Fuwari_fuwari ふわふわり suwa.exblog.jp

ながのひむかいこんにちは


by SUWANAGANO
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

救援物資が捨てられている事実 #jishin #iwate #miyagi


今日の岩手の県内の新聞より
県が救援物資を処分

消費期限切れの食品、水、毛布など
カビたり、痛んだりしたため、やむをえず処分とのこと

被災地の方々からの声です
食品ならば、期限があるのは当たり前
ならば、被災地でなくとも、児童養護施設とか老人ホームとか、に、配っても、捨てるよりはマシだろう


公平、公正、、、、
わかるが、各NPOで、各活動をしているのもわかるが
暗いニュースを流す事を避け、現地から、元気な明るい話題を提供するのもわかるが

物を粗末にしては、バチがあたります
別に、自分達が抱えきれないのなら、誰にでも、手伝える人に、欲しい人に声をかければいいのに
ある公益法人のBだかGだかは、統制がとれないので、各支部での単独行動には後日クレームがはいる
とあるNPOだかは、違うNPOの行っている募集の内容の物資がたくさん集まったのでもういらないと、物資の募集をうちきっている

阪神大震災の時は
神戸、大阪を中心に、集中していたことと、もともと昔から産業が発展し、人の往来があり、経済的にも早急の復興が必要だった要素もあっての、目覚ましい復興だ

東北は、もともと過疎化、高齢化が進む所、前回の震災とは大きく異なる
でも
前回よりは、NPOの数も、震災に関する知識も、情報技術も発展しているはずなのに
どうしてだろう
自己顕示欲が強くなったり、公正公平ばかり訴え、横の連携がとりにくくなっている
40個のものを、50人で分け合う力も融通力も落ちている

結局、個人として動いている方々のほうが、物事もはっきり言い、動いても居る
もちろん、柔軟に動く自治体もある、NPOもある、統制のTOPから苦言を言われても、支援する団体もある

悲しいニュースが新聞に流れた
先日、NHKでも、ほんのすこしだけ、救援物資が遠野に集まるものの、仕分けする人員がなく、山のように積まれた物資が放映され
放映され、そのまま、スルーして番組は進行した
食の安全?
そのまえに、物を大事にしなさいと、母さん父さんから教えてもらってはいないのか

寒い想いをして、被災地の老人が瓦礫撤去にでかけ
何不自由なく暮らしていた小学生は、我慢しなさい、と、半壊した家の中で育てた野菜で食事をとる
仙台では、復興支援の影響で、高級割烹が空前のにぎわいで
東北に目をむけていた人達は、タイやトルコの支援をしょうと、やっきになる

人間だから、たくさんの事情もたくさんの考え方もある
統制とらねば、組織として動かねば、悪し点も増えるという懸念を持つ事も十分わかる

でも
自分で考え、自分で立って、自分で動く、どんな組織でも県でも国でも個人でも
手を貸して、融通きかせて、動かなければ、なかなか、人は動かぬもので
組織なんて、個が確立されてはじめて成り立つもの

物は大切にしなくちゃ、バチあたります!
[PR]
トラックバックURL : https://suwa.exblog.jp/tb/16494151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by suwanagano | 2011-10-25 11:13 | 質問! | Trackback | Comments(0)