方々からは煙たがられたりしていたが、あまり気にせずやってきている

自分は短大でゼミを受け持っているが、情報ゼミであるなかで、本年の課題テーマとして、情報支援について、ゼミ生達で学んでいる
当初は、震災についての意識も薄かった彼らが、自分たちなりに考えるようになってきた
情報支援なんて、できっこない、と、当初から非難するツイッターやWEBの書き込みなどももちろん未だにあるが、それでも、官公庁はじめ、多くの全国の自治体や企業が、東海沖地震や、今後起きうる災害への危機意識も持ち、放射能への対応についても、情報というものの重要性をより認識し、被災地では情報弱者への対策を多く試みている

昨日、新卒に関する就職率が報道された
50パーセント程の内定率、企業も採用する余力があるかないか、厳しい状況は続く
高齢化は進む
復興財源は膨大な金額が必要となる
世界的にはTPPや、ヨーロッパ経済の不安定要素があったりと

よく経済エコノミストが表示する、10年後の日本の経済予測は、というものは
どうも今年はまったく当たらないものとなってしまった次第

そんな事をおもった昨日だった

実は、昨日は、東北に関して、嬉しい事、がっかりした事、入り交ざった一日だった
しかしながら
東北とかかわっていたから、そのような経験もできる次第
情報の正確性、人間心理、表現方法、などなど
年とった自分でも、多くの経験を積むのだから、学生たちには、数十倍もの見方や経験を積むことだろう
教育という現場でも働かせていただいている中で
どれだけの事を、彼らに学んでもらえるか
彼らのツイッターでのつぶやきを見ながら、あらためて感じた

さて

霧がでてきました 窓の外、あたりが何も見えなくなってまいりました

今日も元気にまいりましょうね
[PR]
by suwanagano | 2011-11-19 07:36 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)