Fuwari_fuwari ふわふわり suwa.exblog.jp

ながのひむかいこんにちは


by SUWANAGANO
プロフィールを見る
画像一覧

音楽はよいもので


b0003483_18505180.jpg
写真は長野県の下諏訪にあるオルゴール館のオルゴール
古い時代のものを丁寧に保管して実際に音楽を聞かせてくれます
菊池選手が所属している日本電産サンキョーはオルゴールの生産でもとても有名なところ
すこし前に、お友達が諏訪に遊びにきてくれたときにひさしぶりにでかけたときの写真
三協精機が日本電産に合併となり、日本電産さんが下諏訪のオルゴール館を管理してくれることになり
リニューアルもされ、お友達と一緒にいったとき、劇を見ることもできました
オルゴールの音もとても暖かくて素敵です
日本電産サンキョーの社屋もすっかり新しくなりましたが
若い頃私もしばらくお世話になった場所で、当時のスケート選手さんと一緒に印刷物の分類作業のお仕事をしたこともあり
近くの神社の階段のハードな運動練習の事を聞いて驚いた覚えがあります
この菊池選手のお父様にも、偶然の卒業生さんからのご縁でインタビューする機会がありました
さらに、今住むところは茅野市で、小平選手お祝いの横断幕がさまざまなところで飾られています
ほんのすこしだけ関係しているだけなのに
やっぱり、嬉しいものですし、あらためて、選手の方々のメンタル面の強さも感じます

このオルゴール館を一緒に見に行ったお友達も
とても不思議なご縁で知り合った同じ年ながら憧れる知力と技術を持ち、きっと努力もたくさんしている人で
嬉しいことに
自分の周りには自分が憧れる女性が多く存在します
実際にお話できる人、テレビから見ている人、いろいろな場面でいろいろな方がおりますが
なんだか、すてきだなと
すこし、自分は元気パワーが落ちている今日この頃に、なんとなくこのオルゴール館の写真がピクチャのなかにはいっていて
気持ちがリフレッシュできました

いえいえ、本日のyahooニュースで
ASRACが文化庁にだした管理作品の音楽教室でのピアノ演奏などに対しての著作権料徴収が認められる答申がでた
と記事があり
音楽に関するマイフォトはないかしら、と探していて、この写真をピックアップしたのですが
そんなことより
なんともあたたかな、懐かしい事がたくさん思い出されて、とてもほっこりした気持ちになれた次第です

なつかしいなあ
オルゴール館のオルゴールはヨーロッパのちょうど自分の好きな年代の歴史も重なり
自分の若い頃の大変だったけれど楽しく自分の基礎をつくっていただいた職場の事も重なり

下諏訪オルゴール館に、またふらりとでかけようかなあと
そんなことを思う、本日はあたたかな3月5日の夜でした



[PR]
# by suwanagano | 2018-03-05 19:14 | Trackback | Comments(0)

可愛いでしょ


b0003483_20391153.jpg
お散歩
夏になるまで枯れ葉のお隣の森なので
お散歩してます
落ち着ける場所です
わんこは固まっています
困ったねえ


[PR]
# by suwanagano | 2018-03-02 20:40 | Trackback | Comments(0)

もうすぐ春


わんこと近くの森をお散歩、彼は最近カメラを向けると顔をそむけるようになりました
嫌なのかな、カメラ越しで見られるのが
ビスケットを見せるとお座りしかしないし、なかなか気難しい彼であります

3月、震災とかボランティアとか寄付とかの記事をしばらく書いていたので
せっかくなので続けてもうひとつ書いてしまいます

先日は、短大の卒業生さんにお会いしました
ますます綺麗になっていました
とても明るい方で、まっすぐな性格で、私も彼女と一緒に過ごせた事は感謝するばかりです
彼女が、いまは、パートさんがたから教えてもらえることをすべて教わっていますと
とてもしっかりと謙虚な姿勢で仕事をしている事をお話いただきました
こうやって伸びていくのだなあと、彼女を採用した企業さんは、金の卵さんを採用したなあと
そんなことを思いました

短大の事を書いているのですが、震災絡みの事としても
お世話になっている短大さん、好きだなあと、思っています
優しさが育まれるところ、
卒業生さんとお会いするといつも思います

もうすぐ桜開花時期ですが
数年前、東北の震災の事で、ちょうど学長さんとお話をしていたときに
宮城県名取で、花屋さんを営まれている方が震災のためにお花を購入したお金を寄付してくださっているお店のをお話したところ
ちょうど短大のある辰野町も
大雨で死亡事故があったり、土砂災害があったためにダム工事が行われていたことがあり
短大で桜の苗木を、そのお店から購入して辰野の災害のあった場所に植樹しようじゃないか、という提案をしていただいたのでした
学内でも募金は募ったようですが、実際には、学長さんがかなりご自身で苗木代をだされて東北の桜の苗木なども、植樹したのでした
この木が大きくなって、植樹した学生たちが親になってまた見にきてくれればいいね、と言われた事を今でも覚えています

この学長さんは、もっと昔、隣接した岡谷市というところでやはり死者がでてしまった土砂災害の時も
学生さんたちをつれて、現場にはいった方でした

未曾有の災害などが起きた直後、大変だねと思ったときに動くトップの方は、なかなか実はいなく
特に東北の震災の時は
東北県内の小中高校大学でも、1-2年間は、もちろん全校あげて県内地区の学校へ全面的に教師も学生も支援にはいった学校もありましたが
校長先生の判断にゆだねられていたり、各教師に自己責任とゆだねてしまう所も多くありました
逆に、近隣でありながら、被害のショックが大きすぎて先生ご自身がストレスに耐えられずに病気になってしまった先生方も多くいらっしゃいました
それだけ、責任も大きく、大変なお仕事なのだと思いますが
私は、やっぱり、最終的には人に優しい気持ちを持つ事が人間のもっとも大切な事だと思い、短大の学長さんは大人になっても、人の痛みを自分におきかえて考えられる純粋な方だなあ、と思っています
大きな災害のとき、どうしようもない事態の時に、人が悲しい、痛いと思った時に一緒に痛いねと言えるか、そうなんだ気の毒だね、で終わるのか

情報技術がすすみ、ビデオや遠隔授業なども盛んになってきていますが
人間性、でしょうか
痛みがわかり、純粋であること、温かみと愛嬌と優しさとコミュニケーション、
それが一生懸命働いている卒業生さんたちに会うとしっかり彼女たちに受け継がれているのがわかります

春が近づき、桜のことを考え、震災、そして九州の事を考えて
そんなことを思った3月はじめです

このごろ東北からお便りが届き、とても懐かしく思う春

今年は日帰りでも見に行きたい桜の場所がいくつかあり
2018年は
私自身が、特に気持ちが落ち込んでいく事が多く続くので、なんとなく、やわらかな桜色の花たちに慰めてもらいたいなあと、そんな気持ちです

そろそろ春用の車のエンジンもかけてみましょうかねえ
野ネズミくんの住みかになっているかなあ

あぁあ、今日もひとつがっかりすることがあり、大きなためいき
そんなこともありましょうね

がんばりましょう
がんばります

明日はよい事ありますように


[PR]
# by suwanagano | 2018-03-02 20:29 | Trackback | Comments(0)


b0003483_05295428.jpg
b0003483_05302546.jpg
2017年11月12日に長野県茅野市ゆいわーく茅野で開催された野口健さんの講演会およびピークエイド九州テント村再現展示の際に行った
チベットのマナスルの子供たちへのチャリティポストカード販売の寄付金領収が本日届きましたのでご報告させていただきます
当日、野口健さんやヒマラヤ山麓の子供たちの写真、ボランティアスタッフおよび販売に協力してくださった方々のイラストに野口健さんのサインがはいったチャリティポストカード販売を行い、今回は売上金の全額、16800円を寄付いたしました

領収書および、野口健事務所およびピークエイド事務所の新事務所の写真のポストカードが届きました
美しい桜さく小学校を改築した建物の写真です

寄付金額はヒマラヤの子供たちへの学校建設や教育支援のために寄付したものです

ピークエイドさんの九州熊本地震の際に設置されたテントが再現されましたが、この九州地震の際には、
2015年のネパール大地震の際に日本から多くの支援がおこなわれた事に感謝して、ネパールの皆様から九州地震へ寄付金が届けられたことは有名なお話です

思いや縁はつながっているものです
寄付いただいた皆様へのご報告としてアップします
でも、ブログ見れない方で寄付してくださった方もいらっしゃいますので、いろいろなところに掲示していきます

なお
当日販売予定ポストカードがかなりたくさん余りました! とてももったいない事ですので、せっかくなのでとご相談したところ
北八ヶ岳の黒百合ヒュッテさんと唐沢鉱泉さんが引き続きチャリティポストカードを置いていただくこととなりあました
黒百合ヒュッテの米川正利さんが描いてくださったイラストとマナスルの子供たちと野口健さんサイン入りのポストカードは、当日朝から夜までお手伝いしてくださった息子さんの米川岳樹さんの経営する山小屋、黒百合ヒュッテで引き続きチャリティポストカートとして置いていただく事にいたしました

11月12日の当日お手伝いしてくださったボランティアスタッフの女性の方が描いてくださったイラストとマナスルの子供たちと野口健さんのサイン入りのポストカードは、やはり当日朝から夜までお手伝いしていただきました両角岩男さんの経営する秘湯の宿、唐沢鉱泉さんで引き続きチャリティポストカードとして置いていただく事にいたしました

唐沢鉱泉さんの営業が4月下旬からですので、その頃から黒百合ヒュッテさん唐沢鉱泉さんにて置かせていただきます


b0003483_06070447.jpg
b0003483_06080562.jpg
米川岳樹さんと両角岩男さんと茅野市商工会議所青年部有志さんと短大生さんとお手伝いボランティアさんと野口健さん

b0003483_06084169.jpg
b0003483_06103538.jpg
黒百合ヒュッテ唐沢鉱泉さんに置くイラストを描いてくれた女性ボランティアスタッフさんたちとピークエイドの小島さん

北八ヶ岳にお越しの際には、遠いネパールのヒマラヤ山麓で元気に暮らす子供たちの事も同じ山仲間として思っていただければと思います

購入してくださった皆様、ありがとうございました


ピークエイドのWEBは

今回のマナスル基金についての説明は

野口健さんサイトは


[PR]
# by suwanagano | 2018-02-28 06:21 | Trackback | Comments(0)

あっというまに時は過ぎ


2月ももうすぐ終わり
今年の冬は、諏訪地方は積雪は少なくたすかりました
まだ雪は4月まで降りますし、寒い日も続きますが
それでもだいぶ我慢できる過ごしやすい暖かさになってきました

大船渡の彼女からメールいただきました
2011年に保育園年長さんで、2012年に入学した子供さんが
いよいよ今年から中学生になるとのことで
学生服の注文でしょうか? に訪れた写真を送ってくれました
はやい!!! 
大船渡の彼女は、震災直後からずっと現地の様子を伝えつづけてくれ
家もすべて流されてしまったなかで
支援物資の中継点もずっとしてくれていました
彼女の周りのママさんたちも、かなりつらい事に遭遇したりもしましたが
それでも、元気にがんばっておりました

写真掲載OKなので
b0003483_09211291.jpg
大きくなりましたねえ

2012年の3月の時のブログの写真はこちら

b0003483_09223455.jpg
https://suwa.exblog.jp/18135266/

子供たちは皆、助けたもらった多くの人達に感謝を忘れず
災害があると率先して募金など児童会などで立ち上げているそうです
まだまだカウンセラーの方が見守るなか、皆で未来に向かって、他人の辛さをこんなに小さいときから理解して
偉いですね
と、本当に思います

ひとつ前の記事や、ときどき災害について、とか、ボランティアの在り方など書く事も多いのですが
なんだろう
自分がひとつ前に書いた、ボランティア活動って言葉嫌いなんです という意味
なんだろう
つまり、辛いな、痛いな、大変だな、と思った時に、当たり前に東北の時に支援をした人達は世界中にたくさんいた訳です
当時のゼミ生さんも土砂撤去作業に行きましたが、それはボランティアをしに行こう、という気持ちではなかったはずです
当たり前の事をしただけでしょうか
気の毒だと涙した人も同じなのかなあと、思います

ただ
ネットを通して個人対個人のつながりをもっと深めることは災害時に対してはとても大切な事だと私は思っています

せっかくなので
私自身、家人ともいつも話しておりますが、おひとり紹介させていただきます
四日市運輸の社長さん
http://www.yokkaichi-exp.com/

彼と話をしたときに、阪神大震災のとき、なかなかお手伝いできなかったし
東北にも知り合いいて、その阪神の時の後悔もあり、
行き来してたら、なんとなくたくさん自然に(物資が)集まってきちゃって、、、と苦笑されていたことを思い出します

こういう方々がたくさんいましたし、これからもたくさんでてくると思います
そして
あらためて、また岩手、宮城で家を流されたりお父様がなくなったりした被災者でありながら
物資や情報の中継点となってくださった方々に敬意を表したいと思います

大船渡の彼女が、私達の事感謝してけして忘れませんよ、といつもメッセージを送ってきてくれますが
いえいえ
私達こそ、彼女の折れそうな心の時にも、周りへ物を配ったり状態を知らせてきてくれたりした行動や気持ちを尊敬します

ということで
まだまだ東北では仮設住宅にすんでいらっしゃる人も多いなか
それでももうすぐ春
元気に桜をみたいですね

メールありがとう

[PR]
# by suwanagano | 2018-02-26 09:51 | Trackback | Comments(0)

b0003483_16353821.jpg
2月24日の土曜日に、茅野市にあるゆいわーく茅野で福祉ボランティアふれ愛フェスティバルというものがあり
お誘い頂いたので行ってきました
茅野市のボランティア活動をしている人達が集まって、午前中は分科会に分かれての討論会?のようなもの
午後がちょっとした活動発表があり、そのあと、「災害時の市民主体の支援活動」という題名の講演会でした
今回のフェスティバルは、おもいがけず、茅野のボランティア活動をされている方々の心の内を伺う事ができ
とても面白い経験ができました

また、もともと災害については自分が関心高いため、
講師のレスキューストックヤードの代表の栗田さんのお話を拝聴させていただきましたが
なるべく多くの方に興味をひくようにわかりやすく被災地の様子なども説明され、
聴講されている方々が都度うなづいたり言葉にしたりしているのを見て
日頃からの災害時への関心度を高めていくことは、やはり都度開催することが大切なんだなあ、と
あらためて思いました

この講師の方のお話で今回またひとつ考えて参考となったことが、個人と公共との境の難しさ
体育館でプライバシー確保のためのパーテーションが、良くもあり悪くもある事例など
とても参考になったお話をお聞きすることができました

出席された方々は、とてもお若く見えたのですが、60代、70代、80代の方が圧倒的な人数のご様子で
後継者不足や地区で行うサロンへの参加減少など問題視されていらっしゃいました

私から見ると、逆に皆さん60歳過ぎているのにお元気だなあ、私達の想像する60歳以上とはまったく違うイメージで
これからますます長寿、高齢化社会、
いかようにでも方法は見つかり、また、
退職された方々の活用により、支え合う形は、地区ごとに閉鎖的で結びつきの強さがまだ残る茅野市だからこそ、
フレームワークさえしっかりしさえすれば、逆に上手に地区ごとの活動を盛んにすることはまだまだ可能なんだろうなあと、
そんな事を考えながらお聞きしていました

ダイバーシティマネージメントが重要になってきている今日、私にかぎらず、IT関連に従事している人達は
おそらく(希望的な思いもこめ)、自分たちの持つIT技術がいかに人や社会に役立つことができるか
とても面白い世の中になっていくように感じています
70代でスマホなど使える時代ですもの、10年前など考えられない社会との結びつきが容易になった時代です
それをどう現実の社会に落とし込むのか、IT技術だけでなく人との交流をどうしていくか

高齢者が住みやすい街は子供も障害のある人でも住みやすい街ですし、人がいなければ体力がなければそれを補うのがIOTであり

ボランティアという言葉が、もしかしたら日本には馴染めない言葉なのかもしれません
私も、ボランティア活動、という言葉は好きではありませんが、、そういう言葉を使うしかない現状でしょうが
有志連合のことをボランティア連合とは言わないですし、、、
などなど
市民活動の根っこの根っこかなあ、やっぱり
慈善活動?、フィランソロピーのほうがしっくりくるかなあ、とか、そんな事も考えながらお話に参加していました

多くの市町村で、これから急激な人口減少化が進みます
もちろん少子化対策や、子育て支援も必要ですが、多様性ある暮らしができなければ街の過疎は進むのかなあとか
参加したグループで、ちょっと質問してみました
「10年後、皆さんが行っているいきいきサロンはどうなっていると思いますか?」

どうなっているのでしょう、どうしたいのでしょう
市はどうしたいのでしょう、どうなるのかな
若者誘致だけでなく、そろそろ真剣に茅野市も市民も考えなければならない局面にはいっているなあとも思った一日でした

ありがとうございました


[PR]
# by suwanagano | 2018-02-24 17:32 | Trackback | Comments(0)

2月15日、短大にて
NPO法人ピークエイドの小島光輝さんより「情報と社会」のなかで特別講義がありました
この「情報と社会」は、
フジテレビの美術プロデューサーさんや日産自動車のカーナビゲーション開発担当の方や
お昼のテレビで拝見する橋本さんなど、情報の最前線で活躍されている方々に特別に講義をしていただいています
今年は、NPO法人ピークエイドの小島光輝さんが講義をしてくださいました

この講義は、自分がお仕事させていただいている短大の科目のなかでも最も学生さんたちに重要であり
この科目を履修する否かによって、もしかしたら人生観も変わる内容も含まれているものと、都度感じています

小島さんは、野口健さんが代表をされているNPO法人の代表スタッフの方、当日は
ネパールと英語によるチャットもしてくださいました

テーマは「見ることは知ること」
なぜ働き方の見直しや子供たちにプログラミング教育が行われるのか
ITと言われる第三次産業革命は過ぎ、いま、第四次産業革命が起きているなか、「情報」というものの捉え方も
まったく異なってきていることは、
これから社会にでる学生さんたちにとって必須の内容でもありました

小島さんからたくさんの写真を拝見させていただき、ごく普通にネパールのシェルパの方がWifi環境にて話し(もちろん英語で)
ネパールの自宅内を拝見させていただき、エベレストの麓の写真を見ながら通信が届くということを聴き、
そして、同時にまったく通信環境のない所のお話もされた事、
また、野口健さんが登頂される際に着用する防寒着も学生さんたちが直接触れ、
上着のスポンサーバッジの意味なども丁寧に教えてくださり、男子学生さんたちは着ることもできたことは
おそらく学生さんたちにとっては、初めて見る、触れる、聞く事ばかりで、そして、
小島さんの驚くべき行動力、テレビから見る野口さんではない、実直な地道で堅実な行動力に驚かれたのかと思います
服を触ったり着たりした学生さん、おもいがけない良い機会だったと思います

今回の授業をカスタマイズすれば、2020年から改訂され全国の教育現場にも応用できる、とてもすばらしい講義でした
学生さんたちには、この講義の始まる前に、勇気をもらえると思いますよ、とお伝えしましたが
今回のテーマ「見ることは知ること」、
すでに情報とは、information 内なる形、を意味を持たせたこと、をはるかに超えた意味であることを
小島さんの講義によって実際に知る事ができたのかとも思い、彼らに、これから数十年たった時にも
必ずなんらかのインパクトを残したことと思います

また、一般の方もわざわざ聴講いただき、ありがとうございました
私もとても楽しく聴講させていただきました

小島さんや野口さんを知らなかった学生の半数も、これで「見ることは知ること」知りました
地震震災の多い日本、なにかあったときに助けて、と言えるところがピークエイドさんでも行っている情報手段も知りました
なにかやってみようと思うときも、ピークエイドさんに参加できることも、他のまったく違う事に参加してみてもよいことも知りました
なによりも、小島さんのひとつひとつ同じ視線にたち真剣に学生さんたちの質問に答えてくださった
熱い心が伝わったのではないでしょうか
学生さんたちに、また未来を託したいと思います

記念写真は、また他の場所にて公開となると思います
ここでは、小島さんの講義の様子をアップします

学生さんおつかれさまでした
小島さん、ご配慮いただきました野口さん、ありがとうございました



b0003483_15381663.jpg
b0003483_15463743.jpg

b0003483_15384674.jpg
ピークエイドさんのWEBは

記念撮影記事は

野口健さんの更新WEBサイトは


[PR]
# by suwanagano | 2018-02-16 15:48 | Trackback | Comments(0)