Fuwari_fuwari ふわふわり suwa.exblog.jp

ながのひむかいこんにちは


by SUWANAGANO
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧



青空が見える蓼科の朝

昨夜からぐんと気温が下がり
夜明け前に、裸足では寒く靴下をはき
半袖のTシャツでは寒くてウィンドブレーカーを着こんだ

毎年お盆を過ぎると夏は終わる
暑い時は涼を望み
すこし涼しくなり始めると
過ぎる夏が名残惜しくなる

つぐみが今朝はよく鳴いていて
今日は動物たちもご機嫌なご様子

少し思うことがあり
そんな事を思っていたら
ちょっとした驚きのものを目にした
ふと自分自身も、いろいろと考える

ただ
考えても目の前の事はとりあえず変わらないものなので
とりあえず目の前の事に没頭する

なにかをどうしてもやってみたい時は
人にいろいろ相談するものだが

私もいろいろ相談し、結局
やってみたら、と、言われる
ダメもとで
やってみたら
どうなるか、、、な

写真はまったく記事には関係のない別のもの
美しさに魅せられて、本日朝になってしまった

b0003483_617029.jpg

[PR]
by suwanagano | 2013-08-28 06:17 | 今日の蓼科 | Trackback | Comments(0)

昨日、上野のルーブル美術館展でルーブル美術展を見ました
ギリシャ神話や歴史が好きな人はおすすめの展示会ではないでしょうか
私にとっては、上野の森は
1人で何時間でも過ごす事のできる場所で
今回の展示会も1人でしたが、
日曜の早い時間でありましたが
1人で訪れている若い女子や男子、おじいちゃんや
おばあちゃんもたくさんおりました

それでも、大変な混雑で
全部見終わるのに2時間かかりました

私自身は、実は神話等自体ははあまり夢中にはなれぬもので
小説や戯曲に登場する時に改めて都度気にする程度で
ちょうど、美術展を見ている時
近くの大学に通う男子学生たちが、勝手きままなる解説を
しながら展示物を見ており
その話がとても面白かったので、貸出レコーダーよりも
彼らの話に耳を傾けながら私も見てきました

CMや、パンフレットにも掲載されている
ギャビーのディアナは、本当に美しく、惚れ惚れと身近で見ました
想像以上に実物は大きく、すぐ近くで見ることができるとは
思っておりませんでしたので
至極の幸せなる時間でした


そのまま帰宅すればよいものの
やはりちょっと、電気街へ、と、なる次第で


今回は、ディアナの印象よりも嬉しい収穫にて帰宅いたしました

先日、携帯のカメラ機能が壊れ、スマフォに変えたのですが
当然ながら、いろいろなアプリをダウンロードしているうちに
ふと、気づきまして

電池がかかる、暇になるとついアプリを起動してしまう、結果、使う機会が増える
すると、電池の消耗もはやくなる
スマフォの持ちも短くなる
安いものではない


特にポットキャストと電子書籍とリバーシをしている自分が
一台では、危険すぎ
8インチタブレットでは、音楽のために起動しておくのは勿体なく
PCは大切な仕事のものでありますから


今更と帰宅後さんざん言われましたが
ウォークマンを購入いたしました
でも
良いお買い物であります
スピーカー付きで1万円ちょっと
アンドロイド、Wifiですので
ポットキャストも、
音楽関係と、ユーチューブやその他動画関係のものは
全部ウォークマンにまとめてしまいました
一番は、らじるらじるで番組予約をしての英会話番組が
できること
小さければ小さいほど電気の消耗は少なくなり
自宅では、スピーカーに置いておけばよく

アイフォンがラジオ代わりで使用しておりましたが
これも壊れて使えなくなり
音楽なしでは仕事できない自分にとって
1万円ちょっとならば、壊れても他の機器よりも安心で
ラッキーなるお買い物でした

ちなみに、8インチタブレットの現在の使用は
もっぱら8インチで電卓と、電子書籍と
ノートとしての機能は、やはり大きな画面は楽で
もっぱらHandriteを使用しております


という
紀元前4世紀から現在に至っても
美しさを保つディアナに魅せられて
曲線描くショッキングピンクのスピーカーから流れる
海外のポットキャストを家で聴ける

なんとも素敵な時代ですね

ルーブル美術館展は
http://louvre2013.jp/index.html

ウォークマンはFシリーズからWifiがつきました
http://www.sony.jp/walkman/hikaku/index_jp.html

b0003483_216637.jpg

[PR]
by suwanagano | 2013-08-26 21:06 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)

昨年、および2年前に卒業し
陸前高田に行ってきた学生さんたちは
気になっていると思います

震災があった年に、ゼミでいろいろと勉強をしていた時に
自分たちで被災地に行ってみたいと
自分達でボランティアバスを見つけ
皆で計画をたて、自費で現地を訪れ
側溝の泥除去作業などをしてきた子達は
私は尊敬を今でもしています
また、行って来いと言われた親御さんたちにも
尊敬をしています
1人で、行ってきたいと相談をし、他の日にボランティアバスで
作業をしに行った子も、尊敬をしています
彼らは数十年後もテレビや新聞の報道を見れば
当時の様子を話す事ができる、大切な情報の記録者たちです

陸前高田にも、先日、多くの観光バスがきていました
松を見に来た人たちでした
大船渡駅やかき小屋は若者や親子連れの観光客が訪れていました
どんな形であっても
被災地を訪れる事は大切な事だと思います
実際に訪れるのと、テレビで見るのとは
特に2年たった今、感じ方も大きく異なることと思います
草原一面となっています
建物がほとんどなくなりました
車のつみあげられていた所が運動広場となっていました

当時は、被災地へ元気になってもらうようにと
縫い物を一生懸命する子もいました
先生から、とか、授業でだから、とかではなく何かをしていた子達
皆、自分で物事を考える事ができる子達でした

当時、現地で作業をした学生さんたちも
また、何年後にか
機会があったら、今度はゆっくりと東北を訪れてみてください

写真は、現在の陸前高田です
印象深い卒業生さんたちでしょう
こんな感じです
こんな感じの所を、現地に住む方々は
当たり前に通っています

高台は、山を平地にし、造成作業が行われていました
まだまだたくさんの人たちが、仮設住宅で暮らしています
どうにもこうにも、復興までには公共工事についても
莫大なお金がかります
加えて、福島原発は、いまだ先が見えないニュースが流れています

大変な時期はまだまだ続きますね

b0003483_6573213.jpg
b0003483_6572037.jpg
b0003483_65794.jpg

[PR]
by suwanagano | 2013-08-24 06:58 | ご案内 | Trackback | Comments(0)

福島にきています


岩手、宮城とくれば
次は福島
うつくしまふくしま
暑さはそんなにきびしくなく
福島駅〜
微妙に色使いが鮮やかになってきました
東京に近いからだしょうか
b0003483_1813375.jpg

b0003483_18134092.jpg

[PR]
by suwanagano | 2013-08-21 18:10 | Trackback | Comments(0)

宮城にきています


宮城にきています
高速おりてトンネルぬけると
街なかで
人も車も多いけれど
街路樹がもっと多く森の都
伊達政宗公の英華の頃を想います
b0003483_7273540.jpg

b0003483_7281592.jpg

[PR]
by suwanagano | 2013-08-21 07:22 | Trackback | Comments(0)

盛岡に来ています


盛岡に来ています
本日は雨
霧がでています
静かな朝です
美しい緑の街です

b0003483_5571677.jpg


b0003483_5595733.jpg



柏の木が多く見られます
柏餅がたくさん作れます
[PR]
by suwanagano | 2013-08-20 05:58 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)

私には、おひとり、心より尊敬している方がいる
時々ブログにも書く方であるが
短大で公開講座があった時にお知り合いになり
その後、ずっと親しくさせていただいている方である
御年90歳になりますか
毎年必ず暑中お見舞いのお葉書をくださり
その方のお葉書を見て、24節気をあらめて思い出すのです

そして私の夏の楽しみのひとつとして
自分は和菓子が大好きで、この流通の便利となった時代
お贈りする事が可能な全国のおいしいお菓子なかから
この方に美味しい夏のひとときを過ごしていただきたく
ほんの気持ちばかりのお品であるけれど
お菓子を選び、お贈りするのが習慣となっている

この方は、とても丁寧な方で
ほどなくすると、お菓子が届いた事を御礼のお葉書として
わざわざお送りして下さる
かえってお手数をおかけしてしまうものだとも思うのだが
しかし
このお葉書が毎年、たいへん美しい文章で
私にとって、宝物になっている

余白、行間ともに、分量に対して絶妙なる設定で
パソコンで入力された文章は、
この方のお人柄が拝読できる、無駄のない、何度読んでも
清々しい気持ちになることができる美しい文章で

私が会社勤めをしていた頃、その会社の本体で働いていた方で
今回も、お贈りした地方への出張の事が書かれていた
その方のお葉書を拝読しながら、成長を遂げたその企業の事や
その方が訪れたお贈りしたお菓子のある地方を、
あらためて想像する事ができるのは、なんて幸せなんだろうと
いつも思うのです

多くの経験をされてきた方が黙して多くを語らず
しかしながら、折り目正しく、豊かな人生を送っていらっしゃるご様子は
憧れるばかり、人生の先輩として尊敬するばかり

頂くお葉書は、毎回大切に仕事机の目の前に貼らせていただいております
自分に余裕がなくなってきたときに、ふと仕事で疲れた時に
迷う時に、心静かになりたい時に拝読して、笑顔になれる、魔法の葉書
今年も郵便やさんが届けてくれました
[PR]
by suwanagano | 2013-08-17 05:56 | ありがとう | Trackback | Comments(0)

岩手のあなたへ


岩手のあなたへ
残暑厳しい毎日のなか

大丈夫ですか

周りは新しい住居に移ったり
気持ち新たに未来に向かっている姿を目にして

自分だけは、なぜだろうと
悲しくなったり、焦ったり、泣きたくなったりしている今日この頃に

震災から1年2年は
生きるために、必至になり
だから、がんばれ! がんばれ! と
伝えてきました

でも

どうがんばっても
現状は何ひとつ震災の後と変わらず

心の痛みが限界に達して身体に現れてくるここ数か月ではないでしょうか

がんばれ、とか、それでもひっぱりあげて生きる事を伝える時期は
もう過ぎて

よくがんばったね、と
心から思います

私が逆の立場だったら、どうだったのだろうか
とっても弱くて
貴方のように、ここまでがんばってはこれなかったと思います

おつかれさま

まずは身体をしっかりと治して
それから、進みましょう

大切な岩手の友人が、身体を壊して手術を受けたと聞いた本日
このように精神的に限界に達し、身体を壊していく若い方々が多く出始めている東北地方

現実には、お手紙でも、食べ物でも、衣類以上に
現金が必要で、でも、働けない方々が多くいる現実を
私達、同じ日本人は、意識していかなければならないと改めて感じた本日でした
でも
それでも、我慢して、じっとこらえている方々が多いのが現実でしょう
声を出せる人は、まだ良いのです

声を出せない人、助けて、と言えない人が心配です

東北にまいります
[PR]
by suwanagano | 2013-08-17 00:43 | 連絡 | Trackback | Comments(1)

学生の作品


WEB等、自分のサーバーにいつもアップしているのですが
せっかくなので、pinterestにアップしました

学生さんたちの作品です
必ず自分の撮影した写真と
指定個人商用利用加工OK写真素材サイトのカテゴリから瓶を必ずひとつ使用し
指定された技術を3つ以上使って作品を完成させることが課題だったのですが
時間のある子達は、プラス自由に作っておりました

プレゼンでもWEBでもワードでも、写真加工は必須ですね
あくまでも、芸術性を追求する課題ではなく、指定された3つの技法を使用した課題です
彼らの発想は面白いですね

http://pinterest.com/kaikun/japan-honan-junior-college-students-cg-works/
[PR]
by suwanagano | 2013-08-04 13:39 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)

日曜日です
自分は、お仕事として、企業、団体、個人の方々のお仕事とともに
短大から講師のお仕事もいただいております
特に短大の今年の前期は、最低限必要な知識と技術が必要なために
前期後期、1年2年のなかでの開講の変更があり
週15コマという状況でありまして、一瞬でも気を抜くと、すべてが
ボロボロとなってしまうため
短大では、休み時間ともに気を抜くことができない日が続きました
後期からは、その分、科目は少なくなるので、ほっと一安心
もとの流れに戻ります

その短大も、いよいよ受け持ち科目すべてが期末試験が終了となり
これから、最終的に採点をつけはじめる日曜日です

短大に感謝することのひとつに、毎年、1年の前期は1年生全員、言コミも幼教も、
必須科目があり、全員のスキルを見ることができます
今年は特に変化が見られた年でした
色々と調べてみましたら、全国的にもその傾向は伺えるようで
ゆとり世代と言われる年代も彼らの年代から終了の兆しは見えるような感があります

今年は、講義内容も、昨年よりも高度にしました
同時に、小学校の時の基礎国語、算数、も、時間があるごとに行いました
難しい、授業が早すぎる、という声も昨年よりも多く学生からもらいました
そして結果として

明らかに、昨年よりも成績が高くなっていることに、嬉しい感想を持ちました
授業が早すぎる、難しいという声が多かった事は
同時に、復習をしなければついてこれないことを自身が理解した事で

特に言コミの子達の成長は、私自身驚くべきものがありました

これは
ある科目の5時間目、授業は最終の時間で、列車通学の子達は時計を見て
チャイムと同時にとびだす事が毎年の光景のなか
今年の、後半となってくると
チャイムがなり、終わりです、と、言っても
誰一人帰ろうとせず、必至になって、理解しようと
全員が帰らず勉強を続けていたという、帰ってよいのですよ、と、声を
かけても、笑いながら勉強をしている彼らの姿は、
本当にひさしぶりに短大で見る姿でした

去年までも、成績が良かった子達は、授業が終わった後に
復習をして、課題もやり終えて帰宅している姿は見られたのですが
今年は、ほとんどの子が同じ事を行っており

結果として、成績が上がっておりました

これは、他の科目の先生方のご指導も多く関わっている事と思います
休み時間に、お昼時間に、セルフチェックテストをずっと行っている姿も
今年は多く見受けられました
勉強することの大変で面白い事を、短大で改めて学んでいる彼らでしょうか

もうひとつは
真面目度と興味あることへの集中度の高さ
これも、大人がいかに上手に伸ばしてあげることができるか、に、かかっていると思います

だから
私は大人として、子供達に恥ずかしくない仕事や生き方をしたいと思います

ちなみに
だから、DAKARAのしずくちゃん、ファンです
http://matome.naver.jp/odai/2134264375748110601
[PR]
by suwanagano | 2013-08-04 09:41 | ご案内 | Trackback | Comments(0)