Fuwari_fuwari ふわふわり suwa.exblog.jp

ながのひむかいこんにちは


by SUWANAGANO
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧



今週は沖縄より従姉夫婦がきておりまして、とても楽しいひとときを過ごしました
数年前などは、私が沖縄に行ってもおりましたが、3月は飛行機運賃も高いため、4月になったらまた行こうかなあと、そんな事を思っていたところ、ひょっこり里帰り、ちょうど雪降った日に沖縄に帰る日で
日本列島、南北に長いものだなあとあらためて感じるのでした

従姉と自分が一緒に過ごしている日に、従姉の旦那様と家人は、とある離れた場所に1日観光にでかけたのですが
帰宅後、写真やパンフレットやお話を聞き、自分も行ってみたくもなり、小さな町なのに数百社がうまく共存して人を呼びよせ成り立っている事業だなあと、感心するところがありました

でも、その話はまた後程、ということで

3月でもうすぐ4月
意外に(?)自分は無口というのか口は堅いというのかの性格なのですが
でも、例外として、家族親兄弟のなかでは、本当にいろいろな事をよく話します
この時期は、季節が変わったり年度末になったり、の時期なので
外では黙って黙って桜の花が開くのを待つ代わりに、家のなかでは普段以上にとにかくよくいろいろな話をします
でも
よくよく考えてみると、心おきなく話ができるのは、やっぱりいちばんストレス発散になっているのかなあと
それも家族内での話なので、何を言ってもそのときは怒ったり喧嘩したりもしますが、そのあとはあっけらかんとしておるもので
そしてまたなんともユニークな家族なので
たとえば、
嬉しかったりする話をすれば、そういう時こそ身を引き締めて謙虚に過ごしなさいよと
たとえば
自分が解せない許せないと思う事の話をすれば、真面目に誠実に生きていれば太陽さんが見ているよ
と、必ず聞き手がそのような類の事を考えて口にしています
実るほど頭を垂れる稲穂かな、とか、因果応報とか、家訓代わりになっているようで

結局、松下幸之助さんの言葉をお借りすれば
人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。
けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである
に尽きるのでしょう、と、思う次第です

本日も元気にまいりましょう
ずっとお世話になっている飯田市はお練り祭り、開催です
数えで7年に一度、勇壮です
b0003483_1046518.jpg


前回の自分が撮影し他のブログにアップしてある写真をこちらにアップしておきましょう
そして来週の週末は諏訪地方の上社の御柱
街道沿いのお宅にお邪魔予定(笑)
そして
もうすぐ桜も咲くでしょうか
[PR]
by suwanagano | 2016-03-25 11:02 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)

お手紙をいただきました


春がようやく訪れた本日、お手紙をいただきました
人生の師と言っても過言ではない方からのお手紙です
縦書きの便箋にワードで美しく書かれた文章、私なんぞのために熟考して心こめて送ってくださったお手紙
本当にありがとうございます

私はこの方と出会い、折りにふれてご連絡いただいたりするなかで
このブログも、極端なお話として、もしも、このお手紙を送ってくださる方おひとりに見ていただいているだけでもよいと
このお手紙の方がブログを読んだとき、なんとまぁ、と思われぬようにと
そう思ってブログを書くようになりました

それでも、まだまだトンチンカンな事を何かある度に記しておりますが
それでも、自分が年を重ねていったとき、この方のように学ぶ姿勢を謙虚に持ち続けることができればと思います

ちょうど前回のおんばしらの時節にブログにコメントしてくださった文章を本日読み返しました
引用させていただきます


60年もの昔話です 卒業してから1年半ほど卒業論文を、もうすこし展開するために指導教授の研究室に置いてもらいました
その先生の「講義」ということについての持論です
「講義する者は、後述という機会を通じて、教科書やテキストでは持ちえないところの生命を吹き込むことができる
若い受講者に、直接語るとき、自然とそこに類例の挿入、くりかえし、脱線、余分なつけたしなどが当然のように行われて、そのことが、はじめから体系的な厳密さをもって書かれている著書では到底持ちえない長所を示してくれる」そんな意味のこと教えられました
私の「教わりたい」気持ちの意味でもあります


93歳ほどになられるでしょうか
私も、いつまでも教わりたい、という気持ちを持ちつづけ、多くの事をこの方から、また多くの方から学ばせていただきたいと思います

若い皆さま、70-80歳の皆さまも、まだまだ素敵にパソコンを使いこなす先輩が身近におります
がんばりましょう

私も、がんばります

素敵な春の便りが届きました
ありがとうございます
[PR]
by suwanagano | 2016-03-22 22:54 | ありがとう | Trackback | Comments(0)

お花の続き、最近は


おはようございます
3月19日はあたたかな春の雨、はやく起きたので購入した本の勉強続きをしようかなと
思いながらも、静かな景色の朝なので
ついついネットでいろいろと見て回ってしまった朝でした

お花の続きのお話ですが
自分は、お花を海外や他県に送るときは日比谷花壇さんを利用させていただいているのですが
そのサイトにフレッシュ便というものがあり、自宅飾り用として掲載されているのですが
ちょうど見ていた時にアネモネが掲載されていて、ぽちっと先日ボタンを押しました
アネモネは持ちがよく、諏訪近郊では原村などでの生産が盛んなのですが、なかなか直接の入手は難しく
フレッシュ便は簡易包装で生花市場から直接届けられるとのことで
フレッシュ便というものを、はじめて頼んでみました
本日朝ネコさんが届けてくれることになっています

もちろんお花屋さんでお花を購入するのが自分は一番好きなのですが
贈り物などは通販がとても便利となりました

お花については不器用流無作法師範の私ですが、お隣の家のおばちゃんがお花の先生であることから
いまだにお正月花はおばちゃんから購入させていただいています
贈り物、今は卒業式や転勤、転校などの季節ですが
昨日も、お花屋さんに行った時、ちょうど作業服のお兄さんひとりが、素敵な小さな花かごを持ってお店からでてきましたが、そのお兄さん、にこにこ笑顔で実に柔らかな表情をしていらっしゃいました

それでも今朝、WEBをいろいろと見ていたら
オークネットさんの花の購入アンケート資料が掲載されていて
最近のお花の購入傾向は、すこしだけ減少傾向にあり
「過去1年で花を買った回答者は61.5%となり、そのうち「プレゼント用に買う機会が多かった」が34.7%、「自宅用に買う機会が多かった」が26.8%。
2013年9月の前回調査と比較すると花を買った回答者は1.8ポイント減少したが、「自宅用に買う機会が多かった」は1.1ポイント増加した。」
との結果がでていました
http://www.aucnet.co.jp/wp-content/uploads/95911121d6330dc5d0c3afbf1bf24fd6.pdf

贈り物の品が多様化してきた結果であるのでしょうけれど、でも、自宅用に買う機会が増えたという結果は
なんとなく嬉しい結果だなあと思うのでした

雨が降らなければ木曽の枝垂れ梅を見に行きたいのですが、どうも天候が思わしくなく
休日は道も混んでいるのかな?

今日は雪解けの下に、それでも咲いていたスミレの花を見ていることにいたしましょう
スミレの花言葉は、誠実・謙虚・小さな幸せ
心にずきずきくる言葉でありますね(笑)
本日は、せっせとお勉強にはげみます

よい一日を
[PR]
by suwanagano | 2016-03-19 07:57 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)

b0003483_2222954.jpg

b0003483_22213388.jpg

昨日17日にお彼岸入りとなり
本日暖かな陽気となり、明日からすこし天候が崩れるとの予報のため
母と二人でお墓参りに行ってきました

春のお彼岸は、やっと暖かくなってきたという心弾む春を感じることができます
お彼岸とお盆と命日のときだけは、お花やさんで好きなお花を好きなだけ買ってくる事にしています
特に春のお彼岸時期は、やっと厳しい寒さがおわり
玄関やお仏壇などの花器の水が凍る心配がなくなり
そしてお花の持ちもよい季節
加えて
卒業式などとも重なるため花屋さんも普段以上に多くの花が揃っていて
お花屋さんに足を踏み入れるだけでも気持ちが華やかになれるのも好きなのです

ぷぅんと良い香りのするフリージアやチューリップや菊をはじめ、抱えるほどにお花を買って
不器用流ではあるけれどお花をいけて、お墓にも供えて、手をあわせ
帰宅後、母と2人昔話に花咲かせました

今更、という、実は私は生まれる前に危険だから流産をとお医者様からも言われていて
亡き父はじめ家族もそうする事を薦めたけれど、母がそれでも生むと、苦労して生まれたのが私なのだと
本日はじめて聞かされて
親は子供のためには無我夢中のまま今日まできてしまったわ、と、苦労ばっかりしたわねえと
しみじみそう言われてしまい
思わずごめんね、なんの取柄もなくて、ぱっとすることもなくきてしまって、と言葉にだしたら
健康であってくれればそれが一番よと

言ってくれた母を、あらためて母だなあと、思ったのでした
でも
もうちょっとはやくにこの話をしてくれていたら、もうちょっとしっかりがんばったかなあと
人生半ばにきて、そう言われても、、とも思うのですが

お彼岸です
亡くなった人への供花でもありますが、私にとって、もちろん父のためにもお花は飾りますが
年をとっても元気でいてほしい家族や自分が笑顔になれるためにお花を飾る日です
なので、2枚目の写真は、春分の日は必ず母の好きなスイートピーも選び、それは花束にしてもらって母にプレゼントしています

暑さ寒さも彼岸まで
本日もおつかれさまでした
[PR]
by suwanagano | 2016-03-18 22:23 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)

b0003483_9435736.jpg


3月15日は短大の卒業式がありました
可愛らしい袴姿のゼミ生2人、恒例のにっこり微笑みすっかり素敵な女性です
この年のゼミ生さんは、特に私にとって思い出深い年となりました
もともと急にゼミを持つことによってゼミがはじまった事もあり

実は、短大側より、
昨年度今年度かぎりでゼミはなくなるとの報告を短大からうけ、最後の担当するゼミ生さんとしてやっておりました
事実、今年度から1年後期のゼミはなくなりましたので、今年度でゼミもすべて終わりというすこし寂しい気持ちでも行っておりました

そんななか、目まぐるしく変わる情報技術と知的財産デジタルアーカイブそして地域への貢献は
社会が逆に情報技術を欲する人材を求めるようになり
彼女たちはパソコンタブレット技術や図書館司書資格と同時に
なによりも将来人口減少における地方の少子化高齢化対策手段や地方の企業としても必須となっている著作権はじめ知的財産、小中学校やICT化、図書館公民館活動のおける地域活性におけるデジタルアーカイブの推進が急務とされているなか、社会で必要とする技術と知識の最低限の事を大変多く学習してきました

とてもがんばってスキルをしっかりと身につけることができました
この2人を雇用してくださった企業の方々、彼女たちはまだまだ伸びます、期待してもよい人材です

今年はまた、今年度から1年後期のゼミがなくなったことにより
希望者は、1年次から2年のゼミに参加して勉強をしてもよいですよとアナウンスをしたところ
2名の1年生が単位認定にもならないのに2年生と共に勉強をはじめました
数年前にも、1年生が、2年生にまざりゼミに参加をしていた事が数回ありましたので
ユニークで大変なゼミでもあるのですが
さすが1年生、2年生、勉強と遊びを融合させて実に楽しそうに勉強をしておりました

情報発信や支援としても昔から地域の方々との交流がたいへん多いゼミですので
地域の方々に大変お世話にもなり、多くの方々のご支援により成長もできました

お世話になった皆さま、可愛らしい2人の姿をぜひご覧くださいませ

また、彼女たちから、なんと私にもプレゼントをいただきまして、感無量の卒業式でした
ありがとうございます
こちらこそ、お2人に若さと純粋さと真面目さをたくさんいただきました

とある方から、ゼミの精神を受け継ぐ学生さんが社会でも企業や地域に貢献していくことが尊いのですよ
とおっしゃっていただいた事を
私も、卒業生さんお二人も心にしっかりと留めてがんばっていただけたらと思います

そして、ですね

ゼミの精神、それは情報技術が使えることは何も立派な事でも威張る事でもなく
その情報技術をどう社会や地域、企業や、特に情報弱者の方々のために貢献することができるか
それを考え実行する力を常に考えていくこと
です
そうすれば、もし道に迷ったり岐路に立ったとき、自己責任として次に進む事ができるでしょう
応援しております

と思うとともに、私自身、よし、もっと勉強をして、地域や社会に還元できる事をやっていこうと思ったのでした

本ブログは卒業ゼミ生さんたちも多く閲覧してくださっているようなのですが

実は、
なんと、来年度、2年生のみの専門ゼミですが、続きます
という連絡を短大からうけましたので、来年度もゼミは続きます(笑顔)
お話をいただき、あらあらと右往左往していたのは私自身なのですが、シラバスを作成に際し
また、多くの地域の方々のご協力をいただきながら行っていくことになりました

感謝ばかりです

そして、今年1年生で共に勉強した学生さん一人、
ゼミが続いたら絶対はいりますと言ってくださった学生さんが、しっかりと2年生のゼミ長さんから、想いや勉強などの事を聞き、来年度ゼミ長さんを行ってくださることとなりました
私より、学生さんたちのほうがしっかりと情報技術や社会貢献について思いを継承してくださっていることは、嬉しいばかりです

新年度2年生さんになる学生さんで、真剣に情報技術を学び、社会や地域や企業に貢献したいと思う学生さん、どうぞ来年度、ゼミ参加してくださいませ

また
新1年生さんで、すぐに情報の専門的な勉強をしたい方は、どうぞ自由参加です いらしてください

また
社会人の方で、情報技術を使用して、デジタルアーカイブや知的財産、パソコン等について学びたい方がいらっしゃいましたら、科目履修という制度もありますので、情報関連の科目と共に履修をしてくださいませ
目からうろこ、の事が大変多くあります

私自身も、今年は、もうひとつ専門知識をみにつけるため、とある事をあらたに勉強をはじめました
が、独学は難しいものですね
勉強することは大変な事ですね でも、面白いものです

そして、もうひとつ、私自身、短大とか会社とは別で、ひとつせっかくなのでやり遂げようと思う事を実践していこうと思います
とある方から大きなヒントをいただきました
高齢者と地域と若者と情報弱者をつなぐためにこのようなデジタルアーカイブもあると教えていただいたことです
それを実現することができるかもしれませんので(もちろんボランティアですが)、行っていければよいなあと思います

私もがんばります
今年卒業されたゼミ生さん、そして、もちろん他のゼミであって、いっしょうけんめい勉強してそれぞれ社会にたつ学生さんたちも、みなさん素敵な方ばかりです
どうぞ
今度は同じ社会人として、ともに切磋琢磨いたしましょう

そして、ゼミ生さん、いつまでも人を慈しみ、他人を尊び、地元を愛し、優しい気持ちを持ち続けて
がんばってください
ご卒業おめでとうございます
また遊びにきてね

b0003483_10404463.jpg

[PR]
by suwanagano | 2016-03-16 10:41 | 辰野&短大 | Trackback | Comments(0)

b0003483_15334122.jpg


朝NHKの鉄道ぶらり旅をみて、土佐のいごっそう、という意味をはじめて知って
お酒がまったくダメな家人に、土佐はお酒の飲み方も独特な風習があるんだよと面白いお話しを教えてもらいながら、私はカツオが大好きで美味しそうだなあと、ぶらり旅を見ていて
そして午後
郵便屋さんが届けてくれました
今年も届きました土佐文旦
先日のいただきものの文旦がおいしくて、やはり今年もほしいねえと
しかしながら、いの町さんの文旦はかなり前の時期からすでに完売マークがでており
どうしましょうかと、でも、この春の風物詩、自分で食しても美味しく、、また身近な人にお分けしてもいつも喜ばれるもので
ネットショッピングなどでも販売はされてはいるものの、地方の名産ならばやはりその地方にすこしでも還元できて自分にも還元できるほうが、なんとなく嬉しい気持ちがあり
ふるさと納税総合サイトを見ていたところ、高知県自体でもまだ文旦は募集しておりましたが
高知県にある越知町、おちちょう、と読むのだそうですが、
まだ文旦が募集をしておりまして
文旦のおいしさにひかれ数日前にふるさと納税をしたところ
本日郵便屋さんが、2箱かかえて届けてくださいました
文旦ぶんたんぶんたん♪ です
たくさんはいっています
大きさはいろいろで、こぶりのものも、大きい文旦もはいっています
いの町さんは、実は和紙を以前調べていて、土佐和紙でも有名で存じあげておりましたが
越知町さんは存じ上げておりませんでした
いの町さんのすぐお隣であったことを、人口が6千人弱であることも本日知り
なんとなく、納税した金額はわずかですが、町のために利用していただくことが身近に思え
町や観光協会のWEBをしばらく見ていました

文旦、文旦、大好きなぶんたん、そして高知もまたひとつ、新しい町を知りました
越知町と書いて、おちちょうさん、ありがとうございました

さて、春の香り、おすそわけに回りましょう
[PR]
by suwanagano | 2016-03-12 15:53 | ありがとう | Trackback | Comments(0)

雪のなか


b0003483_9503443.jpg



まっしろ
一昨日庭でみたスミレの花は雪のなか
だいじょうぶかなと心配になる
人待ち中
[PR]
by suwanagano | 2016-03-11 09:50 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)

雪いちめん春はどこに


夜、雪は降り続き
すっかり景色は冬に逆戻り
本日梅の花を愛でながら、春ですねえと言っていたのに
花たちも虫や小鳥たちも凍えて夜を過ごしているのでしょうか
そして東北震災から5年です

残念なことに日本国内だけでも、数十年に一度は数千人規模の犠牲者がでる災害が起きてしまいます
悲しい経験もまた生きていく者の務めとして、命を守る手段や情報を残し伝えていくことが大切であることを
自分を含め、多くの人が改めて思う日になるでしょう

私自身も、価値観、人としての倫理観、さまざまな情報や人の行動から、人の本質、優しさ冷たさ醜さ純粋さをあらためて知った災害でした

今日は新聞社さんの取材がありました
当時のゼミ生さんたちがデータをアーカイブして公開しているものも印刷してお渡ししました

情報技術は人の英知をもって、命を守るものであることが基本で、その
技術を社会にも貢献しなければならないと考えています
それは情報技術の世界に身を置く人ならば皆一度は真剣に考える当たり前のことでしょう

今回は今年卒業するゼミ生さんと来年度ゼミ長予定さんのご自身のご家族アーカイブについても彼女たちに取材をしていただきました
卒業ゼミ生さんそしてこれからの学生さんたち、そして私達も
しっかり後世に歴史を伝える一人として今をがんばらなければなりませんね

春はまだ遠い雪の夜です
本日もお疲れ様でした
明日も頑張りましょう

彼らのPieCes東日本大震災情報支援プロジェクト.pdfはこちら

そして

陸前高田行きボランティアバス参加報告書はこちら

起きてはほしくない出来事ですが、もし何か、万一の事があったとき
行動の参考にしていただければ幸いです
[PR]
by suwanagano | 2016-03-11 00:55 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)

b0003483_710418.jpg


春、蓼科も雪はすっかり消え、ここ数日のあたたかさに
スミレが一輪だけ花をさかせていました
といっても、今週半ば以降また気温は下がるとの天気予報ですが
それでも凍てつくような冬の寒さはもう訪れることがなく
桜や水仙が待ち遠しい季節となりました

もうひとつ、春の風物詩といえば文旦、ぶんたん
今年もいただきました ありがとうございます
全国各地の食べ物もスーパーなどで購入できる時代とはなりましたが
それでも、地方特色のある旬の果物は安価スーパーなどでは店頭に並ぶ事もすくなく
この文旦は、春だなあと感じながら食べる事のできる大好きな果物で
家人もまた、このさっぱりとしたすっきりとした文旦は好物のひとつです
文旦の記事は、こちらにも掲載してあります
http://suwa.exblog.jp/22162488/
でもこの文旦は、とてもお世話になっているご夫婦にいただきました
高知の文旦、美味しく美味しくいただきます
[PR]
by suwanagano | 2016-03-08 07:21 | ありがとう | Trackback | Comments(0)

3月1日は銀世界の蓼科


b0003483_9471646.jpg


昨日は2月29日のうるう年、一日余計に過ごすことができるわなどと
思っておりましたが、雪がさんさんと降りだし、気温は低くなりだし
夜は隣の森がゴーゴーと風に揺れだして
家でじっと冬眠動物ごとく息をひそめて過ぎてしまった1日でした
そして今日はいよいよ3月
外は銀世界、空は青空、美しい景色です
しかしながら、美しさは危険性を含むもので
北海道では数年に一度の猛吹雪、大変な事態になっていることを
じっと家にいるなかではいってくるニュースで知ると
これ以上の被害がでないようにと思うばかりです

3月、季語には桃の節句とかありますが、今日の景色は、雪の果でしょうか
すてきな3月を過ごしたいものですね
[PR]
by suwanagano | 2016-03-01 09:57 | 今日の蓼科 | Trackback | Comments(0)