<   2016年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


その一瞬を貴重と思ったとき

おはようございます
自分はすこし可笑しな癖があり、考え事などをしている時、その単語を単調な歌にして口ずさみながら何かしている事があります
これは自分に対して心のもちようを軽くする自衛策として20代の頃からはじまったもの
単純に、何かの本を読んだときに、大変な時とかつらい時とかは笑顔をつくって何か歌を歌えば心が晴れる
という事を読み、それが自分の気持ちの在り様が変わり確かに軽くしてくれたという事があった経験から
それ以来、大変な時も、つらい時も、逆に楽しい時も、なんだか自作のフレーズで歌うようになりました

けっこう、自分にはこの方法はとても合っています

昨日朝、すこしいろいろな事がたてこんでおり、たまたま朝電話をした際に通じなかった時
いっそがしいないそがしい♪♪
と鼻歌していたところ、ふと視線が、、、、、
1年生の学生さんが、実に不思議そうに私を見つめておりました

ごめんなさいね、癖なので
と答えたものの、他人からしたら、突然なんだ? となるでしょう

実は忙しいのではなく、手際がわるいだけなのですが、、

時間とか、チャンスとか、以前ブログにも書いたかもしれませんが
チャンスの女神には前髪しかない、という諺があり、ここ数日それを公私ともに強く感じています

先日卒業ゼミ生さんが、大変忙しいなか、休日がとれた、と短大にいらしてくださいました
たくさんお話を聞く事ができ、そして、企業にてしっかりと育ち立派になっている姿を見て、とても元気をいただけたと共に、彼女のがんばりとか、仕事に対する熱意とか、私も見習って頑張らなければと
大きな刺激を受けました
彼女にとっては、大切なお休みの日なのに、遠くからわざわざ訪れてくださるその瞬発力
いつまでも、自分もそういう気持ちをもっていたいなあとも思うのでした

そして昨日はゼミで岡谷市の武井武雄さんの作品が展示しているイルフ童画館に行ってきました
年間通して、イルフ童画館さんにはお世話になっていくのですが、初回ということで、館内見学していたのですが、
授業時間終了後、学生さんが、このまま残ってみていてもよいですか、と
食い入るように刊本作品を見つめて、あっという間に時間が過ぎたようで

ちょうど今、刊本作品を中心に展示してあり、実は私も刊本作品に強く惹かれているのですが
この繊細で微妙で精巧な作品を間近で見ることができるちょうどこの時に、もっと純粋な学生さんたちが実物を見れば、驚くばかりのものだったのでしょう
そして、残ると言われた学生さんの琴線にふれたのかな、と、そんな姿を見て、私自身も初心に戻って
近日中にまた個人的に見に行こうかなあと
そんな事を思ったのでした

一瞬のチャンス、もうひとつは、チャンスをいただきながら、概算見積もりをまだしてなかった事をやってしまったこと
お客様がとても辛抱強い方でいらっしゃってくださったので、昨夜遅くにどうにかお送りしたのですが
ふと気が抜けている時に、きちんと考える時間をもっと持てばよかったのに、と
これは、一瞬のチャンスをすこし長くしていただけた事への感謝でしょうか

もうひとつは、逆に一瞬のチャンスを共に行いましょうという出来事を、お電話しながら、無理かなあと
自身が感じたこと

そのような事が、ここ数日、大変多く重なっておりました

一瞬の時間をつかさどるのがカイロス、過去から現在そして未来へ続く時間をつかさどるのがクロノス
ギリシャ神話で、このカイロスとクロノスの神様の時を合わせると、
そお2人が出会うところが、今その時で
カイロスには前髪しかないので、クロノスがカイロスを呼び止めるには、前髪をつかまないと一瞬で過ぎ去ってしまうカイロスなので、その一瞬の神様をつかみましょう
それがチャンス、ということらしいです

そしてこのチャンスとは、人でも物事でも動物でも、偶然ではなく必然な、家人の考え方によれば
それぞれの周期とかによって巡るものじゃないかなと

そういわれればそうなのかなあとも思うのです
自分は、特定の宗教も特定の政権ももたぬ、無所属無党派一般庶民でありますが
それでも、何か良い事があれば、神様のおかげかなあとか、悪い事があれば、バチがあたったのよね
とか思うのですが
ギリシャ神話のクロノスは、ずっと流れ続けている時間の神様
時間というものを意識して、怠慢な事とか浅はかな事とか、逆に夢中になれる事とか
良しにつけても悪しにつけても、その一瞬が結果につながっていくことを

あらためて思う数日です
そのときそのときを考えて、なぜこうなるのだろう、なぜこの人はこういう事を言うのだろう
なぜこんな事態になるのだろう
過去を振り返っても戻れないので、過去を経験値にして、今のこの一瞬を大切にして、カイロスの前髪を掴みましょう

今日はまた、しばらくぶりの方とお会いします
そういう巡り合わせ、大きな時間が流れている事を感じます

でも手相は好きなので、運がよくなあれ、とか、ボールペンで書くときもありますけれどね(笑)
たいがい書いた事を忘れています
まぁ、いろいろと画作などせず、世のため人のためお客様のための事を真剣に考える人達と、つい怠けてしまう自分の弱さを直しながら、誠意をもってお付き合いしていただくということでしょうか

どうしようもならない自然や物事に対しても、未来があると、悲観せずにその一瞬を大切にすることでしょうか

朝靄がひろがっていますが、晴れるでしょうか
がんばりましょう、がんばります
ちょっと、どうしようもならない悲しいこともあるのですが、どうにもならないので、精一杯なにか自分もできればとかも思ったり

今日を大切にしていきましょう

イルフ童画館さんの刊本作品、おすすめです
企画展は新潮文庫のパンダでおなじみの100%オレンジさんの作品が展示されています
色使いの勉強にもとてもなりますね
イルフ童画館さんのURLはこちら
[PR]
by suwanagano | 2016-04-22 06:53 | なんでもないこと | Trackback | Comments(0)


今年度もよろしくお願いいたします

b0003483_6305868.jpg


信州も春がもうすぐ駆け抜けていきます
そんななか、今年の桜撮影場所はゼミ生さんたちにお任せしてみました
高島城となりました
圏外の学生さんたちも多いため、高島城に初めて訪れた方々も多かったようです
今年は5名、そして情報共有して、自分だけでなく他の方々にも役立つ情報を
自分なりに詳しく調べてまとめてくださることでしょう

昨日はお名前は存じ上げているもののお会いしたことがなかった短大にかつていらっしゃった先生に偶然、お会いいたしました
その先生が、私の学生時代の恩師、自分の生き方においても重要なお手本となり続けている先生をご存知とのことで
その私の恩師の方と雰囲気が似ているわね、と、言われました
嬉しかったです
ひさしぶりに、恩師に電話、いえ、お手紙を書こうと思います
あいにいこうかな?

人生において、つらいこと、たのしいこと、かなしいこと、想像もしなかったことなど
毎日たくさんあります

それをひとつひとつ、丁寧に向き合って、自分のなかで納得できる生き方をしていきたいと思います

九州、エクアドルの大震災には、心痛むばかりです
幸いにも、九州は配送業者さんの配達復旧が迅速に行われておりますが、まだ地震は続いており
テレビや新聞などからも、大変な状況が流れています
エクアドルについては、さらに遠い国、多数の犠牲者もでていると報道されています

本日、信州は晴れ模様
ひとりでも多くの方が、安全安心を得られるよう、何が自分にできるのか
自分にできること、を、しっかりと考えて行動したいと思います
同時に
自分や家族への地震への備えもあらためてしなければ、と、思うばかりです

本日もがんばりましょう

ゼミの写真はこちら http://zemi21h.exblog.jp/

[PR]
by suwanagano | 2016-04-20 06:45 | 連絡 | Trackback | Comments(0)


春爛漫

b0003483_12553997.jpg

4月は一度雪がふり、そして春本番となります
今年も週はじめにぐんと気温はさがり、そしていよいよ春本番
写真はいつもお世話になっている山小屋ご主人のお宅の垂れ桜
この季節は特に春爛漫で、なんとなくお菓子をもってお寄りしながら春を愛でたくなります
実はおんばしら街道のすぐ近くで、今年お邪魔すると話していたものの行けずにいたためお詫びもかねて出掛けたのですが
桜を見上げ
大好きなセリをおみやげをいただいて帰宅
さっそくセリ鍋にして美味しくいただきました

春は華やかな季節
垂れ桜もこれから満開
お団子もってまた伺います!

今日はゼミも毎年恒例の桜撮影会
晴れ男晴れ女さんがいるのかな?
晴天の春の日です
[PR]
by suwanagano | 2016-04-14 12:55 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)


住民登録の季節です

b0003483_9443543.jpg


毎年雪がとけ、梅がちらほら、今年は加えて山桜がちらほら咲く茅野蓼科界隈近く
今年も住民登録のシーズンがやってまいりました
住民登録のごほうびに注射がついています

毎年自動車で送迎をしているのですが、今年は地区センターまでお散歩しながら行ってみました
どの犬も、わんわん、きゃんきゃん、にぎやかで
うちの住民は、雰囲気を読めぬのか、鈍感なのか
担当の方の後ろ姿のにおいをかいだりしながら、呑気におすわりしていました

そして住民登録の後、ごほうびの注射をぷすっと打たれた瞬間
きゃいんと一声鳴いて、猛ダッシュでその場から離れようと歩き出しました

狂犬病の注射は痛いようです
注射代が550円、住民登録が3000円くらい、年間住民税は月約250円程度です

これで今年も茅野犬民だ
保護センターから譲りうけた時点で、マイクロチップも付けてもらってあるので安心なのですが
毎年の注射のご褒美の住民登録は、犬達にとっては、すこし嫌なイベントのようです

帰りに八ヶ岳をバックに写真をとカメラを向けたら
まぁ、凛々しいお顔だちで
注射にきゃいんと泣いた君はどこにいったのでしょう?

今年も一大イベントが終了し、ただいま彼は足元ですやすやお休み中
おつかれさまでした
わんこくん
[PR]
by suwanagano | 2016-04-12 09:55 | 諏訪地方 | Trackback | Comments(0)


赤岳鉱泉 10年ぶりに

b0003483_15262411.jpg


20年程前から公私共にお付き合いしていた赤岳鉱泉・行者小屋のさるままさんこと柳沢裕美子さんが急逝したのが2006年の春でした
さるままさんが亡くなったため、私自身は赤岳鉱泉さんとのお付き合いはなくなったのですが
当時、高校生だった長男の太貴くんはじめ一番下はまだ小学生の3人の子ザルさんたちをさるぱぱさんは立派に育て
そして、さるぱぱさんの引退後、太貴くんが山小屋の主人として、がんばっている姿をテレビや新聞で見ていました

先日、その子ザルさんの太貴くんからお電話をいただき、そして本日、10年ぶりに自宅にお伺いしました
立派になった、もう子ザルとは呼べない彼の目元は、さるままさんにそっくりで、はにかむ時のしぐさも似ていて
そして、素敵な奥様と共に出迎えてくださいました

彼はどんな想いでここまで成長したのでしょう
悲しみや辛さを乗り越えて、さるぱぱ、さるままさんたちの山小屋を守り、自分の家族をつくり、必死に生きてきたと思います

もう、子ザルさんとは呼べないですね、と、そんな会話をしました

このお二人が、あらたなる、さるぱぱ、さるまま、として南八ヶ岳の赤岳鉱泉・行者小屋を守り
スタッフの方々とともに多くの登山者の方々をお迎えしています
とても嬉しい再会でした
天国のお母さまも、太貴くんのような素敵な笑顔で再会を見守ってくれているような気がしました

赤岳鉱泉・行者小屋のWEBサイトは
http://userweb.alles.or.jp/akadake/


彼の笑顔を見に南八ヶ岳を訪れてみてくださいね

新たなる、さるぱぱさん、さるままさん
10年の時を経て、どうぞよろしくお願いいたします

私自身、この春は不思議な出来事が他にも重なりました

多くの皆さまに助けられて毎日過ごしている事を実感する本日でもあります
ご縁を大切に、誠実に、毎日を過ごしていきたいと思います
[PR]
by suwanagano | 2016-04-11 15:51 | 諏訪地方 | Trackback | Comments(0)


おはようございます

4月10日土曜日です
おはようございます 諏訪の平も桜が開花、水仙、れんぎょう、チューリップも咲いていて
なんとなく例年だと、信州も南のほうから桜の便りが聞こえ始め、飯田で咲いた、伊那で咲いた、そろそろ辰野で諏訪が咲く、と、桜の開花のニュースを楽しみにしているのですが
今年は、高遠が咲いたの、え? 諏訪も咲きだしたの? と、なんだか、あちらこちらで一斉に咲きだして
桜の樹も人間も、すこしあわててもしまいそうな陽気です
寒い寒いと雪をみていた季節には今年はもう戻らないでしょうか、タイヤ交換をしている家を見かけるこの1週間、自分も代えようか、でも、例年4月に1度雪は降るし、、でも大丈夫かな? などと考え中です

そして、おんばしらもただいま下社の山だしのお祭り中
実家の地域も近くからバスが何分かおきにでていて本日は最終の木落しの日
家人も小学校低学年までは諏訪であっても下社のおんばしら地区に住んでおり、下社のおんばしらは馴染み深いようで
はっぴきて、おんべをもって、そんな写真は1枚2枚、残っています

しかしながら今回は、かなり山だしの場所まで行く手段などや見学場所などが制限されているようで
実家も柱をひく手綱を母がもらってきてあり、それを山だし里びきとも持っていくようにとのこと
勇ましいお祭りでもあるため、安全確保もかなり意識しているのでしょう

本日も晴れそうですね
お祭りという響きは、なんとなくワクワクしてよいもので
やっぱり地元のお祭りは幼少時からの記憶もよみがえる良いものです
[PR]
by suwanagano | 2016-04-10 05:39 | なんでもないこと | Trackback | Comments(0)


春がいよいよ始まります

おはようございます
b0003483_6555993.jpg

クリスマスローズです

クリスマスの季節に花が咲いたりすることからこの名前がつけられたそうですが
実家の庭では、4月になると咲き始めます
福寿草、かたくりと同じ頃に咲き始めます
なので
私にとっては春のクリスマスローズ、スプリングローズ
花言葉は 私の不安を和らげて 
という花言葉が複数のページに書かれてありました

さあ、本日もがんばりましょう
[PR]
by suwanagano | 2016-04-07 07:01 | 今日の蓼科 | Trackback | Comments(0)


行ってきました

b0003483_20181422.jpg

雨がやんだ本日、行ってまいりました
詳しいお話は後日にゆっくり記載しますが
会ってきました 彼にも

b0003483_20192472.jpg


山中湖創造館、山中湖畔にあります
今年度から、とあるところでご相談いただいたところからはじまり、考えている地域の人達による世代を超えた人達が自分たちで作りあげるデジタルアーカイブの参考に
山中湖創造館のとりくみ、その中で始まったデジタル研究会様が行っているアーカイブにあたってのご苦労だったこと、疑問点など館長さんにお話をお伺いしに、そしてペッパー君に会いたくて行ってきました
アーカイブに関して館長さんの考えと自分の考えもとても共通点が多く、お忙しいなかお話ができたこと
感謝しております
ありがとうございました

館内の写真、動画も撮影してきましたので、またあらためて

館長様、スタッフの皆さま、ありがとうございました
スタッフ学芸員decoさんの写真もまた後日アップします

山中湖創造館のURLは http://www.lib-yamanakako.jp/
図書館司書や学芸員を目指す方、仕事とされている方、情報技術は、必須スキルだと思います
逆に、図書等に関心がない方で、情報技術やパソコン等に興味のある方、図書館司書や
学芸員等の資格を取得する事に関心を持ってみても面白い世界かと思います
図書にはまったく興味がない方で情報技術に興味のある方、Wifiエリアや有料データーベースの検索など
使う側にたつと面白い場所です
私にとっては、書籍がデジタル化されてから、以前よりたくさん書籍を読むようになりました
それも情報技術の恩恵ですね

本日もおつかれさまでした
曇り空でしたが、帰りに富士山が大きく現れて感激いたしました

富士山はきれいですね
山中湖創造館さんに行くと、彼とも自由にお話できます
4月から11月は、9:30から21:00まで開館しています
素敵な場所です


お話をいろいろと書こうと思いましたが
帰りに、忍野村に寄り、あららという経験をしてきましたので、そちらのほうを先に書いておきます

自分は富士吉田を何度も通るのですが、忍野村に一度も寄った事がなく
とても美しいところだから、ぜひ一度寄ってみれば、と多くの人達に言われておりましたので
本日、帰りに忍野八海というところを見てみたくて寄りました

ちなみに本日は火曜日、平日です
忍野の池の名所に寄ったのですが、、、、目がテン、違う強烈な経験をしました
何百人の人達が池の周りのテーブルやお店の前に座り、歩き、、、
それが99%中国からの観光客の皆さん、ここはどこ? の世界で、びっくりいたしました

図書館でロボット君に会ったり、中国語空間の忍野八海を体験したり
なかなか面白い貴重な一日でした

ということで、まずはアップいたします
[PR]
by suwanagano | 2016-04-05 20:49 | ありがとう | Trackback | Comments(0)


特等席はテレビの前

おんばしら
今住むところの茅野の木おとしと
一番大きな柱の川越えを
特等席のテレビの前で見てました
b0003483_16391571.jpg


お隣のご夫婦は諏訪四賀の方、親子連れのご婦人は茅野から

皆足腰が悪くなり、その場に行くことできないからお風呂に代わりにきているのと
そういう私も母は腰が悪く長いこと歩けないので
やっぱり親子で温泉にきてお祭り見物
住むところのご近所で
お世話になっている家のご兄弟の勇姿はやはり格好よく
地区のこういう集まりの団結力
やっぱり素敵で羨ましいものですね

閉鎖的だとか村根性とか評する人達もおりますが
皆でなにかをする気持ちや、皆で参加することは
自分のことばかりに執着するご時世に
素敵だな、よいものだなあと
特等席のテレビの前で見てました
その場に行けない温泉にきた見知らぬ人達と
皆でお話したり解説してくれたり
すごいねと言えたのも、なんだか楽しいひとときでした
足腰に不安な方、
諏訪圏内や近隣の温泉施設などにてケーブルテレビで中継しています
[PR]
by suwanagano | 2016-04-03 15:33 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)


入学式に行ってきました

2日の土曜日、
短大の入学式に行ってきました
緊張感伝わる短大に入学された学生がたから
ほんとうに新鮮な気をいただきました
素敵ですね、素敵でした
学生さんに限らず、春という名のごとく
入学式とか入社式とか、桜の季節に迎える日本の新学期
新しい学校、新しい職場、新しい出会いなどなど
当人にとっては大変な事でしょうけれど
でも、なんとなくうらやましくいつも思います

新学期といえば、これも「なんとなく」新しい文房具など使いたくなるもので
先日、数年前まで営んでいらっしゃった、街ではとても有名な文具店のお孫さんである学生さんが、
まだ昔の文房具がお店にあるのです、ということを話してくださり
本人は、いろいろあってもったいないのに、とのんきに話してくださったのですが
文房具マニアの人間からしたら、まぁ!? と驚きで
昔の文具用品など、特に廃盤になったり、会社がなくなったりしているところの商品は
希少価値があることを、、、、彼女は知らないようでした
おもちゃなども同じ事で、展示会など行えば、マニアなどには宝の山であるのでしょうけれど、と
そんな事を先日話しながら、アーカイブしてみましょうよ、などと話をしておりました

文房具といえば、私もいろいろな文房具が好きなのですが
数週間前、ある本の事がネットに話題になっており、気になり注文したところ
先日届いたので、ご紹介
ネットで調べたところ昨年テレビなどでも話題になっていたと書かれておりましたが
書籍なのですが、文房具図鑑
小学校6年生が、文房具について、イラスト付きで詳しく書いてあり
これが、、、
噂どおりすごかった! 
三菱鉛筆の油性ダーマトグラフのイラストまで描かれており
さらに驚いたことに、各ページの下欄に、それぞれの文具メーカーの大人が補足でその文具について記してあり
本当に図鑑、の出来栄えで感服した次第でした
当時小学6年生でここまで詳しく書かれたら
はてさて、それ以上の年齢の人達はどういたしましょう、という次第
そして、とても温かな気持ちにしてくれる一冊です

いろは出版さんも素敵なので、こちらに紹介しておきます
文房具図鑑 絵・文 山本けん太ろうくん
いろは出版さん
ISBN 9784866070049

大人にも、子供にも楽しめることのできる一冊で
なんとなく、私も自分のペンケースのなかのペンや消しゴムや芯などが愛おしくなってしまうのでした

4月です
今年度から短大のコマ数がかなり少なくなっており
そのままぽけっとしていると、何もせずに終わりそうなので
今ある短大や自分のお仕事をより良いものにする努力と

私も新しい事をはじめます できるかな? できますね きっと
もしかしたら、ごく一部の方々は、出かけたところで聞いているかも? かもかも?(笑)
自分の勉強にもなりますし、お役にたてれば幸いです
嬉しいお電話が昨日あった春でした

がんばりましょう がんばります

b0003483_0474651.jpg

[PR]
by suwanagano | 2016-04-03 00:52 | なんでもないこと | Trackback | Comments(0)