Fuwari_fuwari ふわふわり suwa.exblog.jp

ながのひむかいこんにちは


by SUWANAGANO
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧


今年もこんな時期


b0003483_1484082.jpg

クリスマスケーキは
毎年予約します
茅野市役所すぐそばの不二家ペコちゃんのお店で予約すると
その場でお皿を頂けます
今年のお皿可愛いです
お皿と一緒に300円割引券も頂けるので
予約したたあと
ペコちゃん御菓子も買えます
今年もそんな季節になったのですね
早いですと感じるのは
どうにか必死に毎日今年も生きてこれたからなのか
やることがノンビリ過ぎるのか
11月ももうすぐ終わります

もうひとつ
土曜日なので見ていたら
ありましたもの、これも大好きCM
http://choris.jp/movie/sidestory/
ちょリス
これまた好きなキャラでCMも面白い
しかしながら新規加入でないとプレゼントもらえないとのこと
一回解約して、ぜひいただきたいものですが、、、
無理かな

ちょリスさんのインタビューは


ダンスは


可愛いですねえ

新春にむけてはちょリスくん素敵な舞


このような系 個人的に大変好きですね
[PR]
by suwanagano | 2014-11-29 14:08 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)

霧一面の蓼科の朝


おはようございます
夜明けのお散歩は山々のシルエットに淡桃紫色の空が美しい朝でしたが
8時をすぎ、辺り一面霧につつまれています
霧、よりも、諏訪の平から見れば雲の中、という状態でしょうか

さて
最近の気になったニュース
阿蘇山が噴火、火山灰が街にふり、大変な様子をニュースで見ました
活火山の麓ならではのご苦労も多いと思います
日本列島がなかなか落ち着きが取り戻せない状態です
注意深く様々な情報に注意していたいですね

あとは
コンピュータ関係の犯罪の検挙ニュースがありました
ネットの空間は、自身がパソコンを触っていると、初心者程、自分の見聞きする情報のなかで
自分中心に物事の判断をしてしまう傾向は強くあります
ところが、世界中に繋がり誰とでもコンタクトができるということは
誰からも見られているという事や
同じ価値判断の人のほうが少ないという事を意識していなければならないツール
じゅうぶんな注意が必要ということは、初心者程に無防備になります
ネットの取り締まりがあっても、ほんの氷山の一角
自分自身でも、注意が必要な時代ですね

先日
情報関係の高校に進学された親御さんから学校の様子をお聞きしましたが
携帯電話の校内での使用は禁止で、見つかった場合は没収だそうです
アメリカの映画でも大学で講義中の携帯電話の使用は没収、というシーンはよくでてきますので
当然といえば当然なのですが

と、なぜこのような事を書くのかというと
もうひとつ気になったニュース
各携帯電話会社が、いよいよウェアブルウォッチの発売に力をいれてきた記事が多く見られ
ソニーエリクソン等は、かなり前から海外では販売されており
腕時計好きな私にとっては魅力のあるツールなのですが
はてさて
利便性と教育とセキュリティ、情報漏えい、情報倫理
さまざまな問題が一緒についてきます
今朝、テレビで韓国の話題で、カカオトークについてのサイバー亡命の話題もでていました
内容自体が政府に監視される事を嫌い海外のアプリに乗り換える人がいるという話題
しかしながら
無料で使えるという事は
その内容はたとえ鍵がかけられていてもデータベースとして蓄積されていくもので
私が例えば情報収集に使用しているツイッターにしても
登録してから現在までのツイッター内容をすべて読むことが簡単にできるサービスも始まることは
簡単にデータ分析もでき、言葉からその人物の性格までも解析できる時代になると
便利になると裏腹に、発信する事の慎重さと用心さが
より求められる時代となってきているなと
しみじみ思いました
くわえて
ここ数週間、すこし英語に関わる案件が続き
小学生から当たり前のように英語ができるようになれば
世界はより広がりますが、より危険性も広まるという事も自覚していかなければならない時代
大変ですね


思いました

しかしながら、もう一件
和紙が、世界の無形文化財に登録されたというニュース
WASHI
ネットの世界も実社会においても、グローバル化の波は加速化されています

危ないけれど、でも、私個人的には、やっぱり嬉しくわくわくします
英語が苦手な方であっても
大丈夫、あと数十年たてば、自動翻訳機能に優れた機器がたくさん市場に出回ることでしょう
それまでの過渡期は
英語辞書を片手に、はうわいゆー、と、英語を勉強いたしましょう
プログラミング関係は、英語が読めないと、どうにもこうにも仕事が進まない時代
私も英語辞書片手に、はうわいゆー、と
今日も元気にまいります
[PR]
by suwanagano | 2014-11-27 08:48 | 今日の蓼科 | Trackback | Comments(0)

3連休がおわります
例年ならば勤労感謝の日、と、勤労を感謝してお休みの日ですが
今年は11月22日の夜に、長野県北部を震源とする地震がありました
局地的な被害でありながら倒壊損傷の家屋は100棟以上と報道されており
地震の強さを物語っています
幸いにも、今年は雪がまだ降らずにおりましたが
これから積雪が特に多い白馬、小谷は
道の復旧作業や、家が倒壊して住むことができない方、また、倒壊はまぬがれたものの
修復をしなければならないご家庭などは
寒さと雪に備え一刻も早い生活確保が必要とされている厳しい長野の冬の始まる中での
災害でした

災害に何かお役に立てる事はないだろうか、と
東北震災以降、多くの方が関心を持つようになってきたと思います
ただ、物資や人的支援は東北の場合は規模も大きく、ある程度の期間(現在も含め)必要であるものの
今回の災害も含め、各地の災害には
被害の規模や内容により、柔軟にボランティアをしようと思う方々も対応する必要があります
白馬村のページにはボランティアについての連絡先がありますので、連絡をされてからの行動が
必要かと思いますので
リンクを貼っておきます


何かしたいと思う社会人の方々には
寄付という形があります
私自身は、直接役立てていただける方法を望みますので
ふるさと納税は、大きな選択肢の一つだと思っています
もちろん
私自身、他県の特産品がほしくてふるさと納税はしておりますが
もうすぐ12月にもなりますので
自分の県の、災害が起きた市町村へのふるさと納税を考えています

まだ白馬村は災害で大混乱していると思いますので
もうすこしたってからの問い合わせがよいかと思いますが
白馬村のホームページは
http://www.vill.hakuba.lg.jp/
地震についてのボランティアの連絡先、ふるさと納税による緊急寄付などへのリンクがあります

また
御嶽山噴火のあった木曽町、風評被害も重なり、やはり大変な冬を迎えています
のふるさと納税は
http://www.town-kiso.com/1278/index.html


なお、
長野県ではありませんが、広島県広島市のふるさと納税のページは
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1211348645240/index.html
災害の復旧対策の財源としてWEBページでふるさと納税のお願いが記載されています

私は今夜はじめて広島市のサイトをゆっくりと見たのですが
ずっと継続して東日本大震災復興支援情報を提供しています

日本は狭い国ながら何時どこで地震や土砂災害等起こるかわからない所に住んでおり
今年は特にまた災害が多く発生しています
お互いに気遣う、支え合う事を、改めて感じます

今回の地震で、東北の被災された方々から、安否を気遣うご連絡をいただきました
ご自分の生活もまだ仮説住宅なのに、お気遣いのお言葉もいただきました
感謝ばかりであると共に、長野県に住む自分としても
特産品をもらうという目的以外として、ふるさと納税をしようと思います

なお
長野県の災害情報のWEBページは
http://www.pref.nagano.lg.jp/kurashi/shobo/saigai/index.html
あらためて
今年は8月から11月まで長野県は大きな災害がありました
危機管理意識は、たえず持ち続けていないといけないなとあらためて思います
[PR]
by suwanagano | 2014-11-24 23:58 | ご案内 | Trackback | Comments(0)

素敵な卒業生さんたち


11月15日土曜日は三重県、岐阜県、山梨県から
短大の卒業ゼミ生さんが長野県に集合
ゼミの同窓会が開かれ、呼んでいただきました
仕事で何人かの方が休む事ができず
そして1人も土曜日出勤の後、山梨から自動車でかけつけてくれました
この年の卒業生さんたちもまた、とてもまとまりがよく
そしてゼミの独特の気質のごとく、一本気、まっすぐな自分なりの信念を持つ学生さん達でした

大変思い出深いそして心優しい卒業生さんたちです
そしてまっすぐな心の持ち主の卒業生さんたちです

b0003483_10492565.jpg


b0003483_1112381.jpg

この年と翌年の子達はちょうど東北の震災の時の学生さんたちでした
特にこの学年の子達、私はおそらくずっと彼らの事を誉めると思います
19-20の子達が、大人もどうしたらよいかわからずにいた当時に動いたのです
もちろんゼミでの勉強や被災地ボランティアの方や商店の方などに教えられての行動ですが
結果、自ら考えて動いた行動は
何年後かに大きな災害がもし起きたとしても、自分や自分の周りの人達を情報技術をフル活用し
助ける術を身につけていますし
また、全国に在住の利点を活かしてお互いに助け合う事もできる仲間もおります

1人の卒業生さんは、昨夜の集まりの時
はじめて当日、出かけていた先で列車が止まり線路を歩いて駅まで戻ったのだと
話してくれました
1人の卒業生さんは在学当時、支援の段どりを任されたものの
自分自身の段どりの手際の悪さに悔しくて泣きながらそれでも一生けんめい行っていました
しかしその結果、彼女の就職試験の小論文に同じテーマが出題され夢中になって
書ききれないほど書きましたと話してくれた事は忘れられない思い出のひとつです
この卒業生の一年下の情報ゼミ生さんや幼教の情報を選択してくれていた卒業生さん達も
翌年もまたがんばってくれました
また
私が026netとして動いていたほうの別件の物資支援にまだ何も手つかずの現地に同行し
仮設住宅を訪れ話を聞いていた彼女は
別れ際におばあさまに自分から抱きついて痛みを自分の事のように感じていた優しい姿も忘れられません
その彼女が、御嶽山の噴火直後の空が灰色になっている様子を写真で見せてくれました

今年の大雪で山梨の卒業生さんは、工場がつぶれたり、畑がまだ人手不足で復旧されていないところもあるのだと話してくれました

多くの災害が今後も起こる可能性は残念ながら十分考えられますが
どの程度が一般市民までが動かなければならない被害と呼ぶもので、どのような事が必要でどのような事が逆に迷惑で、何が現地に必要であるか、など

実は、私自身が阪神大震災の時彼らよりも年は上でしたが、その当時にNIFTY通信にて
実際に支援をしている方々を知り、そして方法や手段を学びました
主人も同じく会社勤めをしているとき、本社が阪神の近くにあるため震災直後の地に海からはいり
被害の実情を知り、行政の指示により動いておりました
その時、私達より先輩の方々に教えてもらえたからこそ、今回自分の身を守る事や救援の必要性などを
実感しており、実施する方法も情報技術が違えども動くことはできたのだと思っています
東北の震災後の最も救援が必要であった半年間は、実際はほとんどの組織はまだ統制がとれていず
組織力で動く事ができない状態で、行政や公共団体や学校組織自体としてはまた横つながりで動けない状況のなか、代わりに個人やNPO、NGOなどが救援活動している実態でしたが
阪神大震災時の教訓に逆に誰もが自由には被災地に入れる状況ではないなかで
個人のつながりと情報共有と伝達が大きな意味と支援の役割をもっていました
それが、今度はこの卒業生さんたちが
彼らならば次世代のそれぞれの地域で
生命の危機にまで及ぶような事態の時に、リーダーとなって動く事のできる知識と行動力をもっていることを
改めて確信できる夜でもあり、お互いに、いざの時には助けてね、と、話してもおりました

楽しい思い出もたくさんある年の子達です
ペンションに皆で泊まりに行った思い出とか
いろいろな話もたくさん聞きました

また
皆、仕事大変だといいながら、どうにか自分の仕事の質を向上させようと一生懸命考えており
考え方も顔つきもすっかり大人の表情をするようになり
社会の一員として毎日一生懸命模索しながら働いていらっしゃいます

この年の卒業生さんたちは、また、本を読むことがとても好きな子達で
ジャンルも幅広く、純文学からサブカルまで、また作家さんの事を熱く語っている時も
ありました

そして
なんと

なんと!

来年1月に、1人作家デビューします
本が発刊されます!
残業もし、土曜出勤もあるなか、仕事をしながら書き、推敲し、来年1月発刊
これまた嬉しいお話です
在学生さんでも同じような志を持っている子もおりますので
機会をつくって、対談会などよいですね、と、話したり
本屋さんに勤めている子は、書店に置きますよと話したり
本当に楽しい一夜でした

卒業ゼミ生さん、本当に楽しいひとときありがとうございました
そして、きつくても厳しくても自分のため職場のために仕事の質をより向上させる努力を続けてください
また、仕事以外も、十分に楽しんで弾けてください

また、あらためて彼らと話をしていて感じましたが
あらためて
被災地、被災者でありながら彼らを子供のように孫のように見守り指導してくださった皆様に
心からお礼を申し上げます

元気に残りわずかな今年を、有意義に過ごしたいですね
ゼミ生さん、お呼びいただき本当にありがとうございました

彼女たちの写真をと昔の記事を検索すると

ありましたありました


http://suwa.exblog.jp/iv/detail/index.asp?s=16676311&i=201111/05/83/b0003483_2375563.jpg


http://suwa.exblog.jp/17229518/

http://zemi23h.seesaa.net/article/241393443.html


http://zemi23h.seesaa.net/article/234640140.html


http://suwa.exblog.jp/16240576


http://suwa.exblog.jp/16234336
[PR]
by suwanagano | 2014-11-16 11:11 | ご案内 | Trackback | Comments(1)

凍えそうな木曜日


おはようございます
茅野の標高1200メートル以上の蓼科にただいま居るものの
犬が足元にいるので、加えてひざ掛けを掛ければ暖かく
寒いのは手だけですので、暖房いれずにもうすこしがんばろうかなと思う本日です
さきほど、諏訪の平から電話があり
みぞれが降っているので、本日動くならばスタッドレスタイヤの車のほうが安全だと
教えてもらいました
ブログが自分にとって好きな理由のひとつに
過去の同月のチェックをすぐにすることができる事でしょうか
ネットなど、他の人に見てもらうために日々更新をしている方も多くいますが
私にとってのこのブログは、もともとが公開講座の方向けのもの
その後は、特に在学生のゼミ生と卒業生のゼミ生さん、自分の担当する科目で
必要になる内容がある時に授業中や復習時に参考として見ていただけるもの、
ゼミ生や卒業ゼミ生にはファン限定公開機能もありますので便利です
あとは普段でも自己紹介をするよりもこのブログを見ていただいたほうが
自己紹介になりますので、名刺やメールの署名欄にこのブログのURLをはり
話すよりも伝わりやすいので、自分の行動のごく一部を掲載しているものですが
やはり、見直すと、なにげない撮影した写真は後日見直す時に大変よいものです

2009年11月は
http://suwa.exblog.jp/12340287/

雪が17日には積もっていました
だいたい下旬は一度積もります
もう、そんな時期なのですね


天候などのチェックにも役立ちます

また、自分の同月のブログ記事の文章を抜だして、推定をすれば、実現値から理論値も信頼係数も
あるていどでてくるので、自身の心のうつろいなりも把握することもでき、結構自己分析ツールとしても役立ちますね


かなり指先は冷たい本日です

さて気になった記事(これも、ゼミ生さんにお約束をして、週に一度は気になった記事を書きましょうと言った手前、自分も何らかを探して書いているのですが)
ad tech New York 2014に参加された方の記事でしょうか
リンク先はこちら
ここで
(引用)
デジタルの進化は、もうマーケッターには理解・実行不可能な領域になったことかもしれない。まだ、今年もSNSの話をしている。透明性の高い投稿は?エンゲージメント係数が? データ分析の興味はあるが、具体的な解決策ははなさない。
-----------------------------

さきほどの計算も、EXCELでは簡単にできますし、回帰直線などEXCELで簡単に表示できますが
世間一般の計算ツールの一つとしてのとらえ方の比重は大きいですね
それには、まだまだ高校生までの情報の科目についても学生間で差が大変大きいという課題もありますし
経営論やマーケティング等も、経済学としてITとは別分野で学習して社会でも通用する時代が長く続きましたので、どうしても集計まではできるものの、分析までは手が回らなかったり、人材も少ないのも事実でしょう

確実に、データを集計して分析していくと、見えないものも見えてきます
面白いですよ
そして、それをどう生かすのか

先日、とある大学の学生さんが知り合いを通じて東北の震災復興につてのWEBアンケートのお願いが
ネットを通じて私の元にも届きました
意義のあるアンケートだと、しっかりと分析をしてほしいと思います


東北の震災復興支援について、の話題がでたので
今週末は、私も嬉しい再会があります
東北復興支援を行った年の卒業ゼミ生さんたちが同窓会を行うということで、私にもお声をかけていただきました
この年のゼミ生さんたちも素晴らしかったです
この年は、県外の遠くからもいらしていた学生さんが多く、被災後、高校の先生方や同級生さんたちから
また友達から支援物資を集め、本当に必要な東北の被災者の方に送ったり
自分のお金をだしてボランティアバスに乗って土砂撤去作業を行ったりしていました
この年も思い出深い学生さん達です
そんな卒業生さん達との同窓会、すこしいそいそとしている自分の気持ち、そして
お仕事で来る事ができない卒業生さんにも、集まった彼らが写真に写る事を拒否しなければ
ブログにまた掲載いたしましょう

ブログというよりも、連絡板のようなものですが
いつも見てくださっている卒業ゼミ生さんからのコメントにも本当に感謝ばかりです
また、仕事に関係しない方々も、チェックしてくださっているので、意志疎通がしやすく大変便利な
ツールだと思っています
しかし
しかし、自分のごく一部しか記載していません
特に仕事などの事はほとんど掲載していません
裸で街は歩きませんので当然せすが
当然ですが、若い女性の皆様とか、本日もワイドショー等でもとりあげられていましたが
ストーカーとか誹謗中傷も当然ありますので
特により十分気をつけていただければと思います
面白おかしく取り扱われるのもネットの性質ですので
それなりに付き合っていきたいと自分も思っております

実生活では
どの仕事もそうですが、5年後を見据えていきましょうと
ずっと自身でも話しています
学生さんなどは、私との接点は彼女たちにとってはほんの一瞬の時間ですが
だからこそ、せめて5年後に意味のある形になるように向き合っています
普段の仕事にしても、生活にしても同じですね
5年後に、振り返って、他人に対して、自分に対して、まっすぐに向き合えるような生き方
なかなか難しいものですが
とある方の対談記事のなかで
先を見ず、上を見よ
という言葉を思い返しながら、本日もがんばりたいと思います

でも
まずは目先の事を考えて、スタッドレスタイヤでの走行を
夜間や朝早い時間に移動する場合は、諏訪地方も履き替えの時期ですね

あと
これは、多くの方にも使えますので
ツイッターでつぶやいていただいた方のものをリンク

https://t.co/mpACChDtf4

ツイッターの分析機能が公開されていました
私は、to とか fromとかしか使っておりませんでしたので
とても便利なサイトです
ネガティブとかポジティブというチェックもできるのですね
面白いです
[PR]
by suwanagano | 2014-11-13 11:08 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(2)

本日、第64回長野県図書館大会が茅野市で開催されました
私は、一般茅野市民として、県内の公共図書館の電子化の現状に興味があったため
その分科会に参加いたしました
そして彼女に会いました
ますます美人さんになりましたね

私は長野県図書館協会には所属しておりませんし
もちろん彼女が発表する事も知りませんでしたし
自分が参加してみたいという分科会に彼女がまさか発表者である事は
申込終了後はじめて、あら? と気づきました
発表者の彼女も、仕事上の旧姓名しか覚えていないはずですので
参加名簿を見ても私だとは気づかず
当日顔をあわせてびっくりした様子
素敵な再会となりました

彼女は、大会の分科会のなかで
国立国会図書館デジタル化資料送信サービスへの取り組みの発表者でした
すばらしい
そして我がゼミの卒業生さん
大きく自慢しましょう
完璧な発表でした

b0003483_0301394.jpg


そして、在学中の彼女の写真があります
耳に可愛いものをつけVサインをしている姿です
(彼女2年生の時、ちなみに、この記事のなかに、在学中の学生さんのお姉さんがいらっしゃいます)
http://suwa.exblog.jp/12194661/


塩尻市図書館ではレファレンスサービスを積極的に行っていらっしゃるとのこと
分科会参加者は彼女より年上の方々ばかりのなか
彼女は、図書館利用者の利用方法から国立国会図書館のデジタルコレクションの閲覧まで
完璧な構成で、堂々とPCを使い立派に発表しました

レファレンスサービスで必要な情報機器や知識や技術の基礎は、徹底的にゼミと関連科目で勉強し
彼女自身も情報機器が好きで、ぐんぐんと学力も技術も伸びていった優秀な学生さんでした
ただ
発表を聞き
このような発表の場に、先輩の司書の方々もいらっしゃるなか
彼女に発表させ、著作権、国会図書館への問い合わせなどまでの説明ができるまでに育てていらっしゃる塩尻市図書館の職員の方々の様子をうかがうことができ
彼女のがんばりと、塩尻市図書館さんの館長さんはじめ職員の皆さんの人材育成のための
高い組織力も強く感じました
レファレンスサービスの基本は組織力です
発表をお聞きし、塩尻市図書館さんのレファレンスなら安心だ、と、心から思いました

卒業生さん自身、勉強する事はまだまだたくさんある事と思いますが、彼女なら大丈夫でしょう
立派に成長した彼女と、彼女を支えてくださっている職場の皆様に感謝するばかりです
内容は、参加者の方々からは、ため息や流れる横文字の響きについていけずに苦笑してしまわれる方々もいらっしゃいました
現代のデジタル技術に実際に内容を理解し、自分で操作できるまでの知識と技術は、年をとるにつれ苦手意識を持つ方も司書さん等にはいらっしゃるかもしれませんが
人は多くの情報技術の進歩と共に今日まで歩んできました
塩尻市、塩尻市近郊の方でしたら、図書館関係の方でなくとも、何かを調べたいが情報がわからない、
誰かに尋ねて知りたいという時には、塩尻市図書館のレファレンスサービスを利用してみることをお勧めします
そして、レファレンス協同データベースというものが多くの図書館等が情報を提供し
ネットで公開されていますが
この内容もかなり質があがってきました
多くの図書館でも、同じように日々勉強されていらっしゃるのでしょう
利用する側は、嬉しいばかりです

その後、
長野の図書館事務局関係の方から市民協動の機関連携とデジタルアーカイブのお話やADEACの内容デモの発表もありました
ADEACのようなシステムは、海外の美術館ではネットで公開されていますので日本でもかなり認知されてきて閲覧される方々も多いと思いますが、それをそれぞれ地域連携して構築していきましょうという趣旨でした

最後に原村の図書館さんがお話されたのですが
これは個人的に最も興味を持ち、利用したいなあと思った次第です
なんと、米粉ベーカリーを貸し出してくださるのだそうです
基本は原村村民だそうですが、諏訪広域内の場合は、利用者登録をするとお借りできる場合もあるそうです
原村図書館では、電子ブックリーダーを村民に貸出をしている事でも有名で私も知っておりましたが
しっかりと著作権クリアされているデータを図書館司書さんが設定しているとのこと
ICTと言われても、まだまだ触れた事のない方々がいる現状に
情報技術も知識も素人の図書館の皆さんが、勉強されて利用者の方に説明できるまでになっている事に
原村すごいなあと、偉いなあと、思うばかりでした
原村は、高齢者の医療費免除などの施策も行われており、子供からお年寄りまで文化的な面からも恵まれている村だなあと
ベーカリーの事が、帰宅してもずっと頭のなかを巡っている次第でした
また自分も、お手伝いしてくださっている方々と一緒に製作追い込みの公開無料電子書籍
「情報が私たちの社会を変える」
についてもお話する事ができました
原村図書館もぜひお近くの方はお出かけしてみると面白い情報がたくさんあることと思います
ベーカリー(笑)

なかなか、このようなお勉強会にでかけるまでは億劫ですが
仕事以外の場では、利害関係が発生しない場に出かける事が好きですので
今回もとても楽しいひと時でした

また
茅野市図書館の今回の担当の方も、参加にあたり大変丁寧な対応をしていただきました
あらためて御礼申し上げます
茅野市の図書館も利用いたしましょう
原村図書館にもベーカリー(笑)、
塩尻市の図書館にもお伺いします
そして、卒業生さん
本当にお会いできてうれしかったです

ちなみに
「情報が私たちの社会を変える」はこちら
(動画はこちら)
[PR]
by suwanagano | 2014-11-09 01:24 | ご案内 | Trackback | Comments(0)

おはようございます
土曜日の朝は、青空に筋雲の蓼科です
今日はスタッドレスタイヤが届きます
最近はタイヤはすべてネットで注文しています
冬支度ですね

蓼科は茅野市になります
長円寺の真っ赤な紅葉もそろそろ終わり、例年大勢の方が訪れます
我が家の周りの八ヶ岳山麓も、そろそろカラマツ林が黄金色から枯色に変わりはじめました
それでももうしばらくは美しい景色を眺めることができそうです

本日は茅野市にて長野県図書館大会というものが開催されます
市民も聴講できる講演会や分科会がありますので
茅野市にせっかく在住しているので興味があるものに参加したいと思います
講演会は金田一秀穂さんで「本と言葉」
自身、日本語から英語への変換の表現の難しさに四苦八苦している今日このごろ
日本語について何か得られればよいなあと、脳をリフレッシュも兼ねて出かけてみます
午後は分科会というもので
これは時間が許す限り県内の公共機関の現状をすこし見てみたいので
でかけようかと思っています
しかし、タイヤも届くので、早く帰宅しなければなりません

ここ数週間、海外、特にアジア関係絡みで
お話をお聞きしたりお仕事に行っている方とお話をしたりしています
また、気がつけば
仲良くさせていただいている友人知人の多くも海外におりながら
当たり前のように日々連絡をとりあっている今日に
円安も重なり、さらにグローバル化が進み

最終的には日本語能力がそのまま英語に現れてしまう怖さを海外に触れる程に感じています
物流も、ECサイトなどは国境などはじめからありませんので
欲しいものなど購入できるのは便利でもあり
不安もいまだにあります
あるメーカーのように、イタリアで日本人スタッフが注文を受けてもらえるのは
イタリア語などまったくわからぬ私にとっては安心なのですが
世界中の言葉が日本語であるわけでもなく
また世界からみたら日本語などはほんの米粒のような言語のひとつでしかないことを
より感じる今日です
ただ、ならばその米粒のような言語をもっと大切に扱い
翻訳できるような言葉に置き換えられる事ができるようになりたいなと思うのですが

思うのですが、、、
むずかしいです

どうぞ素敵な土曜日をお過ごしください♪
[PR]
by suwanagano | 2014-11-08 09:58 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)

おはようございます
真っ暗な朝5時
最近、寒くなってきたため、お風呂からあがった後、暖かいまま眠ろうと、12時前には眠るようにしたところ
朝5時前に目覚める、すこし生活スタイルが移動した習慣となりました
朝5時頃の好きなインターネットラジオは軽いジャズが流れているので耳にも心地よく
せっかくなので、この時間帯は gooが始めたgaccoの授業を受けています

このgaccoは、色々なところで話題になっており、高校などでも反転授業として使われていると
ニュースでも流れました
トップページには 
Your Learning, Your Style.
無料で学べる大学講座
最高の教授陣による本気の授業
目標を共にする仲間との白熱した論議
未来へのパスポート、修了証があなたの手に

というもの
無料のE-learningサイトです

有名なのはスタンフォード大学ですが
有料無料問わず、多くの学習が自宅に居ながら勉強できるのも時代の恩恵でしょう
東京大学でもすでにはじまっていますね

今回、このgaccoには、私は6つほど登録し、朝の2時間ほどを勉強時間にあてています
実に面白いです
時間だけ都合つければ、何度も復習でき面白いです
反転教育も用意されており(有償ですが)、交流サイトともなっています
NTTナレッジさんが運営しております

導入例として、どこかの高校が、授業で動画を見て
その内容を反転授業としてですかっションする形式をとっているというブログを読みました
それには、まだ自宅でのインターネット環境が整っていないと難しいものがありますが
高校の先生方にとっても、教材として良いものですので、おすすめいたします
また、高校生枠の登録のコースもあります

自分は
ビジネススクール(入門)
デジタルアーカイブのつくり方 ~ビッグデータ・オープンデータを紡いで社会につなぐ~
モチベーション・マネジメント
歴史都市京都の文化・景観・伝統工芸
統計学Ⅰ:データ分析の基礎
インタラクティブ・ティーチング
イノベーション入門
マンガ・アニメ・ゲーム論
東日本大震災を科学する −被害実態と今後の減災への取組−
大航海時代の日本:日欧文化交流の歴史(ヒストリア)
服飾の文化と歴史
The Uncommon Folk: Cultural Preservation in Japan
オープンエデュケーションと未来の学び

多いですね(笑)
大人の方でも、そんな事知っているよというコースでも、新しい気づきはたくさんあり
実に面白いです


登録し、朝の2時間を過ごしています、また、これから登録予定のものをはじめ情報がメールで届きます

知っている分野でも新しい発見が多く
知らない分野は、勉強というより、雑学知識の幅を広げる、という気持ちで始めると
飽きもせず、習慣にすると面白い内容ばかりですが
かなり履修科目が多くなってきたため
のめりこむと、他の仕事を何もしなくなってしまう時間もありますので
私は時間を決めて見ています

ゼミ生さんと情報サービス系の授業を履修されている学生さんには
統計学Ⅰ:データ分析の基礎と
デジタルアーカイブのつくり方 ~ビッグデータ・オープンデータを紡いで社会につなぐ
は、閲覧しておいてほしいものですが
若い学生さんたちには、自習はなかなか難しいものですので
ご紹介程度になってしまいますが

ぜひ、高齢者の方とか、高校の先生方には、とても面白い内容です

http://gacco.org/

会員登録しなければなりませんので
その方法は
https://support.gacco.org/hc/ja/articles/200704435-%E4%BC%9A%E5%93%A1%E7%99%BB%E9%8C%B2%E3%81%AE%E4%BB%95%E6%96%B9%E3%81%8C%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93-


講義内容は字幕もつきます

では、教育機関はいらないのでは? と早急な結論を出される方も多いのですが
教育機関は、これ以上の事を専門的に学ぶことができるところですので
現在、上手に住み分けできている状態でしょう
もっとも大切なのは、貧困な国々や、地域の人達にも、教育を受けることができる事ではないでしょうか
誰にも学ぶチャンスがあり
その学び方を教えてあげるのも、中学や高校の先生方のお仕事なのでしょう
大変ですね でも、がんばってください!

私はちなみに、編み物はユーチューブでいつも見ています
今年もひさしぶりにお散歩で寒いので、ユーチューブを見ながら帽子を編む予定です

では
本日もがんばりましょう
[PR]
by suwanagano | 2014-11-06 06:28 | ご案内 | Trackback | Comments(0)

先日、学生さんたちが録画させていただきにお伺いした南相木村
立岩湖という湖が南相木村にあり、先日村にお伺いした時、立て看板に
矢口高雄先生の絵が使用されることを村長さんからお伺いし
また、南相木村出身の学生さんに、松茸が食べられるという事もお聞きしていたので
岡谷インターのすぐそばにいたので
すぅっと高速にのって、ふたたび出かけてみました
南相木村

滝見の湯という温泉施設があり、そこで食堂もありますが、残念ながら松茸定食が食べられるのは
10月いっぱいだそうで、食する事はできませんでしたが
温泉施設の広間には、漫画本をゴロリと横になってみるおじさんもおり
ロビーに矢口高雄先生の漫画の原画がたくさん展示してありました
大変貴重な絵ばかり
そして、やっぱり上手だなあと、惚れ惚れと見ておりました
矢口先生と聞いてもご存知ない方も多いかと思いますが
釣キチ三平と聞けば、知る方は多いかとも思います

私は、釣りはまったくしたこともないですし、興味もないのですが、少年マガジンや少年ジャンプは読んでおりました
釣りを知らなくても、一度は漫画を読んだことがある方も多いのではいのでしょうか
滅多に原画など見る事はできませんので貴重な展示品を見る事ができました
くわえて
販売もされているのでしょうか、ン万円というお値段でしたが
漫画好きの人にとっては、たまらない貴重な欲しい絵でしょう
漫画というものも、
これだけしっかりとした構図と配色と、、、は、まさに美術画です

欲しいなあと、私もじっと見ておりました
一見の価値が絶対ありますね
調べましたら1939年のお生まれとのこと、素晴らしいですね、
公式サイトは
http://www.sampei33.jp/

お食事は相木定食
新蕎麦にシナノユキマスの唐揚に、おいしくいただきました

釣りファン、漫画ファンの方々に、おすすめです
最後の秋の景色を見ながら釣りに漫画に温泉にお食事に
そして1玉100円の白菜をお土産に購入してまいりました秋の日でした

いつまで展示されているかは不明ですので、詳しくは
滝見の湯さんまで問い合わせて行かれる事をおすすめします
本当に素敵な絵ばかりです
〒384-1211 長野県南佐久郡南相木村5633−1 滝見の湯
電話 0267-91-7700

b0003483_8404155.jpg


b0003483_8405272.jpg


b0003483_841770.jpg

[PR]
by suwanagano | 2014-11-05 08:44 | ご案内 | Trackback | Comments(0)

おはようございます
昨日の雨もあがり、道が枯葉がサクサクと深く積もっているなか
わんことお散歩いたしました
暖かい朝でした
こんな陽気が毎日続けばいいなあと
ふと、同じ11月は私は何をブログに書いていたのだろうと
同月の過去の年を見てみました
そして
ん????

2009年の11月半ばは雪が積もっています
その他の年も、シャーベット状になっていたり

昨日、普通乗用車いじりながら
スポイラーほしいねえとか、そんな事を話しておりました

そのような話どころではなく
スタッドレスタイヤがないこの季節
11月中旬などは、あっという間に訪れるため
大急ぎでスタッドレスを注文しなければなりません
スポイラーどころの話でもありません

とりあえず、今週末には軽自動車をスタッドレスにしておきましょう
急いでネットでスタッドレスを注文しましょう
小鳥もリスも冬支度に庭を空を飛び回っています
昨夜は鹿さんたちが我が家を横切り、我が家のワンコは飛び起きました
最近、野良猫さんが近くの小屋に住み着いたようですが無事冬を越せるのでしょうか

我が家のわんこは、ぬくぬく暖かい毛布が大好きなご様子

人間の私は
今日は素敵なとっても素敵な楽しみの出来事のある日です


DaisyMusic公式チャンネルは
https://www.youtube.com/user/DaisyMusic

追伸 11月3日行ってきました 佐野元春&コヨーテバンド
コンサート会場と違いライブはまた身近に見ることができ大変よいものです
恰好よかったです コヨーテバンドも素晴らしいテクニックでした
コンサートホールでも聞きたいです
[PR]
by suwanagano | 2014-11-03 07:53 | 今日の蓼科 | Trackback | Comments(0)