Fuwari_fuwari ふわふわり suwa.exblog.jp

ながのひむかいこんにちは


by SUWANAGANO
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

初冬の日曜日


b0003483_17235012.jpg


静かな日曜日
曇り空ですこし風があるものの、意外にあたたかな気候で
お昼に犬のお散歩で土手を歩いたところ、モンキ蝶が2羽、枯れ葉の中から空にひらひら舞っていきました
スマホからガラホさんに変えた携帯電話で振り向いて森を撮影
どこを押したのか、縁付き白黒写真となりました
すこしピンボケしておりますが、今日のこの静かな天気に似合うので、そのまま写真をつかいます

気がつけば11月も下旬
今年はいろいろと予期せぬ出来事が次々起きた不思議な年でありました
11月ですので、まだもう一つくらい予期せぬ出来事が起きても、もうかなり肝も座っておりますが
(私自身はレバー、肝、フォアグラ、どうも食することができません
独特のあの香りと食感が、体によいといわれても、どうしても食することができません)

と、話を本筋になおして、
予期せぬ出来事、そのひとつに、今年、なんと約10年ぶりに公開講座が開催されたことでしょうか

短大さんから依頼を受けての夜の公開講座、実はこのブログも公開講座の方と短大のゼミ生、ゼミ卒業生向けのブログとして更新をはじめたものでした
ちょうど今年のゼミの科目からなくなった、この今年に、公開講座が開講とは、
本ブログもなんとも不思議な気持ちで書いております

ひさしぶりの公開講座、自分はパソコン講座を担当させていただきましたが
驚いたことに、講座告知のあと、まもなくしてすでに定員いっぱいとなり、今回受講できなかった方も多くいらっしゃったとのこと
実は従妹も受講したかったそうで新聞を見たあと短大のWEBを見たところすでに定員により募集終了となっていることを私に伝えたのでした
そんななか、今回履修された方々は
幅広い年代、幅広いレベルの方々が勉強にいらっしゃいました事、感謝するばかりです
ありがとうございました

今、人生60歳、70歳となっても企業で働いていたり自営されたりする方々も多く
または、子育てを終えた方々にとっても、目まぐるしい情報技術進歩の波に、PC操作に不安をお持ちになったり
または、企業で働く方々にとっても、頭のなかではやりたい事があるものの、それをソフトに落とし込んで使うことがわからなかったり

そろばんから電卓となりパソコンソフトに代わり、当たり前に操作できることが必須となってきた時代
真剣に皆さま受講されていらっしゃいました

逆に私にとっては、この公開講座は昔も今回も、勉強となるすばらしい機会であると意識しています
受講される方々は、たしかにパソコンスキルについては私よりも低いものですが
それぞれお仕事をされてきている方々、人生経験を積まれた方々で
その知識と経験をもってパソコンスキルを習得しようとしている次第です
私よりもお若い方であっても、そのお仕事についての知識は私にはありません
主婦を長くされた方の知恵や知識も、私は足元に及びません
今までのご経験された知恵と知識を生かすことにより、より豊かで厚みのあるパソコン操作が可能となるのですから
実力がつけば私などは手にも届かぬ方々になられる訳です
そして、とても丁寧で礼儀正しい方ばかりで

私も、あらゆる想像を働かせて、すこしでも現場で生かせることができるような事をお話しし、操作をした次第ですが
いかがだったでしょう

また、アシスタントとして手伝ってくれた学生さんたちに対しても、彼らの必死なアシスタントの姿をあたたかく接してくださり、最後に学生さんたちにあたたかな拍手までしていただいたことは
おなかがすくでしょう、と、パンを買ってきてくださった方、
丁寧なアシスタントに感謝したと学生さんたちひとりひとりにお菓子をもってきてくださった方
本当に感謝申し上げます
学生さんたち自身、自分の実力のなさを痛感しながらも必死になってお手伝いをさしあげる事ができたのも
公開講座の皆さまのおかげだと思っております

短大の公開講座は、職業も年齢も不明のまま履修を皆さまいたしております
こちらからも何もお聞きいたしません
学ぶということを30人が時と場所を共有し、真剣に知識として習得することは。とても貴重な事だと常日頃から感じています
私自身、言葉の使い方にとつで、理解できることできないこと、の違いがあることを
常に社会人の皆さんによって勉強させていただきました

なによりも、やはり、すべての方が深い人生経験を持ち、それを生かそうとしているお姿を拝見することは
自分の高慢になりそうな態度や気持ちを改めて初心に戻し、
謙虚であれ、勉強をしろ、
そんな言葉を履修している皆さまより頂いた公開講座でした
ちなみに、受講途中で、職業などをカミングアウトされ、椅子から転がりおちるほどにびっくりする機会が何度もありましたが @@; それが社会人の方々を相手にした公開講座の怖さでもあり、真剣勝負そのものでもあるのでしょう それでもまったく関係なく進めさせてもいただきましたし、これからも肩書職業ぬきにして、またぜひ開講する機会があるならば履修していただきたいと思うばかりです

そんな事が10月、11月とあった年でした

今年は本当に不思議な年です 
それでも、真面目に、もくもくと、やるべきことをやり、生きていくことが大切なのですね

まだ一波乱、今年はあるのでしょうか
もう、、、なんでもいらっしゃい!、ここでもうじたばたしませんわ、という年ですが
それでも、笑って終わる一年になるよう、がんばりたいものですね

おつかれさまでした

公開講座受講された皆さま、本当にありがとうございました
開講した短大さま、ありがとうございました
[PR]
トラックバックURL : https://suwa.exblog.jp/tb/25112287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by suwanagano | 2015-11-22 18:18 | コーヒーブレイク | Trackback | Comments(0)